ニュース

山名奏子の評判は?生年月日を公表しない理由は?

山本太郎が代表を務める「れいわ新選組」の推しとして、東京都議会議員選挙杉並選挙区に山名奏子さんが立候補することが明らかになりました。

そしてインタビューでは、自分の生年月日を公表しないと述べ、話題になっています。

今回の記事は、山名奏子さんの評判と生年月日非公開の理由について調べてみました。

 

広告

山名奏子の評判は?

 

まず、山名奏子さんの立候補インタビュー動画を見てみましょう。

山名奏子さんは、「誰もが生きやすい社会を作りたい」という考えを持って立候補をすると言っています。

そして、個人ではNPO法人の代表をしています。その設立目的の一つに「女性が生きやすい社会をつくる」というのがありました。

最近では森会長の発言など「女性差別」が問題になっています。このような日本の社会を変えたい気持ちで一杯なのですね。

それではなぜ「れいわ新選組」に共感したかを紹介します。

 

「れいわ新選組の良さは個人的、社会的な問題と思われてきたことを政治的な問題として、社会構造の変革から解決すべきだという考え方に共感をしました」

 

そして、インタビューの時に報道陣に配布されたプルフィールに、誕生日の記載がなかったことで波紋が広がっています。

どうやら本人の意思で生年月日は公表しないようです。

 

次は、この生年月日を公開しないことにたいしての世間の評判を紹介します。

りょうま
りょうま
生年月日を明らかにすることで、同世代の人から共感を得たりするメリットもあると思いますけどね。
30代40代の候補者ならポスター等に記載して、積極的にアピールする人が多いはず。
プロフィールに具体性の無い人の訴えは、中々響かないのでは。
みれい
みれい
公人となる以上氏名、年齢、性別の記載は有権者が判断する上での重要な判断項目であると思う。何が必要で不要かは、立候補者が決めるのではなく、投票する側が判断するべきこと。
個人的にれいわなんとかという政党は、信用できない
にゃんこ
にゃんこ
判断する側に判断材料を与えませんということだわね。別にそれは自由だと思う。年齢や経歴分らん奴に投票するかどうかは有権者が決めればいい。
ぶっちゃけ誰でもいいよという有権者はポスターとかで決めてるしな。

 

広告

山名奏子の生年月日を公表しない理由は?

 

次は山名奏子さんがなぜ生年月日を公表しないかを探っていきます。

「選挙に出られる25歳以上ではあります。履歴書や経歴書に、性別、年齢だったり、写真を載せることによって、その人自身というよりも、うわべと申しますか、そういうもので(社会に)判断されることに疑問を感じます。経歴には生年月日を書かない選択をしました

 

確かに言う事はわかりますが、果して立候補者の話から本質を見抜いて判断できる人がどれだけいるのでしょうか?

有権者は色々な人がいますからね・・・!

この山名奏子さの発言に対し、山本太郎さんは彼女の意志を尊重すると言っています。

そして、れいわ新選組からは次の候補も発表されますが、また非公開になってしまうのかが楽しみですね。

ただ一般市民からしてみれば、自分をさらけ出さない候補者が多くいる団体さんは信用できない! って思っているはずですよね!

山本太郎さんも頭の痛いところかな!?

 

次は山名奏子さんの簡単なプロフィールを紹介します。女性の皆様には頼りになる候補者かもしれませんね。

 

広告

山名奏子の簡単なプロフィール

 

それでは山名奏子さんの簡単な経歴を紹介します。

 

山名奏子(やまなかなこ)

NPO法人The F-Wordの代表理事。同志社大学大学院にてアメリカ研究の修士を取得。在学中にアメリカの名門女子大であるSmith Collegeに奨学金を得てディプロマを取得。帰国後、アビームコンサルティング株式会社でITコンサルタントとして大企業をクライアントに複数プロジェクトに参加。日本社会におけるジェンダー規範に疑問を感じる。

コンサルタントとして3年半働いた後、アメリカのTemple Universityで博士課程プログラムに入学。5年間Gender Studiesを学ぶ。帰国後アカデミアと実社会をつなぐ活動を立ち上げたいと感じ、英語指導法を学ぶためにRIZAP ENGLISHに入社。2年間でトレーナー、チーフ、マネージャー、コース開発部を経て英語学習のノウハウを習得。生きづらさを感じる女性を支援するためのNPO法人The F-Wordを設立。

 

広告

山名奏子の評判は?生年月日を公表しない理由は?【まとめ】

女性の生活しやすい社会を作ることは間違ってないです。ぜひ実現して頂きたいですね。

昔からの悪い風潮を崩す時期が来たようですね。

広告