競馬

阪神大賞典2021年の1週前追い切り診断:アリストテレス!スタミナ満点馬の仕上がりは?

3月21日(日)に阪神競馬場で行われる阪神大賞典に菊花賞2着のアリストテレスが出てきます。

今回はアリストテレスの1週前追い切りを診断していきます。

コントレイルとの死闘に敗れてからAJCCを勝利し、波に乗っています。

スタミナ満点のステイヤータイプなので阪神大賞典は圧倒的な勝ち方をできる仕上がりかがきになりますね。

良かったら競馬予想の参考にお楽しみ下さい。

 

 

広告

阪神大賞典2021年の1週前追い切り診断:アリストテレス!

 

それでは、アリストテレスを診断します。

栗東CW 良馬場で2頭併せで追い切られました。

鞍上には松若騎手が乗り、最後強めに追われました。

 

調教時計

6F 83.0
3F 39.1
1F 12.3

という時計でした。

 

併せた相手は古馬2勝クラスの馬でしたが、一杯の相手に対して1/2馬身の先着でした。

足さばきは軽快そのものでしたが、少し行きたがる場面が見れました。

走りは重心がしっかりしていて、スピード感もありました。

調教は良く見せない馬ですが、走りたいという気持ちを全面に出していて元気一杯の印象でした。

本追い切りで落ち着いた走りをしていたら大丈夫だと感じました。

少し行きたがっていたので

評価はBです。

 

 

広告

阪神大賞典2021年の1週前追い切り診断:アリストテレス陣営のコメントは?

 

次は前走のAJCCのレース後のルメさんのコメントを紹介します。

「全馬にとって、今日の馬場コンディションは難しく、重い馬場の血統が大事でした。

 速いスピードは出ませんでしたが、手応えは良かったです。だんだんペースアップして4コーナーで勝つ自信はありましたが、直線は長かったです。

 今日はトップコンディションでなくてもGIIを勝てました。良くなればGIを勝てるチャンスはあると思います」

 

 

次はレース後の音無調教師のコメントを紹介します。

「ジョッキーは先週乗った時に太かったと心配していましたし、今日もそんな感じだったと言っていました。自信はありませんでしたが、今日は地力の高さで勝ってくれました。

 目標の春の天皇賞まで日もありますから、次は阪神大賞典か日経賞になると思います」

 

なんと音無調教師は「自信ない!」と言っていたのに勝っちゃいましたね。

私も追い切りの状態から少し割引していましたが、レース後はビックリしちゃいました。

天皇賞春はこの馬で決まりですね。

 

 

広告

阪神大賞典2021年の1週前追い切り診断:アリストテレスのSNSの反応は?

 

にゃんこ
にゃんこ
不良馬場問題なし
鞍上問題なし
長距離問題なし
右回り得意
実績○
隙なし
わんこ
わんこ
ユーキャンスマイルとの一騎打ち。
ワイドで大勝負や
りょうま
りょうま
デアリングタクトも強いけど、その馬より強いと思ってる。菊花賞のあのレースをもう一度。

 

 

広告

阪神大賞典2021年の1週前追い切り診断:アリストテレス!スタミナ満点馬の仕上がりは?【まとめ】

仕上がりは元気一杯でした。

AJCCより良くなっていると思いますので今回も負けないのでは・・・?

と、感じちゃいますね。

怖いのは展開だけですね。

長距離でルメさんだから心配ないかな!!

広告

気になる記事はこちら