競馬

大阪杯【2021年】グランアレグリア分析!距離は大丈夫なのか大調査!

マイルとスプリントの王者グランアレグリアが大阪杯に出走してきます。

今回の記事はグランアレグリアが2000mでも大丈夫なのか? などを大調査していきます。

良かったら競馬予想の参考にしてください。

 

広告

大阪杯【2021年】グランアレグリアの単勝予想オッズ

 

まず、ネット競馬さんの単勝予想オッズを確認してみます。

グランアレグリアはコントレイルに離されての2番人気ですね。

やはり距離不安が心配のタネだと皆様は思っているのでしょうね!?

広告

大阪杯【2021年】グランアレグリア分析!

 

それでは、グランアレフリアを分析していきます。

5歳牝馬で父がディープインパクト、母父はタピット(エーピーインディ系)

今回斤量が55キロで鞍上がルメさん予定です。

生産者はノーザンファームです。

戦歴は「7-1-1-1」

阪神芝は「3-0-1-0」で
桜花賞、阪神カップ、マイルCSを勝利しています。

芝2000mは今回が初めてです。

重賞成績は「6-1-1-1」

 

G1成績

朝日杯     3着
桜花賞     1着
NHKマイル 5着(降着)
高松宮記念  2着
安田記念   1着
スプリンタS 1着
マイルCS  1着

 

桜花賞でレコード勝ちするというスピードの持ち主です。

 

もちろん1200m・1600mのG1覇者なのでスピードは十分あるのはあきらかですね。

後は2000mという初距離が心配ですが、大人になってきて気性がおとなしくなったというコメントも耳に入ってきています。

そして血統的に考えると、全弟のブルトガングは1戦1勝で登録抹消していますが、新馬戦では東京1800mを上り33.9秒の脚を使い4馬身さの圧勝でした。

単純に考えると全弟が1800mで走っているので大丈夫なはずです! 

と信じ込みます!

そしてグランアレグリアは、折り合いがついて足をためた時の末脚は化け物なので心配無用のような気がします。

馬の格が違い過ぎだと思います。

ここでマイルCSで出した、化け物末脚を振り返ってみます。

スタートは④ゲートから普通に出て、先行策を取りました。

レースは良馬場のなかスローペースで展開され、道中は17頭立ての5番手を追走していました。

道中はスローペースでしたが折り合いがバッチリついていました。

最終コーナー手前から他馬に外からかぶされて身動きが取れない状態でした。

最終コーナーも包まれて直線に入りました。直線でも前が壁になり追えない状態が続いていました。

残り250mでようやく外に出して追い始めるとあっという間に突き抜けて2着のインディチャンプに3/4馬身差をつけて勝利しました。

スローペースで最後まで折り合いバッチリの走りを見ると、400m伸びても問題ないかなとは思います。

しかも今回は逃げたい馬もいないので瞬発力勝負になりそうです。

一瞬の切れ味はおそらくナンバー1だと思うので乗り方しだいで勝ってもおかしくないと思います。

なんせルメさんが騎乗するので心強いですね。

鞍上のかけ引きと、化け物対決が楽しみですね。

 

広告

大阪杯【2021年】グランアレグリアのSNSの反応は?

 

みれい
みれい
強い馬は少しの距離延長もこなして勝ちそう。モーリスが代表例
りょうま
りょうま
瞬発力の差でこちらを◎
なみちゃん
なみちゃん
ペース次第では福永Jは怖いと思うよ。安田、天秋、JC、マイルCSで苦杯を嘗めさせられて、アーモンドアイとアレグリアの力をよくわかってるはずだからね。どう乗るか楽しみだね。頼むよルメールさん。

 

広告

大阪杯【2021年】グランアレグリア分析!距離は大丈夫なのか大調査!【まとめ】

距離不安がありますが気性が成長したのと、規格外の末脚があるので勝ち負けできるはずです。

スローの瞬発力勝負になったら鬼脚炸裂ですね!

あたたたたた・・・!(ケンシロウ)

大阪杯2021年グランアレグリアの1週前追い切り診断!折り合いはどうか?今回の記事は、大阪杯2021年に出走予定のグランアレグリアの1週前追い切りを診断していきます。 マイルCSからの仕上がりが気になる...
広告

気になる記事はこちら