ニュース

辻希美の病名は??救急搬送の原因は「閃輝暗点?」「脳卒中?」

辻希美が救急搬送された病名は、「閃輝暗点?」「脳卒中?」と色々な噂が流れています。

今回はそれをど大事に至らなかったので良かったのですが、噂で囁かれている「閃輝暗点(せんきあんてん)」とは、どんな病気なのでしょうか?

 

 

広告

辻希美の病名は??救急搬送されていた!

辻希美

 

9月6日の午後7時頃に、辻希美さんが救急搬送されました。

原因は「ひどい片頭痛と右目の視野が急に狭まった」というものでした。

しかし、意識はありましたが、脳卒中の危険性があったため搬送されたようです。

辻さんは以前「無菌性髄膜炎症候群」で緊急搬送され入院した過去がありました。

無菌性髄膜炎症候群は、発熱や嘔吐、頭痛が主な症状で、ウイルスによって脳の周りにある髄膜が炎症を起こすのが原因で起こるものです。

しかし、今回は前回とは違う症状での緊急搬送でした。

真相は明らかにされていませんが、SNSで同じ症状で悩んでいる人の意見には『「閃輝暗点(せんきあんてん)」ではないのか?』というものがありました。

それでは、閃輝暗点(せんきあんてん)とは、いったいどんな病気なのかを紹介していきます。

 

 

広告

辻希美の病名は??気になる「閃輝暗点?」とは何か!

 

閃輝暗点(せんきあんてん)

まず、視覚障害が起きる。突然、視野の真中あたりに、まるで太陽を直接目にした後の残像のようなキラキラした点が現れる。視界の一部がゆらゆら動きだし、物がゆがんで見えたり、目の前が真っ暗になったり、見えづらくなる。視野への症状が治まった後、引き続いて片頭痛が始まる場合が多い。この後に頭が割れてしまいそうな激しい片頭痛が3〜4時間続き、強烈な吐き気・嘔吐などを伴うことが多い。中年の人の場合は、視野の症状の後に頭痛を伴わない場合は、まれに脳梗塞、脳動静脈奇形、脳腫瘍や、血栓による一過性の脳循環障害が原因である可能性があるので注意が必要です。原因は眼球の異常ではなく、ストレスがたまり、ホッとしたときにこの症状に見舞われることが多い。片頭痛の原因は、頭の血管が何らかの誘因で収縮し、その後異常に拡張すると共に血管壁に炎症・浮腫をおこすためと言われている。  (引用:Wikipedia) 

 

広告

辻希美の救急搬送に対するSNSの反応は?

 

 

 

広告

【まとめ】辻希美の病名は??救急搬送の原因は「閃輝暗点?」「脳卒中?」

結局は大事に至らずに、今は目も元に戻っているようです。搬送された次の日には、ブログを更新できるぐらいだったので、元気になったのだと思います。

元気になって本当に良かったです。

芸能人は色々な誹謗中傷などがあるし、仕事とプライベートでかなり疲れていて、ストレスもたまっているのだと思います。

大事な家族のためにも無理しないで、人生を楽しんで下さいね!

 

 

広告