競馬

競馬予想ブログ!有馬記念2020年の追い切り診断:ワールドプレミア【みんなの楽しい競馬】

競馬予想ブログ!みんなの楽しい競馬!を見ていただきありがとうございます。

今回は有馬記念2020年に出走する、ワールドプレミアの追い切り診断をしていきます。

良かったらお楽しみ下さい!

 

広告

競馬予想ブログ!有馬記念2020年の追い切り診断:ワールドプレミア

 

栗東CWコースの良馬場で単走で追い切れれました。

調教時計

6F 83.9
3F 40.6
1F 12.6

 

という時計でした。

鞍上には武さんが乗り、最後は強めに追われました。

最初は軽めの調教で最後しかける感じでした。

全体的に足さばきキビキビしていい状態でした。

最後追われるとスピードアップして加速しました。

しかし、先週の方が素軽いフットワークをしていたように感じました。

ひょっとして疲れが出てきているのかな思ってしまいました。

評価はBです。

 

広告

競馬予想ブログ!有馬記念2020年:ワールドプレミア陣営のコメントは?

 

次は、追い切り後の武豊騎手のコメントを紹介します。

「今日はCウッドコースで単走の追い切りでした。そんなにハードに追い切る必要がないと聞いていたので、感触を確かめる感じでした。前半から良い感じで入れましたし、最後まで気分良く走っていたと思います。ジャパンカップの時は坂路で追い切って、1週前はかなり重いかなと思い、その週はなんとか態勢が整ったかなという感じだったんですけど、今回は1度使っているので、状態面では余裕を持ってレースに挑めるのかなと思います。(今日は)良い感じでした。

(前走は)11か月ぶりでしたし、レースにもギリギリ間に合ったかなという感じだったんですけど、レース自体は頑張って走ってくれたかなと思います。メンバーは強かったですけど、実力のある馬だなと思いました。今後が楽しみだな、とレース直後に思いました。イレ込みは相変わらずでしたね。それは休養前と変わってなくて、でもデビューの時からずっとレースの前はイレ込んでいますし、長距離戦でも(レースには)問題なく、レースに行くとむしろ冷静に走ってくれます。パドックで跨ってからゲートインまでずっとイライラした感じで、早く走りたい感じでテンションが高いんですけど、何か大きいことをするわけではないですし、寒い時期なのでまだマシですね。

昨年(の有馬記念)は菊花賞を勝ってからの参戦で、まだ3歳でしたが良い走りをしてくれましたね。メンバーに入ると厳しいだろうな、と思っていましたが、一生懸命走ってくれて、もう少しで2着でしたからね。今後が楽しみになるレースが出来ました。スタートがあまり速い馬ではないですからね。ほとんどのレースで少し遅れ気味のスタートが多いですし、昨年の有馬記念の場合は馬場状態のことがあったり、展開のことがあったりで、ああいう(後方の)ポジションになりました。

(レースの)大きなポイントはないかもしれませんが、16頭で小回りの中山を1周半ですよね。スムーズに行く馬、行かない馬が出てくると思うので、そのあたり(がポイント)ではないですかね。菊花賞を勝っているように、こういう距離は合っていると思いますし、舞台としては良いのではないですかね。

今年は競馬界だけでなく大変な年になりましたけど、競馬の世界では強い馬が強いレースをして、スターホースもたくさん誕生して、ずっと良いレースが出来てきた1年だと思いますし、その中で最後の有馬記念を自分が締めくくれたらと、良い思い出にしたいなと思います」

 

 

次に、追い切り後の友道康夫調教師のコメントを紹介します。

「(今日は)間隔も詰まってますので、前走からの変化をジョッキーに確かめてもらうよう乗ってもらいました。ジョッキーとも喋りましたが、馬も落ち着きがあってリラックスして、1度使った上積みはありますね、ということでした。

(前走は)1年前の有馬記念以来、11か月ぶりの競馬で、馬はようやく間に合ったかなという感じで出走できたんですが、当日は久々ということもありいつも通りのイレ込みもあって、久々とあの状態で最後はよく頑張ったな、と思います。前走を見ると休み明けで、すごく強いメンバーで良い競馬が出来たと思いますので、あの馬なりにはよく走ったな、と思います。

一言でいえば脚元に問題はあったんですが、休ませるほどの大きなダメージはなかったので、無理をすれば春の天皇賞とか使えていたのですが、これだけの馬なので大事に、今年の前半は休ませて後半から行きましょう、ということで、運動は牧場でやってもらっていました。身体に関して言えば、1年経ってすごく逞しくなった感じを受けました。精神的な面は前走の東京競馬場のパドックや装鞍所を見てると、1年前から変わっていないなという感じでした。今日のジョッキーの感触でもそういう感じを受けたようなんですが、1度リセットして落ち着きを取り戻せていると思います。

元々跳びが大きな馬なので、得手不得手で言えばあまり得意なコースじゃないと思うのですが、馬の能力とジョッキーでカバーできると思っています。コーナーが6つありますので、跳びが大きな馬でコーナリングや立ち回り方(が大事)だと思います。

前走を1度使って馬も良くなっていると思います。今年最後の一戦になりますので、応援よろしくお願いします」

 

 

広告

競馬予想ブログ!ワールドプレミアのSNSの反応は?

 

にゃんこ
にゃんこ
内にバビ、外にキセキの逃げを見ながら武騎手が、冷静かつ、素晴らしい騎乗をするのが目に浮かぶ
わんこ
わんこ
紅蓮華、炎、赤帽子
ワールドプレミア、キセキにちょっと期待します
男性
男性
昨年の有馬記念は最後方からの競馬であったが、今回の相手なら正攻法のレースをして
くると見ています。
休養期間が長かった分、伸びしろはライバルよりも大きいと見て良いでしょう。

 

広告

競馬予想ブログ!有馬記念2020年の追い切り診断:ワールドプレミア【まとめ】

今回は11か月の休み明けを叩いての2戦目ですが、かなり上積みがありそうですね。

先週の調教は賛否両論ありましたが、私には良く見えました。

先週が良かったので、今週は少し割り引いた評価になりました。

スタミナのいるコースなので菊花賞を勝っているワールドプレミアの一発は怖いと思います。

 

競馬予想ブログ!有馬記念2020年の追い切り診断:クロノジェネシス【みんなの楽しい競馬】競馬予想ブログ!みんなの楽しい競馬!を見ていただきありがとうございます。 今回は有馬記念2020年に出走する、クロノジェネシスの追...
競馬予想ブログ!有馬記念2020年の追い切り診断:フィエールマン【みんなの楽しい競馬】競馬予想ブログ!みんなの楽しい競馬!を見ていただきありがとうございます。 今回は有馬記念2020年に出走する、フィエールマンの追い...
競馬予想ブログ!有馬記念2020年の追い切り診断:ラッキーライラック【みんなの楽しい競馬】競馬予想ブログ!みんなの楽しい競馬!を見ていただきありがとうございます。 今回は有馬記念2020年に出走する、ラッキーライラックの...
広告

気になる記事はこちら