競馬

サリオスの毎日王冠1週前追い切り!気になる併せ馬の結果が!

10月11日(日)東京競馬場で行われる、毎日王冠1800mに出走するサリオス!その気になる毎日王冠の1週前追い切りを診断していきます。

ライバルのコントレイルはレベルの違いを見せつけての神戸新聞杯を完勝でした。

サリオスは古馬相手の毎日王冠に出走です。まだ3歳のサリオスには仕上がりが重要になりますね。

 

 

広告

サリオスの毎日王冠1週前追い切りを分析

気になるサリオスの1週前調教は、9月30日(水)に美浦の南Wコース良馬場で行われました。

鞍上にはルメール騎手がのり、最後だけ少し気合を付ける程度の調教でした。

5ハロンを走り、調教の時計は

5F 65.5
4F 51.0
3F 37.1
1F 11.8

でした。

併せた相手は、古馬2勝クラスの馬で、最後は併入でしめくくりました。

ここで、その調教VTRを見てみましょう。

 

 

脚の回転が速く、後ろ足のケリが強い良い走りでした。

最後少しだけ気合を付けるとスッと伸びて、合わせた相手に簡単に追いつきました。

最後1ハロンが11.8秒を簡単に出しているので調子の良さがわかります。

評価はAを付けられます。

 

 

広告

サリオスが出走する毎日王冠の展望

まず、出走予定馬を見てみます・

ダービー2着のサリオス、ダービ4着のサトノインプレッサの3歳馬2頭が人気になりそうです。

古馬勢では、ザダル・カデナ・コントラチェック・ダイワキャグニーなどが続く人気になりそうなレースです。

展開はトーラスジェミニが逃げて、コントラチェックが続く展開で早い流れになりそうです。

今週から東京開催により高速馬場で前が止まらない馬場になりそうです。

サリオスは先行できる馬なので、早い流れを追走してそのまま突き抜ける確率は高いと思います。

マイルの2歳G1を勝っていて、皐月賞でも強い内容の2着でしたのでスピードは十分あるはずです。

今回は手薄なメンバーなのでキッチリと結果を残してくれると思います。

 

広告

サリオスの毎日王冠出走に対するSNSの反応は?

 

 

&

 

 

 

広告

サリオスの毎日王冠1週前追い切り!【まとめ】

1週前追い切りからルメール騎手が乗っているので、勝利への意欲がうかがえますね。

4か月の休み明けですが、1週前追い切りを見る限り、きちんと仕上がっていました。

あとは本追い切りを分析して本番を楽しみにしたいです。

広告

気になる記事はこちら