競馬

桜花賞2021年メイケイエールの1週前・2週前追い切り診断!折り合いは大丈夫なの?

チューリップ賞の覇者メイケイエールが桜花賞に出走してきます。

今回の記事は、メイケイエールの2週前追い切りを診断していきます。

かかり癖のある馬なので、調教でどこまで成長しているかを診断したいと思います。

良かったら競馬予想の参考にして下さい。

 

広告

桜花賞2021年メイケイエールの1週前追い切り診断!

 

それでは、メイケイエールの1週前追い切りを診断します。

栗東CW 良馬場で単走で追い切られました。

鞍上には武調教師さんが乗り、馬なりの調教でした。

調教時計は

調教時計

4F 49.2
3F 36.3
1F 12.5

という時計でした。

 

メイケイエールはいつも調教師さんが自ら調教していますが、まだ少し行きたがる場面がありました。

ちなみに3週前追い切りは軽めの調教だったので掛かりまくってました。

動きの方は軽快そのもので、キビキビした脚の運びで後ろ足のケリが強かったです。

前脚を大きく前へ突き出し、後ろ足で強くけって前へ飛ぶように走っていました。

走りの軸もぶれずに真っすぐ走っていて余力十分でした。

状態に関してはかなり良いと思いますが、気性がもう少し大人になれば良いと感じました。

よって評価はBです。

 

広告

桜花賞2021年メイケイエールの2週前追い切り診断!

 

それではメイケイエールの2週前追い切りを診断していきます。

栗東CW 良馬場で単走で追い切られました。

鞍上には武調教師が乗り、馬なりの調教でした。

 

調教時計

4F 50.6
3F 36.8
1F 12.6

という時計でした。

 

まず第一印象は元気一杯でした。

そして気になる折り合いなのですが、全体時計が50.6秒という早めの時計なので折り合いはついていました。

しかし、最後の1Fが12.6というおさえ気味の時計でしたが、前より折り合いの面で成長している感じでした。

 

走りはキビキビしていて身体が軽いのがわかります。

前脚を大きく使い中を浮いているような走りで、スピード感たっぷりでした。

身体はできていると感じますので、1週前と本追い切りでの折り合いをしっかりと診断したいと思います。

評価はAです。

 

広告

桜花賞2021年メイケイエール陣営のコメントは?

 

★次は前走チューリップ賞を勝利した後の武騎手のコメントを紹介します。

「勝つには勝ちましたが、良い勝ち方ではありませんでした。次へ向けて課題が多くなったと思います。全く抑えが効かなかったですし、我慢できていれば次へとは思いますが、かっこ悪い勝ち方になってしまいました。もっとスッキリ勝ちたかったです。実力のある馬ですが、難しいところがあります。課題を修正していければ良いですね」

 

 

★次は武英智調教師のコメントを紹介します。

「よく勝ったな、という感じです。思いのほかスタートで出て、収まるところがなかったです。前に馬がいるとムキになるようです。本番は頭数も多くなり、もっとペースは速くなると思いますが、スタートで出るようなら正攻法の競馬でも良いのかもと思います。力は相当ある馬です。本番までになんとかしたいと思います」

 

なかなか課題の多い馬で陣営は大変そうですね。但し、桜花賞では逃げるようなコメントをしているので、もし逃げたらとんでもな勝ち方しちゃうかもしれませんね。

楽しみです!

 

広告

桜花賞2021年メイケイエールのSNSの反応は?

 

みれい
みれい
今年はノリで大損しているが、ここも迷いなく買いの一手。
りょうま
りょうま
前ポツンか後ろポツンか
楽しみすぎる!
予想は大逃げ前ポツン
あわよくば逃げ切ってしまう展開を期待
サイレンススズカ並みの爽快な逃げを見せて欲しい
ゾロ
ゾロ
メイケイエール
頑張って、ノリ騎手にクラシック全制覇プレゼントしてあげてね。

 

広告

桜花賞2021年メイケイエールの2週前追い切り診断!折り合いは大丈夫なの?
【まとめ】

今回はしっかりと調教で折り合いがついていました。

そしてレースは武さんから典さんに乗り代わりの予定です。典さんの神騎乗が炸裂したら勝っちゃうかもしれませんね。

前走はかかりながらの勝利なので、ひょっとしたら能力は化け物なのかもしれませんね。

気性も化け物ですけどね・・・!

桜花賞2021年無料予想!追い切り・過去データなどを分析!【まとめ】 目次 ★お好きな項目をクリックして見て下さい! 桜花賞2021年の追い切り診断 ソダシの1週前・2週前...
広告

気になる記事はこちら