競馬

【桜花賞2021年】ソダシの1週前・2週前追い切り診断!休み明けの心配は?

4月4日(日)に阪神競馬場で行われる桜花賞にソダシが出走してきます。

今回はソダシの2週前追い切りをじっくりと診断していきたいと思います。

休み明けが心配ですが、どんな仕上がりかが楽しみです!

良かったら競馬予想の参考にしてくださいね!

 

広告

【桜花賞2021年】ソダシの1週前追い切り診断!

それでは、ソダシの1週前診断をします。

栗東坂路 良馬場で単走で追い切られました。

鞍上には吉田隼人Jが乗り、最後一杯に追われました。

調教時計は

調教時計

800m 52.4
400m 24.5
200m 11.8

という時計でした。

 

前にいた2頭の馬を追走する形で坂路を駆け上がりました。

最初は2頭のおケツの後ろにいて、軽く追走する走りでした。

そこから少し気合をつけると、すぐに反応して加速しました。そして追われるとさらにギアチェンジしました。

脚の回転が速くなり後ろ足のケリが力強い動きに変かいしました。

フットワークも素軽く弾んでいる走りで元気一杯でした。

最後は2頭をあっさりと抜きましたが、圧巻のスピードで最後まで伸びていました。

正直何も言うことなしの完璧な追い切りでした。

 

評価はAです。

 

広告

【桜花賞2021年】ソダシの2週前追い切り診断!

 

それでは、ソダシの2週前追い切りを診断していきます。

栗東坂路 良馬場で2頭併せで追い切られました。

鞍上には吉田隼人騎手が乗り、最後は強めに追われました。

調教時計

800m 53.2
400m 24.3
200m 12.0

という時計でした。

 

併せた相手は古馬3勝クラスの馬でしたが、2馬身の先着でした。

フットワークが軽い走りで足さばきもキビキビしていました。

脚の回転が速く、そのスピードを維持する走りで力づやさ満点でした。

ただ最後の200mが12秒という早い時計だったので少し軸がブレたところがありました。

まだまだ2週前にもかかわらず、迫力があったので凄く状態は良いことがわかりました。

 

評価はBです。

 

広告

【桜花賞2021年】ソダシ陣営のコメントは?

 

次は前走の阪神JFを勝利した時の吉田隼人騎手のコメントを紹介します。

「ホッとしました。結果を出せて良かったです。1番人気のGIでしたし、自分のせいで負けてはいけないプレッシャーもありました。感謝です。

 返し馬からゲートに寄り付かないところがあって、嫌だという素振りをしていました。僕もおどおどしてしまいました。何とかゲートに入って良かったです。このくらいの位置から壁を作りたいと思っていて、イメージ通りのレースでした。

 馬場が緩いせいか思ったほど弾けませんでした。内外の有力馬も見えていてしのいでくれと思いました。馬に助けられました。

 来年のクラシックもありますし、鍛えないといけないので信頼関係を築かないといけませんね。

 ソダシのおかげです。馬や先生、牧場の方に感謝したいです。これから先のある馬です。応援よろしくお願いします」

 

なんとレース前は走りたくない素振りを見せていたようですね。それでいて勝ってしまうのだから能力は相当あると思います。

 

広告

【桜花賞2021年】ソダシのSNSの反応は?

 

にゃんこ
にゃんこ
シラユキヒメ一族の血を受け継ぎ、ついにはG1を勝利した白毛馬
そんな美しさと強さを兼ね備えた馬が桜花賞に走る。それだけで興奮しますね
ああ、このご時世じゃなきゃ、新幹線に飛び乗って現地で見たいくらいです
わんこ
わんこ
勝手なイメージだけど、意外と叩き良化するような馬かも?
はむきち
はむきち
2年も連続で無敗の女王が出ますかねぇ

 

広告

【桜花賞2021年】ソダシの2週前追い切り診断!休み明けの心配は?【まとめ】

白毛のG1馬は今後でないのではないか? と思わせるほどの「奇跡のG1馬ソダシ」!

仕上がりも上々で休み明けの心配はなさそうでした。

ソダシの調教師の須貝師はゴールドシップを育てな名調教師です。

同じ白系の馬なので神様が見守ってくれていますね!

桜花賞2021年無料予想!追い切り・過去データなどを分析!【まとめ】 目次 ★お好きな項目をクリックして見て下さい! 桜花賞2021年の追い切り診断 ソダシの1週前・2週前...
広告

気になる記事はこちら