競馬

シンザン記念2021年競馬予想!本命予想は少し人気薄から狙ってみました!

今回は1月10日(日)に行われるシンザン記念2021年競馬の本命予想をしました。

今週は月曜日が祝日ということで3日連続の競馬です。

シンザン記念は春の3歳G1の重要なステップレースになるのでじっくりと分析しました。

良かったらお楽しみ下さい!

 

広告

シンザン記念2021年競馬予想!本命予想

まず最初に本命を発表します。

本命は、

 

「ロードマックス」です。

週初めはククナが本命候補でしたが、嫌な予感がしたので変更しました。

まずネット競馬さんの単勝予想オッズを見ると、

ククナは1倍台のオッズでした。

前走は強い走りをしていましたが、スタート後の行き脚に問題がありそうなので今回は思い切って様子見にします。

 

それではロードマックスを本命にした理由を説明していきます。

戦歴は4戦走って、「1-1-0-2」と1勝しかしていません。

新馬戦を勝利したあとは、新潟2歳Sで7着と凡走していました。

あのレースは③番手からの競馬で最後は完全にバテてフラフラしていました。

続くG2・京王杯2歳Sでは脚質転換をして後方からの競馬で脚をためていました。

その結果が上がり最速でモントライゼの2着に入りました。

早い時計の出る馬場で後方から来た馬の中では勢いがピカいちでした。

あと10mぐらいあったら勝っていた勢いでした。

そして続く前走のG1朝日杯では6着と凡走しました。

ここでその朝日杯のレースを振り返ってみます。

スタートは⑮番ゲートから普通に出ましたが少し行きたがる面がみえました。

レースは良馬場のなかモントライゼがハイぺースで逃げていました。

道中は16頭立ての9番手の外目の中団を追走していました。

道中はG1の早いペースにも難なくついて行ってました。

最終コーナーでは3着のレッドベルオーブの直後にいました。

直線に入ると映像ではわかりにくいですが、レッドベルオーブの外に行こうとしたり内に行こうとしたりしていました。

そしてレッドベルオーブも少し外側に進もうとする場面もあり少し邪魔になっていた感じもしました。

岩田ジュニアのムチの使い方も若さを見せていた気がしました。

そして馬も最後少しバテていました。

しかし上りが2番目に早い34秒1の脚で6着まで追い上げでました。

レッドベルオーブの上りが3番目に早い34秒2だったのでコンマ1秒ロードマックスが早かったです。

直線で少しチグハグな走りだったにもかかわらず早い上りを出したのは評価できます。

そしてこの日のコースは内側が伸びていた傾向があったので外目を回ってきたロードマックスの末脚は凄かったことがわかります。

最後はバテていましたが、今回のシンザン記念の追い切りを見る限り前回より体調は良く見えました。

そして今回は前回よりかなりレベルが低くなります。

もし直線でスムーズに真っすぐ走ったらククナとの末脚対決にも勝てる気がします。

今回は6人気想定という人気薄なので狙ってみたいと思いました。

岩田ジュニアの初重賞勝利も期待したいです。

先週は岩田の父ちゃんがケイデンスコールで勝ちましたからね!

2週連続の岩田祭りに期待です!

 

 

広告

シンザン記念2021年の他の人の予想は?

 

気になる他の予想家さんのYouTubeを紹介します。

星野瑠利

 

カリスマ予想

 

競馬ブックsmartbooktube

 

広告

シンザン記念2021年のSNSの反応は?

 

にゃんこ
にゃんこ
実際には2倍台でしょうけど、ククナ
大外枠ですし、そんな抜けた強さも無さそうなので
紐でいいですね
わんこ
わんこ
ルメ・浜中・岩田 三連単ボックス
女性
女性
ルメールでも中京の大外はきつい

 

広告

シンザン記念2021年競馬予想!本命予想は少し人気薄から狙ってみました!【まとめ】

①人気想定のククナは女の子です。

昨今の競馬は牝馬が強い風潮があります。

シンザン記念は牡馬達の意地を見せえ欲しいという気持ちを込めて、

ロードマックスを本命にしました。

頑張れ~! 少年達よ!

広告

気になる記事はこちら