競馬

日経新春杯2021年のヴェロックスの1週前追い切り診断!G1で②③着の動きが戻ってきたか?

今回は、日経新春杯2021年に出走予定のヴェロックスの1週前追い切り診断をしていきます。

皐月賞②着、ダービー③着、菊花賞③着の善戦マンが成長したかが楽しみな一戦になりそうですね。

良かったらお楽しみ下さい!

 

広告

日経新春杯2021年のヴェロックスの1週前追い切り診断!

 

それではヴェロックスを診断していきます。

栗東CW 良馬場で単走で追い切られました

調教時計

6F 86.1
3F 39.0
1F 11.9

 

という時計でした。

鞍上には助手さんが乗り、最後強めに追われました。

足さばきは軽快で伸びのあるフォームで素軽い動きでした。

しかし最後はクビを上手に使っておらずぎこちない感じがしました。

皐月賞前の方が迫力がありスピード感があったので精神的に弱くなっているのかもしれません。

本追い切りをしっかりと診断したいと思います。

評価はBです。

 

広告

日経新春杯2021年のヴェロックス陣営のコメントは?

 

前走中日新聞杯のレース後の川田騎手のコメントを紹介します。

「4コーナーの手応えは抜群に良かったです。伸び切ることができなかったので、これで変わってきてくれれば」

 

広告

日経新春杯2021年のヴェロックスのSNSの反応は?

 

男性
男性

 

川田じゃなきゃ買わない、川田だから買う
だから頑張れよ、川田!!!

 

女性
女性
川田不調 まだ 5才 勝ち負け ルメール対抗 一番手 最悪 複勝圏内 堅い ビルコより こちら ルメール黙って いても いい馬 それで結果出す 日本人騎手 大きな差 今年うまらない
にゃんこ
にゃんこ
ここを勝てばまた表舞台に戻って来るだろうな。
負ければローカル路線?
今後を占う意味でも注目してます。

 

広告

日経新春杯2021年のヴェロックスの1週前追い切り診断!G1で②③着の動きが戻ってきたか?【まとめ】

復活が期待されるヴェロックスですが、1週前追い切りでは昔より元気がないように思いました。

サートゥルナーリアといい勝負をしていた馬だけに復活して欲しいですね!

広告

気になる記事はこちら