競馬

【大阪杯2021年】サリオス分析!今度はコントレイルに勝てるのか?

コントレイルに負けっぱなしのサリオス!

今回は成長してるはずのサリオスを徹底分析していきます。

マイルCSでは古馬の壁に跳ね返されましたが、成長した今ならコントレイルにも引けを取らないかも!?

良かったら競馬予想の参考にして下さいね!

広告

【大阪杯2021年】サリオスの単勝予想オッズ

 

まずネット競馬さんを参考に予想オッズ見てみます。

サリオスは少し離された③人気に推されています。

しかし、こういう時こそ狙い目ですね! 歴史は繰り返しますよ。

 

広告

【大阪杯2021年】サリオス分析!

 

それでは、サリオスを分析します。

4歳牡馬で父がハーツクライ、母父がロミタス(ニジンスキー系)

今回斤量が55キロで、鞍上が松山J予定です。

生産者はノーザンファームです。

戦歴は「4-2-0-1」

阪神芝は「1-0-0-1」で、
朝日杯を勝利しています。

芝2000mは「0-1-0-0」で、
皐月賞でコントレイルの2着があります。

重賞成績は「3-2-0-1」で

サウジRC
朝日杯
毎日王冠

を勝利しています。

 

G1成績

皐月賞   2着
ダービー   2着
マイルCS 5着

という成績です。

 

サウジアラビアRCと朝日杯をレコード勝ちしています。

 

マイル戦でレコード勝ちがあってマイラーのイメージがありますが、体型から見て2000mでも十分やっていけると感じます。

しかも、フォトパドックを見たら、秋よりも中距離対応型の馬体に仕上げられていました。

 

昨年秋は毎日王冠を完勝しましたが、マイルCSでは5着と敗北しちゃいました。

その敗因を探るためにマイルCSを振り返ってみます。

スタートは大外17番ゲートから普通に出て、後方待機策を取りました。

レースは良馬場のなかスローペースで展開され、17頭立ての13番手を追走していました。

大外ということもあり前につけられずに後方待機策をとる戦法でした。

残り800mで1回気合いをつけられてポジションを上げようとしていました。

残り600mで前が止まらないと読んで仕掛けられました。

最終コーナーでは大外をぶん回して直線に入りました。

しかし前が止まらない馬場だったので5着が精一杯でした。

 

直線ではヴァンドギャルトやサウンドキアラなどの実績馬をあっという間に抜き去って行き、上り最速の33.1秒という鬼脚を使いました。

まだ3歳の秋に古馬相手に上がり最速の5着の脚を見ると、負けても評価できると思います。

2000mという距離も血統的にハーツとニジンスキー系の血が入っています。そして母のサロミナ産駒には有馬記念2着のサラキアがいます。

サラキアの父はディープなので違いますが、ハーツを父にもつサリオスだったら2000mも強いはずです。

 

あとは休み明けが心配ですが、私が前回作成した1週前追い切り診断の動画で、おすすめの1頭に上げました。

物凄く成長している走りをしていたので、先行策から粘り、2強の一角を崩す可能性はあると思います。

 

広告

【大阪杯2021年】サリオスのSNSの反応は?

 

にゃんこ
にゃんこ
つかふつうにグランアレグリアは距離持たないと思うよ。だから相手はコントレイルだけだよ。
わんこ
わんこ
コントレイルと最強のライバルであり続けて欲しい
ライバルってのは時に超える必要もあるよ
ハーツクライ産駒の覚醒に期待してます
はむきち
はむきち
とりあえず朝日杯とかぐらい前張りして欲しいな
前に行かないと話にならなそうな展開になる

 

広告

【大阪杯2021年】サリオス分析!今度はコントレイルに勝てるのか?【まとめ】

コントレイルとは勝負付けが済んだように思われますが、まだ4歳馬なので成長力しだいでわかりません。

4歳は急成長するので逆転もあり得るのでは? と思っています。

ハーツ×ニジンスキーの血が騒ぐぜ~~!

大阪杯【2021年】グランアレグリア分析!距離は大丈夫なのか大調査!マイルとスプリントの王者グランアレグリアが大阪杯に出走してきます。 今回の記事はグランアレグリアが2000mでも大丈夫なのか? な...
大阪杯2021年コントレイル分析!阪神内回りコースが心配だが・・・春のG1シーズンで注目の大阪杯! 今回の記事は大阪杯に出走してくるコントレイルを分析しました。 阪神内回りの2000mでは何かが起...
広告

気になる記事はこちら