競馬

競馬予想ブログ!みんなの楽しい競馬【ジャパンカップ2020年】有力馬分析!デアリングタクト・ウェイトゥパリス!

競馬予想ブログ!みんなの楽しい競馬を見ていただきありがとうございます。

今回はジャパンカップ2020年有力馬の分析をしていきます。

良かったらお楽しみ下さい!

 

広告

競馬予想ブログ!ジャパンカップ2020年の単勝予想オッズ

 

まずネット競馬さんの単勝予想オッズを見てみます。

今回は3人気の馬「デアリングタクト」、情報の少ない外国馬「ウェイトゥパリス」を分析していきます。

広告

競馬予想ブログ!【ジャパンカップ2020年】デアリングタクト分析!

 

新馬戦を勝ってから、リステッド競争のエルフィンSを勝ち、桜花賞・オークス・秋華賞と勝利して無敗の3冠牝馬になりました。

今までのレースでは、秋華賞以外ではメンバー中上り最速の末脚を見せていました。

秋華賞は3着に入ったソフトフルールに上がりの時計でコンマ1秒負けましたが、2番目に早い脚をくり出しています。

今回のジャパンカップと同じ東京芝2400mであるオークスでは、物凄い末脚で勝っています。

ここでそのオークスのレースを振り返ってみましょう。

レースは良馬場の中、平均ペースでスマイルカナが逃げる展開でした。

道中は18頭立ての12番手を追走していました。

最終コーナーでは13番手と、かなり後方にいました。

直線に入ると、前が壁になり進路を探す状態でかなりのロスがありました。

しかし、進路を見つけると物凄い脚で突き抜けてきました。

そして上りがなんと33秒1という鬼脚でした。

ちなみに上りが2番目に早かったのは、33秒4のマジックキャッスルでした。

もし前が壁にならなかったら32秒台の脚を使っていたと推測できます。

この切れる脚は、東京2400mではかなりの武器になるはずです。

オークスの勝ち時計は、「2:24.4」でしたが、次週に行われたダービーを勝ったコントレイルの勝ち時計は、「2:24.1」で上りが34.0秒でした。

ペースの差はあるにしろコンマ3秒差です。

もし前が壁にならなかったと考えると、デアリングタクトの実力も凄いことがわかります。

ちなみにダービー2着のサリオスの時計は、「2:24.6」で上りが34.1秒でした。

そして、オークスで2着になったウインマリリンを比較対象として考えてみます。

ウインマリリンは秋華賞では凡走しましたが、エリザベス杯ではラッキーライラックに約2馬身差の4着に入っています。

そうです、ラッキーライラックやラヴズオンリーユーという古馬G1馬と差のない競馬をしていたのです。

それを考えるとオークスで不利がありながら、最後ウインマリリンを差し切ったデアリングタクトは、完成されたラッキーライラック級と考えることができます。

今は成長期の3歳ということもあり、十分古馬のG1級ともやれる実力があるとわかります。

ジャパンカップは3歳牝馬が好走する傾向があります。

理由は斤量が53キロとかなり有利だからです。

今回は3番人気想定なので松山Jも気楽に乗れるはずです。

2頭を前に見ながら競馬ができるのも有利になると思います。

1週前追い切りもかなり良い動きだったのでレースが楽しみです!

 

広告

競馬予想ブログ!【ジャパンカップ2020年】ウェイトゥパリス分析!

 


鞍上がデムさん予定ですが、フランスでウェイトゥパリスには、デムさんの弟が10回騎乗していました。

よって、馬についての情報はゲット済みだと思われます。

2000mから短い距離は、5年前の未勝利戦1700mを走り4着でした。

逆に長い距離だと、2500mと2800mで勝ち鞍があります。

今年に入りG1ガネー賞芝2100mで2着に入り、続くサンクルー大賞で初G1勝利を飾りました。

7歳になって成績が良くなってきた晩成型です。

そして、前走の凱旋門賞では9着に入りました。

そうです、ディアドラも走っていた凱旋門賞です。

ここでその凱旋門賞を振り返ってみましょう。

ウェイトゥパリスは11頭立ての9番人気でした。

レースは不良馬場の中で行われ、道中は11頭立てで最内の9番手ぐらいを追走していました。

残り500mぐらいから追い出しましたが、ジリジリとしか伸びない状態で、前にいた馬達に離されてしまいました。

最後はディアドラと追い比べをしていましたが、競り負けていました。

ディアドラを比較対象にして考えると、疲れ切っているディアドラと接戦だったので今回は少し割引が必要だと感じました。

大雨で馬場があれたら面白そうですが、日本の高速馬場も味方にはならないと思います。

 

広告

競馬予想ブログ!マイルCジャパンカップ2020年のSNSの反応は?

 

にゃんこ
にゃんこ
◎ワールドプレミア
◯カレンブーケドール
▲アーモンドアイ
ディープ4歳に賭ける
ワープレすんごい強くなってて欲しい
名前負けしないでね
わんこ
わんこ
勝ちに行く競馬をする3強のうち1頭沈んで、岩田あたりが3着に追い込むってのを予想してる。
今回のレースでは、3強が全部勝ちに行って3頭で決まったら仕方ないと思うしかないよね。
(競馬ファン的には望むことではあるが)
3頭とも懸念材料は何個かある。
女性
女性
◎デアリングタクト
○カレンブーケ、アーモンドアイ。
▲グローリー、キセキ。
△コントレイル、マカヒキ、ユーキャン。
男性
男性
皆さんお疲れ様です。火曜日の段階での予想です。本命はデアリングタクトから、対抗は、敬意を表して、アーモンドアイかなぁ。
単穴に、グローリーとカレンを推したいと思います。コントレイルは、今回は、頭は無いと思います。馬券はタクトの単勝の予定でしたが、考えていたより、低くそうなので、1着固定の馬単か、三連単の予定です。

 

にゃんこ
にゃんこ
同世代のなかで強い3歳牝馬が出てきたら、この年末の馬場で斤量53キロは絶対的に有利。
ここ数年で馬券に絡まなかったのは、たしかミッキークイーン、ハープスター、ソウルスターリングのはず。
ミッキークイーンが0.3秒差の8着、凱旋門帰りのハープスターで5着、不良馬場の天皇賞からのソウルスターリングで7着。
デアリングタクトから馬連2点で、磐石な気がします。

 

広告

競馬予想ブログ!【ジャパンカップ2020年】有力馬分析!【まとめ】

今回53キロで人気が落ちているデアリングタクトは面白そうな存在ですね。

松山Jも思い切って乗れるので怖い存在だと思います。

 

広告

気になる記事はこちら