競馬

大阪杯2021年グランアレグリアの本追い切り診断!【競馬予想】

誰もが認めるスプリント&マイルの王者グランアレグリア!

今回の記事はグランアレグリアの本追い切りを診断していきます。

中距離使用の仕上げになっているかを徹底調査していきます。

良かったら競馬予想の参考にして下さい。

 

広告

大阪杯2021年グランアレグリアの本追い切り診断!【競馬予想】

 

それでは、グランアレグリアを診断します。

美浦W 良馬場で3頭併せで追い切られました。

鞍上にはルメさんが乗り、馬なりの調教でした。

 

調教時計

6F 81.1
3F 39.1
1F 12.8

という時計でした。

 

併せた相手は古馬3勝クラスの馬でしたが、最後は併入でした。

折り合いは全く心配ない走りで、精神的に落ち着いている走りでした。

コーナーを回り手前を変えると、足さばきにも余裕がありマイペースで走っていました。

馬なりの走りでしたが前脚の送りが大きく、スムーズで力強かったです。

隣の馬の脚の回転の方が早いのに、同じスピードで併走していました。

このことから脚のかき込みとケリが強いので軽い走りでも前へ進む力が凄いことがわかります。

 

最後まで相手に併せる走りで余力十分でした。ちょっと格が違う走りでしたね。

これならハッキリ言って2000mは問題ないと思います。

評価はAです。

 

広告

大阪杯2021年グランアレグリア陣営のコメントは?

 

★次は、追い切り後の藤沢調教しのコメントを紹介します。

(去年はGIを3連勝して、最優秀短距離馬にも選ばれましたが、改めて1年間を振り返ってください)
「回数はそんなに使わせてもらってないのですが、去年は割と順調に使わせてもらって、強い競馬で結果も良かったので、喜んでます」

(それから4ヶ月半の中間の様子を教えてください)
「前走後は牧場へ帰して疲れをとって、このレースへ向けてひと月前に帰厩しました。その後は厩舎で順調に調整できています。今回は2000m戦ですが、5ハロンからの追い切りだけで特別に調整を変えることはしていません」

(2週前追い切り、1週前追い切りでは前に馬を行かせて我慢させる調教をしたそうですが、詳しく教えてください)
「以前は1頭でどんどん走ってしまうところがありましたが、今は(馬の)後ろにいても、追いこされても、割と穏やかに走れるようになってきたので、そのような調教をしています」

(2、3歳時と比べて精神面はどのように変わりましたか?)
「以前は一生懸命なところがあって大変だったのですが、昨年辺りからはコントロールできるようになってきて、乗り役からも喜ばれています」

(今朝の追い切りでは3頭の1番内で併せる形でしたが、振り返ってください)
「そんなに速い時計ではなく、折り合いを気にしていましたが、見た感じも穏やかに走っていましたし、指示を出してからの反応も良かったと思います。ルメール騎手とは、順調でいつも通りだという話をしました。久々ですが、レースへ向けても十分だと思います」

(2000mという距離はどうでしょうか?)
「1200mからずっと頑張ってきた馬で、もう一回変わった距離を使わされることに本人(グランアレグリア)はまだ気づいてないのですが、頑張ってくれると思います」

(阪神の内回りコースはいかがでしょう?)
「いずれにしろ初めてのことですが、コントロールが効くようになったので、期待してます」

(藤沢調教師にとっては、これからのGIは全て最後のレースになりますが、今年1年どんな年にしたいですか?)
「早いものでもう残り1年になりましたが、もう少し頑張らせてもらいます」

(最後にファンの方へメッセージをお願いします)
「1200mの頃から応援してもらって、なんとかここまで来ましたが、もう一度チャレンジしますので、応援してください」

 

 

★次は、ルメール騎手のコメントを紹介します。

(ルメール騎手とのコンビで、スプリンターズS、マイルCSとGIレースを連勝しましたが、去年の秋を振り返って下さい)
「去年の秋は、すごく高いポテンシャルを見せてくれました。ベストスプリンター(ダノンスマッシュ)を負かし、ベストマイラー(インディチャンプ)を負かし、素晴らしいパフォーマンスをしてくれました」

(ルメール騎手から見て、この馬の強さはどの辺りでしょう?)
「彼女の瞬発力はすごく良いです。直線では加速してくれますし、トップスピードは素晴らしいです。デビュー時から能力は見せてくれていました。3歳からGIを勝つことができ、それからもいつも良い競馬をしてくれましたし、トップレベルで良い結果を出してくれました」

(2、3歳時と比べてパワーアップしたところは、どの辺りでしょう?)
「もちろん身体が大きくなりましたし、段々パワーアップしてくれました。何よりずっとこのレベルで競馬をするには力が必要ですが、藤沢調教師がすごく良い仕事をしてくれたので、5歳の今年も良い結果を出すことができると思います」

(今朝の追い切りは3頭の1番内に入るという内容でしたが、手応えを教えてください)
「無理しないで追い切りをするつもりでした。今回も一生懸命走ってくれましたが、3コーナーから4コーナーでは我慢することもできました。グランアレグリアは、レースを重ねる度に乗りやすくなりましたね。今の彼女は自分の仕事をよく分かっていて、良い追い切りができました」

(今回は2000mのレースとなりますが、距離についてはどうでしょうか?)
「大きな挑戦ですね。2000mは初めてですが、グランアレグリアは落ち着きが出てきて、道中で我慢することもできますし、内回りコースでスピードが必要になるので、グランアレグリアには合うと思います」

(よりグランアレグリアが能力を発揮するためには、レースではどんなところに気をつけて乗りたいですか?)
「休み明けですから、スタートからリラックスさせたいです。冷静に走れば2000mは持ちますし、速い脚も使えるので、リラックスさせることが最も大事だと思います」

(最後にファンの方へ向けてメッセージをお願いします)
「今週の大阪杯は素晴らしいメンバーが揃い、スーパーな競馬になりました。改めてグランアレグリアを応援してください。ラジオ、テレビの前で競馬を楽しんでください」

 

 

広告

大阪杯2021年グランアレグリアのSNSの反応は?

 

なみちゃん
なみちゃん
もうこのレベルまできたら重馬場適性だけで決まる
どっちが適正あるかわからないが、接戦とかはなくて着差が広がるはず
ゾロ
ゾロ
こんなに反応鈍いグランは見たこと無いな
やっちまったかこれ
ルフィー
ルフィー
1200mの2000mの両G1を勝った馬って、少なくともここ30年は居ないですよね?
ましてや相手は無敗の三冠馬。
今でも怪物だけど、ここ勝ったらもはやレジェンドだなぁ。

 

広告

大阪杯2021年グランアレグリアの2週前追い切り診断!【競馬予想】【まとめ】

コメントでは反応が鈍いと語る方がいましたが、私の見解は・・・。

2000m使用にするために微妙に抑えつつ併せにいった感じでした。

本追い切りを見る限り気性的な距離不安は皆無と言って良いと感じます。

身体的には化け物なので大丈夫でしょう!

大阪杯2021年競馬無料予想予想!追い切りや過去データなど徹底分析【まとめ】 目次 ★お好きな項目をクリックして見て下さい! 大阪杯2021年!各馬の本追い切り診断の目次 コントレイル...
広告

気になる記事はこちら