競馬

【東京新聞杯2021年】競馬予想!予想オッズ⑨人気:サトノア―サーを分析!

今回は、東京新聞杯2021年に出走する単勝予想オッズ⑨人気想定のサトノア―サーを分析していきます。

7歳のベテランだが元気一杯で楽しみです。

良かったら競馬予想の参考にしてください。

 

広告

【東京新聞杯2021年】の単勝予想オッズ

 

まずネット競馬さんを参考に予想オッズ見てみます。

今回は予想オッズが⑨人気の「サトノア―サー」を分析していきます。

 

広告

【東京新聞杯2021年】競馬予想!予想オッズ⑨人気:サトノア―サーを分析!

 

それで「サトノア―サー」を分析していきます。

7歳牡馬で父がディープインパクト、母父がリダウツチョイス(デインヒル系)です。

今回斤量が57キロで、鞍上が坂井瑠星J予定です。

生産者はノーザンファームです。

戦歴は「5-5-4-8」

東京芝は「1-0-1-6」で、3年前のエプソムCを勝利しています。

芝1600mは「2-3-0-4」で、オープン競争と昨年G3・関屋記念を勝利しています。

重賞成績は「2-2-1-7」で、先ほど紹介したエプソムCと関屋記念勝ちがあります。

 

今年7歳ですが昨年の関屋記念を勝利しているように元気一杯です。

昨年の東京新聞杯は4着と惜しいレースでした。

 

ここでその東京新聞杯のレースを振り返ってみます。

スタートは5番ゲートから普通に切り、少し押しながら先行集団につけました。

レースは良馬場のなか平均ペースで展開され、道中は4番手を追走していました。

残り600mぐらいから仕掛けられコーナーを回っていきました。

直線ではジリジリ伸びる感じで、後方から来たプリモシーンにあっさりと抜かれていきました。

一緒のポジションにいたクリノガウディ―を最後とらえることができずに4着でした。

同じ先行集団にいたクリノガウディ―やクルーガーとほとんど差のないレースでした。

このレースで6着のヴァンドギャルドは最後前が壁になって外に出すロスがあったにもかかわらず
、最後はサトノアーサーに詰め寄っていました。

これを考えるとヴァンドギャルドの方が一枚上のレベルのように感じました。

前走の京都金杯の最後の直線では失速していたので体調が良くないのか、年齢なのかわかりませんが今回は様子みで大丈夫と感じています。

 

広告

【東京新聞杯2021年】競馬予想!予想オッズ⑨人気:サトノア―サーのSNSの反応は?

 

にゃんこ
にゃんこ
人気のないサトノからだ
わんこ
わんこ
ここ2戦がなんとも「らしく」ないんだよな…。
ほんとの凡走は適性外G1のダービーくらいしかなかったのに。
ゾロ
ゾロ
去年3番人気で差のない4着だし、この人気なら。

 

広告

【東京新聞杯2021年】競馬予想!予想オッズ⑨人気:サトノア―サーを分析!
【まとめ】

前走が斤量や体重増などで凡走した見方がありますが、直線の失速の度合いをみると・・・。

今回は追い切りが最高の状態でなければ、様子見で良いと感じました。

サトノ軍団3頭だしてるけど‥‥何が‥‥先着するか楽しみです。

広告

気になる記事はこちら