競馬

東京新聞杯2021年のシャドウディーヴァの追い切り診断!昨年2着の仕上がりまできたか?

今回は、東京新聞杯2021年に出走予定のシャドウディーヴァの追い切り診断をしていきます。

昨年は惜しい2着でしたが、今回はエリザベス杯からの久振りのレースです。

休み明けなので仕上がりチェックが重要ですね。

良かったらお楽しみ下さい!

 

広告

東京新聞杯2021年のシャドウディーヴァの追い切り診断!

 

それでは「シャドウディーヴァ」を診断していきます。

美浦坂路 良馬場で2頭併せで追い切られました。

鞍上には助手さんが乗り、馬なりの調教でした。

調教時計

800m 53.4
400m 25.4
200m 12.3

という時計でした。

 

併せた相手は古馬2勝馬でしたが、頭差ぐらい遅れていました。

脚の回転とリズムはなかなか良いものがありました。

しかし、2走前に府中牝馬Sで2着したときの追い切りと比べると、なんとなく走るフォームに伸びがないように感じました。

あとは気合いも少しないように感じました。

脚の回転とリズムはなかなか良いものがありました。

評価はBです。

 

広告

東京新聞杯2021年のシャドウディーヴァ陣営のコメントは?

 

次は、追い切り後の斎藤誠調教師のコメントを紹介します。

(前走のエリザベス女王杯8着を振り返って)
「右回りの阪神コースということで、向いているかなと思いまして使わせてもらいました。右回りは問題なく内田騎手も乗っていましたし、少し内にもたれるところはあるのですが、良い競馬だったと思います」

(前走後の調整について)
「その後、ノーザンファームしがらきへ放牧に出しました。東京新聞杯を予定にしまして、1月16日土曜日に美浦に帰厩しました。
牧場でも岩田康誠ジョッキーが乗りに行ってくれて状態を確認してくれたりと、非常に良い状態で帰厩しましたので、楽しみはありました」

(調教過程を振り返って)
「先週までの追い切りでほとんど体は仕上がっていましたので、今週は軽く流す程度で予定通りの調整です。
テンションが上がってしまいますので、あまりやりすぎないように坂路でやりました。休み明けですので併せ馬は気合いを付ける意味でやらせてもらいました。非常に良い動きでした」

(今回のレースに向けて)
「体がしっかりしましたので、1600mでもスムーズな競馬ができるようになりました。左回りの東京コースは走り慣れていますので、1600mもこなせる今なら、去年に引き続き調子も良いので、良い競馬になると思います。
右回りですと、腰の関係から少し内にもたれるところがあります。左回りですとスムーズに回ってこられるので、思う存分力を発揮できると思います。
(岩田康誠騎手には)あっと言わせる騎乗を期待しております。
正直に言いまして、あまり相手は見ていないのですが、この馬の能力を出せれば、今は馬場も良いですから、勝てるのではないかと思っています。
まだ開幕から2週目で馬場も良いですから、スムーズな競馬をして届く位置から差して来られればいいなと思います。
惜しい競馬も続きましたし、非常に頑張る馬なので、今回も一生懸命走れるように仕込んできたつもりです。応援のほどよろしくお願いいたします

 

 

広告

東京新聞杯2021年のシャドウディーヴァのSNSの反応は?

 

なみちゃん
なみちゃん
いくら相手が弱いとはいえ2番人気で買える馬では無いですよね。
さあどうしよう
ゾロ
ゾロ
覚醒に期待したいところだが調教見ると相変わらず首が高いな。
みれい
みれい
とりあえず1番人気を嫌っとこっていうYouTuberが一斉に指名してるな。この間のサトノフラッグの時と被る

 

広告

東京新聞杯2021年のシャドウディーヴァの追い切り診断!昨年2着の仕上がりまできたか?【まとめ】

今回はエリザベス杯からの参戦で仕上がりがきになりました。

しかし、微妙な判断でしたが少し割引が必要という追い切りでした。

果してこの判断がどうでるかが楽しみです。

広告

気になる記事はこちら