ニュース

東京都町田市木曽西のショッピングセンターで事故の場所はどこ?運転していたのは・・・?

東京都町田市木曽西にあるショッピングセンターで歩行者が自動車に跳ねられる事故が発生しました。

今回は事故発生の場所を調べてみました。

運転していた方は高齢者ということだけわかっています。

この痛ましい事故を考えてみたいと思います。

 

広告

東京都町田市木曽西のショッピングセンターで事故の場所はどこ?運転していたのは・・・?

 

まず、気になる場所を特定したので紹介します。

 

ショッピングセンターの名前:ショッピングセンター305

住所は、東京都町田市木曽西2-17-21

 

次は、地図を紹介します。

 

 

近くには青山学院相模原キャンパスがあります。

 

横浜線淵野辺駅と古淵駅の中間ぐらいにあるという感じですね。

 

次は、ストレートビューでの写真を紹介します。

町田市の外れにあって、周りは繁華街ではなく住宅や公園などが目立っているようです。

 

広告

東京都町田市木曽西のショッピングセンターで事故発生!事件の概要は?

 

まずは痛ましい事件の概要をご紹介します。

 16日午後0時5分頃、東京都町田市木曽西のショッピングセンター駐車場で、歩行者の高齢男女2人が、後退してきた乗用車にひかれた。2人は病院に搬送されたが、意識不明の重体。警視庁町田署は、乗用車を運転していた高齢の女を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕し、詳しい状況を調べている。

 現場はJR横浜線古淵駅の北西約1・5キロのショッピングセンター。
(引用:読売新聞

 

先ほどの速報で被害者の一人がお亡くなりになったと言っていました。

とても悲しいニュースになってしまいました。

運転者は高齢の女性ということしかわかりませんが、やはり年齢による身体能力の低下や認知能力への影響も関係ありそうな事故です。

高齢者の立場にならないとわからない問題は多くあると思いますが、高齢者運転の問題はとても重大なものだと痛快しています。

時代が少しづつ変わって、宅配という図式が当たり前になりつつあります。

高齢者が車を運転しなくて良いシステムが早く普及することを祈っています。

 

 

広告

東京都町田市木曽西のショッピングセンターで事故発生!SNSの反応は?

 

みれい
みれい
運転者が衝突前に危険を感じて急ブレーキをかけていた場合、車の下に巻き込むことはほぼありません。そのため、衝突時にブレーキはかけられていなかったと思います。
りょうま
りょうま
車の形状にもよりますが、バックしながら歩行者に衝突した場合、歩行者は直ちに車と同じ速度まで加速され、その後は重力によって地面に落下するため、さらに車が進行を続けていれば車の下に巻き込まれる可能性が高くなります。
商業施設の駐車場では、通路や駐車スペース内でも歩行者が歩いていることが多く、車を走行・駐車する際には、特に安全確認が必要な場所です。
わんこ
わんこ
老人は見えないんだよ。横も後ろもな。首が回らない。
音も聞こえない。若い時のままの記憶しかないから飛び出したり、確認もせず曲がったり、バックしたりする。
自分ひとりで怪我をするなら仕方がないで済むけど、他人を巻き込んじゃだめだ。
にゃんこ
にゃんこ
ショッピングセンターの駐車場は危険。
一般道の比ではない。
高齢者はかなり気を付けないと加害者にも被害者にもなりえる。

 

広告

東京都町田市木曽西のショッピングセンターで事故の場所はどこ?運転していたのは・・・?【まとめ】

今回は、高齢者の自動車運転による死亡事故になってしまいました。

加害者は何が理由であれ、人の命を奪ってしまったことから目を背けてはいけません。

それは私達全員にも言えることだと思います。

安易な気持ちで車を運転している人は多くいると思います。

あおり運転する人も目立ってきています。

もし、事故を起こして他人を悲しい目にあわせてしまったら・・・。

私達は深く考えないといけないです!

広告

気になる記事はこちら