ニュース

チャーリー浜の死因の誤嚥性肺炎とは何?(ごえんせいはいえん)実は怖いので注意が必要

吉本新喜劇のチャーリー浜さんが4月18日に別世界へと旅立っとこが判明しました。

今回の記事はチャーリー浜さんを死に追いやった「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」は何かを説明していきます!

 

広告

チャーリー浜が誤嚥性肺炎で他界の概要

 

吉本新喜劇座員・チャーリー浜(本名:西岡正雄)さんが4月18日に、呼吸不全、誤嚥性肺炎のため、大阪市内の病院で逝去した。78歳。葬儀はすでに近親者のみで執り行われた。
(引用:ORICON NEWS)

 

チャーリー浜さんは

チャーリー浜
チャーリー浜
「~じゃ、あ~りませんか!」

というギャグで人気でしたね。

鼻の下に伸ばしたヒゲちゃんも印象てきでした。

知らない人はコチラの動画を見て下い!
ちょっと画質が荒いですがご了承ください!

 

そんなチャーリー浜さんが別世界に旅立ってしまいました。

死因は「呼吸不全、誤嚥性肺炎」でした。

それでは、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)というのは何か気になりませんか?

次に誤嚥性肺炎について説明していきます。

 

広告

チャーリー浜の死因の誤嚥性肺炎とは何?実は怖いので注意が必要

 

それでは、誤嚥性肺炎を説明します。これはお医者様が説明されているのでわかりいやすいです。

唾液や食べ物を飲み込むときに、誤って気管に入ってしまうことを誤嚥(ごえん)という。通常は気管に食べ物などが入ってしまった場合、むせることで気管から異物を排出する反射機能が働く。誤嚥性肺炎とは、この機能が鈍ることで排出できなかった異物が肺に入ったままになってしまい、肺の中で炎症が起こることをいう。加齢によって噛む力が弱くなったり、舌を動かす筋肉が衰えたりすることで、食べ物を飲み込む嚥下機能が低下する高齢者に多く起こり、70歳以上の肺炎の約80%が誤嚥性肺炎。胃に直接チューブを入れて栄養を送り込む経管栄養を行っている人でも起こる。

 

なんと70歳以上の高齢者が起こす肺炎の80%がこの「誤嚥性肺炎」なのです。

私は、このことについて全く知りませんでした。よく正月にノドにモチを詰まらせて・・・。というニュースは聞きますが・・・。

高齢者は肉体的に老化しているので、喉の機能も低下していることに注意しないといけないですね。私にも高齢の家族がいるので勉強になりました。

チャーリー浜さんには昔テレビで楽しませてもらいました。強烈なキャラでしたね。

ご冥福をお祈りいたします。

 

広告

チャーリー浜が別世界に旅立つ!SNSの反応は?

 

にゃんこ
にゃんこ
お元気な頃、よく笑わせてもらいましたが、残念です。ご冥福をお祈りいたします。
はむきち
はむきち
これは驚き。
いくら時代が経って新陳代謝が進んでも、「新喜劇といえばこの人」という代表格のお一人でした。
ご冥福をお祈りします。
わんこ
わんこ
自分の知る人が1人、また1人と旅立っていくのは寂しいです。ご冥福をお祈りします。

 

広告

吉本新喜劇のチャーリー浜さんが4月18日に別世界へと旅立っとこが判明しました。【まとめ】

また芸能界のスターとのお別れが来てしまいました。

時代の流れなのでしょうがないですが淋しいですね。

ご冥福をお祈りいたします。

広告

気になる記事はこちら