競馬

大阪杯2021年コントレイル分析!阪神内回りコースが心配だが・・・

春のG1シーズンで注目の大阪杯! 今回の記事は大阪杯に出走してくるコントレイルを分析しました。

阪神内回りの2000mでは何かが起こるか? コントレイルの内回りの適正などしっかりと分析していきます。

良かったら競馬予想の参考にして下さい。

 

広告

大阪杯2021年コントレイルの単勝予想オッズ

 

まず、ネット競馬さんの単勝予想オッズを見てみます。

圧倒的な①人気にはコントレイルが押されていますね。

 

広告

大阪杯2021年コントレイル分析!

 

それでは、コントレイルを分析します。

4歳牡馬で父がディープインパクト、母父がアンブライドルズソング(ファピアノ系)

今回斤量が57キロで、鞍上が福永祐ちゃんです。

生産者はノースヒルズで有名な馬は、ワンアンドオンリーやキズナがいます。

戦歴は「7-1-0-0」

阪神芝は「1-0-0-0」で、
1800mの新馬戦を勝利しています。

芝2000mは「2-0-0-0」で
ホープフルSと皐月賞を勝利しています。

重賞成績は「6-1-0-0」

 

G1成績

ホープフルS  1着
皐月賞   1着
ダービー  1着
菊花賞   1着
ジャパンC 2着

 

新馬戦を勝利したあと、東スポ杯では2着に5馬身差の圧勝でした。しかも、レコード勝ちというおまけつきでした。

このことから時計の早い固い馬場は大得意ということがわかります。

 

先週の毎日杯はシャフリアールが平均ペースで勝利していますが、なんとレコード勝ちでした。

2勝クラスのマイル戦でも1:32秒台が出ていました。

今の阪神は高速馬場だということは明白です。

よってコントレイルにとっては得意の高速馬場なので実力が爆発すること間違いなしです。

そして、誰もが知っていると思いますが、ディープインパクト以来の無敗の3冠馬です。

菊花賞を勝った後はJCでアーモンドアイに負けましたが、あれは菊花賞の疲れと位置取りの差が多少なりともあったと感じました。

リフレッシュした今は化け物復活の状態だと思います。

心配なのは阪神2000m内回りコースなのですが、ここで参考レースとして中山2000mの皐月賞を振り返ってみます。

スタートは①ゲートから普通に出て中断に控えていきました。

レースはやや重のなか平均ペースで展開され、道中は18頭立ての12番手を追走していました。

道中はインコースを走っていて、けっこう他馬にガードされていて抜け出せない状態の時がありました。

残り800mぐらいに外に出すスペースができると、一気に大外に持ち出しました。

そして最終コーナーを大外ぶん回しで、しかも馬なりで周り直線に入りました。

直線ではサリオスと叩き合いになりましたが、最後は半馬身の差をつけて勝利しました。

 

この勝ち方を見る限りどの位置でも勝ってしまう化け物だとわかります。

普通はあの位置取りで大外ぶん回ししたら勝てないはずです。しかもG1でのものです。

あの時にちょっとレベルが抜けているなと感じたものです。

気になる阪神内回りなのですが、

 

皐月賞のレース振りを見るかぎり心配はいらないと感じました。

 

しかも4歳で成長期に入っています。そして、2週・1週前追い切りは見ましたがメチャクチャ凄かったです。

またレベルをあげている印象でした。

よって、何も心配のいらないコントレイルは、大阪杯でも最有力候補にあげられます。

 

広告

大阪杯2021年コントレイルのSNSの反応は?

 

なみちゃん
なみちゃん
無敗の3冠馬が、これ以上負ける姿は見たくない。
ルフィー
ルフィー
コントレイル→サリオス→グラン、レイパパ。
3連単この2点で大丈夫だな
ゾロ
ゾロ
調教からしてこの馬で間違いないと思うけどなあ

 

広告

大阪杯2021年コントレイル分析!阪神内回りコースが心配だが・・・【まとめ】

コメントを見ていても圧倒的にコントレイルを推している人がたくさんいました。

不安材料がないので確勝と言えば確勝ですが・・・。

しかし、阪神2000mの内回りは何があるかわかりませんね。

包まれて終わり! なんてオチは無しにしてくださいね!

大阪杯2021年コントレイルの1週前追い切り診断!化け物誕生するのか?4月4日(日)に行われる大阪杯に出走予定のコントレイルの1週前追い切りを診断しました。 今回はグランアレグリアとの対決が注目されて...
広告

気になる記事はこちら