競馬

競馬予想ブログ!中山金杯2021年の過去データ分析パート②「枠番」「負担重量」「ステップレース」

競馬予想ブログ!みんなの楽しい競馬!を見ていただきありがとうございます。

今回は①月5日(火)に開催される、今年の競馬の一発目の重賞レース!「中山金杯2021年」の過去10年間のデータ分析をしていきます。

今回は前回に引き続きパート②として、「枠番別データ」「負担重量」「前走使ったステップレースデータ」を分析していきます。

良かったらお楽しみ下さい!

 

広告

競馬予想ブログ!枠番別データ分析

 

まず枠番データを分析します。

⑦⑧枠がかなり悪いデータになっていて、その他はだいたい同じ数字になっています。

まだ枠番発表はされたませんので、発表を楽しみに待ちましょう。

 

広告

競馬予想ブログ!負担重量データ分析

 

次に、負担重量データを分析していきます。

勝利した馬は55キロ以上の馬で、53・54キロの馬達には厳しいデータです。

一番良いデータは、出走数が少ないですが、58キロになっています。

58キロは今まで4頭が出走して2勝2着1回というすごい成績です。

ちなみに58キロで勝った2頭は、昨年のトリオンフと一昨年のウインブライトです。

58キロで2着した馬は2015年のロゴタイプです。

ウインブライトとロゴタイプはG1馬で、トリオンフはG2・2勝、2着2回という凄い実績の持ち主でした。

今回58キロを背負う馬はカデナ1頭ですが、重賞3勝しています。

データ的には好走しておかしくないです。

 

その次に、出走数と勝率だけを考えると、57キロの馬が良いデータになっています。
過去57キロで好走した馬達の人気を調べてみたら

②④⑤人気 

でした。

57キロでそこそこの人気馬が良い傾向です。

今回57キロの斤量の馬は、バイオスパークの1頭でした

予想オッズで⑤人気なので狙い目かもしれません。

 

広告

競馬予想ブログ!ステップレースデータ分析

 

最後に、前走使ったレースデータを分析します。

表の色がついているレースを使った馬達が好走する傾向があります。

チャレンジカップとディセンバーS組が5頭と良いデータです。

そして、この2レースでの着順が3着以内だった馬達が10頭中7頭もしました。

 

前走チャレンジカップ組

6着 ナイママ
9着 ロードクエスト

 

前走ディセンバーS組

 5着 ウインイクシード
 6着 マイネルファンロ
 8着 コスモカレンドゥラ
12着 マウントゴールド

 

でした。

なんと3着以内の馬がいませんでした。

 

他のレースを見ると、次いで福島記念組が3回絡んでいます。

前走が福島記念組で3着以内の馬に縛って探してみると

1着 バイオスーパーク
2着 ヴァンケドミンゴ
3着 テリトーリアル

の3頭が浮上してきました。

ちなみにディセンバーSで5着だったウインイクシードは、福島記念にも出走していて5着でした。

このことから、今年は福島記念組が良いかもしれません。

 

広告

競馬予想ブログ!有馬記念2020年SNSの反応は?

 

にゃんこ
にゃんこ
ここはカデナでしょ!弥生賞と一緒の舞台あの時のように見せてくれよ。ずっと応援してるんやから
わんこ
わんこ
頼む!マイネルファンロン出てきてくれ!
男性
男性
◎ヒシイグアス
○ウインイクシード
▲リュヌルージュ
△テリトーリアル 

 

広告

競馬予想ブログ!中山金杯2021年の過去データ分析パート②【まとめ】

今回のデータとパート①で紹介したデータから、1頭オススメの馬をあげると

それは

 

「バイオスパーク」です。

人気データで紹介しましたが、穴狙いでバイオスパーク軸の⑥~⑪人気が相手だと面白いかもしれません。

 

中山金杯2021年の過去データ分析パート①「人気別データ」「脚質別データ」「年齢別データ」競馬予想ブログ!みんなの楽しい競馬!を見ていただきありがとうございます。 今回は中山金杯2021年の過去10年間のデータ分析をして...

 

広告

気になる記事はこちら