競馬

シルクロードステークス【2021年】競馬予想!ヴェスターヴァルトの中穴分析!2連勝中の上り馬の勢いは怖い

ヴェスターヴァルトが1月31日(日)に行われるシルクロードステークス2021年に出走してきます。

今回は競馬予想に役立つように、ヴェスターヴァルトの中穴馬分析をしていきます。

2勝・3勝クラスのレースを連勝中の4歳馬の勢いは凄いです!

良かったらお楽しみ下さい!

 

広告

シルクロードステークス【2021年】競馬予想!ラウダシオンの単勝予想オッズ

 

まず、ネット競馬さんの単勝予想オッズを確認してみます。

今回は予想オッズ8人気のヴェスターヴァルトを中穴分析していきます。

 

広告

シルクロードステークス【2021年】競馬予想!ヴェスターヴァルトの中穴分析!

 

それでは中穴馬のヴェスターヴァルトを分析します。

4歳牡馬で父がノヴェリスト、母父がダイワメジャーです。

今回斤量が55キロで、鞍上が富田暁Jです。

生産者はノーザンファームです。

 

次は戦歴を紹介します。

戦歴は「4-3-2-3」

中京芝は「1-0-1-0」で、3勝クラスを勝利しています。

芝1200mは「0-1-0-1」で、新馬戦6着、未勝利戦2着です。

重賞成績は「0-0-1-0」で、中京1400mのG3ファルコンSで3着があります。

 

ちなにみ、そのファルコンSの2着馬はラウダシオンでしたが、2馬身半差をつけられていました。

前々走の2勝クラス、前走の3勝クラスを連勝中の上り馬です。

ここで前走、中京芝1400mの3勝クラスのレースを振り返ってみます。

15番ゲートからスタート良く出ました。

レースは良馬場のなかハイペースで展開され、道中は16頭立ての7番手を追走していました。

最終コーナーを良い手応えで馬なりで進んで行きました。

直線では大外に出し残り400mで追われました。

前がなかなか止まらない状態でしたが、上りが2番目に早い34.4秒でなんとか差し切り勝利しました。

 

2.3着が前で競馬していた馬だったように前残りのレースでした。

しかし大外からまとめて差し切ったヴェスターヴァルトの脚はレベルの違いを感じました。

あとは重賞の1200mのペースについていけるかが課題ですが、最後は必ず良い脚で上がって来るので斤量55キロを味方にして馬券圏内はありそうです。

 

広告

シルクロードステークス【2021年】競馬予想!ヴェスターヴァルトのSNSの反応は?

 

にゃんこ
にゃんこ
1か月の大目標?である阪急杯にインディチャンプについでレシステンシアも出てくるみたいですね。
例年よりシルクロードも阪急杯も相手が強化されている気がします…
でも、まずはシルクロードステークスで良い結果を出してほしいものです。(ハンデは54キロで許してほしかったですが…)
わんこ
わんこ
安定感抜群 抑えとこう
男性
男性
いつも馬名を見つけると「ヴァルトガイストが何故ここに!?」と一瞬思ってしまう

 

広告

シルクロードステークス【2021年】競馬予想!ヴェスターヴァルトの中穴分析!2連勝中の上り馬の勢いは怖い【まとめ】

ファルコンSではラウダシオンに次いでの3着の実績があります。

最近は条件クラスで2連勝中で安定力を付けて成長しています。

ハンデ戦なのでこの勢いが脅威になりそうですね。

広告

気になる記事はこちら