競馬

中山金杯2021年に出走するヴァンケドミンゴを分析!

競馬予想ブログ!みんなの楽しい競馬!を見ていただきありがとうございます。

今回は1月5日(火)に行われる中山金杯2021年の有力馬の分析をしていきます。

良かったらお楽しみ下さい!

 

広告

中山金杯2021年の単勝予想オッズ

 

まず、ネット競馬さんの単勝予想オッズを見てみます。

今回は④人気の馬「ヴァンケドミンゴ」を分析していきます。

 

広告

中山金杯2021年に出走するヴァンケドミンゴを分析!

 

 

明け5歳の牡馬で、父がルーラーシップ、母父がアグネスタキオン

今回斤量が56キロで、鞍上が藤岡康太J予定です。

生産者は斉藤安行さんで昔の馬ですがオークス馬ウメノファイバーと同じです。

ちなみにヴァンケドミンゴの母母がウメノファイバーです。

戦歴は「4-2-3-10」

中山芝は「0-1-1-5」

芝2000mは「2-1-2-5」

重賞成績は「0-1-1-3」

です。

なんと3歳時に1年で9戦も走って、かなりハードに鍛えられてきました。

そのおかげで3勝クラスを勝ってからは
G3七夕賞3着、リステッド競争3着、G3福島記念2着と安定しています。

福島競馬が大得意で「4-1-1-0」という成績です。

 

ここで前走2着した福島記念を振り返ってみます。

スタートは普通に切り中団を楽に取れました。

レースは良馬場の中平均ペースで展開され、道中は⑦番手を追走していました。

福島コースは直線が短い小回りコースなので最終コーナー手前から仕掛けられ、大外を上がっていきました。

直線では後方から伸びていき、最後はバイオスパークと叩き合いになりました。

しかし最後はクビ差で負けて2着でした。

 

2着に負けはしましたが、内の経済コースを通ってきたバイオスパークに対して、大外ぶん回しのヴァンケドミンゴだっのでコースの差が出ただけと思います。

上りが35.2秒と2頭とも同じ時計だったので、明らかに外外を走ったヴァンケドミンゴが強かった内容でした。

今回は小回りの中山コースなので、成長したヴァンケドミンゴなら中山でも好走できると思います。

あの小回りのコーナーリングができるのは武器になるはずです。

 

広告

中山金杯2021年に出走するヴァンケドミンゴのSNSの反応は?

にゃんこ
にゃんこ
人気ない時の康太は怖い。小回りコース得意なイメージがあるし一発あるかもな。
わんこ
わんこ
中山芝2000のルーラー×タキオンは黄金配合で地味に康太も相性が良いコース
これは楽しみ!
女性
女性
この馬いつも大外ぶん回して届かないけどもう少しタイトに回ってこれないかね

 

広告

中山金杯2021年に出走するヴァンケドミンゴを分析!【まとめ】

福島競馬場でしか好走できないヴァンケドミンゴ!

しかし力を付けてきた今なら、中山でも好走する可能性はありえますね。

ずばぬけた馬がいないのでチャンスはあると思います。

 

 

広告

気になる記事はこちら