競馬

京都記念2021年の1週前追い切り診断:ワグネリアン【競馬予想】久しぶりの復活か?

2月14日(日)に京都競馬場で行われる京都記念に出走予定のワグネリアン!

今回はワグネリアンの気になる1週前追い切りを診断します。

休み明けの状態をしっかりチェックしていきたいです。

良かったらお楽しみ下さい。

 

広告

京都記念2021年の1週前追い切り診断:ワグネリアン【競馬予想】

 

それでは「ワグネリアン」を分析していきます。

栗東P 良馬場で単走で追い切られました。

鞍上には武豊さんが乗り、馬なりの調教でした。

調教時計

6F 79.6
3F 36.7
1F 11.5

という時計でした。

 

鞍上が武さんが乗っていたということもありますが、かなり素軽い走りの印象でした。

首を上手に使い、伸びのある走りでスピード感がたっぷりでした。

宝塚記念で13着だったときの本追い切りより良い感じに見えました。

今回武さんが初騎乗ですが、相性ピッタリの印象です。

評価はAです。

 

広告

京都記念2021年のワグネリアン陣営のコメントは?

 

次は、前走宝塚記念で13着だった敗因が気になるので、レース後の福永騎手のコメントを紹介します。

「やりたいレースはできました。4コーナーで手応えが無かったです。調教から息遣いが気になっていて、レースでもそうでした。バッタリ止まるペースでもないと思いますし……」

 

今回は本追い切りでしっかりと息遣いをチェックしたいですね。

 

広告

京都記念2021年のワグネリアンのSNSの反応は?

 

にゃんこ
にゃんこ
久しぶりの出走で騎手変更か。
心配だが、大丈夫かね。

 

わんこ
わんこ
ここまで相手が落ちればさすがに足りる。
りょうま
りょうま
今更、復活などしないと思う。

 

広告

京都記念2021年の1週前追い切り診断:ワグネリアン 【競馬予想】久しぶりの復活か?【まとめ】

今回は宝塚記念からの休み明けですが、疲れていた宝塚記念より動きは良く見えました。

今回初コンビを組む武さんとの相性も合いそうな走りでした。

2年半振りの勝利があるかもしれませんね

広告

気になる記事はこちら