ニュース

YouTuber逮捕!この人は常習犯!まじめにやっている人が可哀相

先日は、伊勢谷友介被告にメントスコーラをお願いした「よりひと」が世間に迷惑をかけ、今回はYouTuber「へずまりゅう」がまた逮捕され、世の中を混乱の渦に巻き込んでいます。

無法地帯になっているYouTuberという職業は、このままで良いのでしょうか?

毎日YouTubeを楽しんでいる子供達に悪影響があるのは間違いないです。

今回はYouTubeの在り方について考えたいと思います。

 

 

広告

YouTuber逮捕!「へずまりゅう」は常習犯!

 

迷惑YouTuberの「へずまりゅう」こと原田将大容疑者(29)は、他の人物と共謀し、5月上旬、大阪市中央区内のアパレル店で経営者の50代男性に対し、購入した商品が偽物であるなどと罵声を浴びせて返品を迫り、その状況を自身のユーチューブに投稿し、業務を妨害した疑いが持たれている。調べに同容疑者は容疑を認めているという。

(引用:東スポ)

この「へずまりゅう」は7月にも事件を起こしています。

スーパーの鮮魚売り場の商品をお会計前に食べたということで、窃盗容疑で逮捕されています。

この人のチャンネルコンセプトは、どうやら他人に迷惑をかけて、視聴者に楽しんでもらうといったようなものでした。

有名YouTuberのヒカキンさん、はじめしゃちょーさんらも被害にあっているようでした。

現在さすがに「へずまりゅう」のYouTubeチャンネルは運営側に削除されています。

しかしTwitterの裏垢に映像が残ってましたので紹介します。

 

 

これは、YouTuberで格闘家の朝倉未来さんにアピールしている動画ですが、威圧的な態度で子供がみたら怖がるでしょうね。

ま~、本人としてはYouTubeなどの収益が目的で有名になろうと思っているのですが、むなしいですね。

こんな他人に迷惑をかけてまでお金を稼いでも人間は幸せにはなれないと思います。

そして今後はYouTubeという媒体の規制も厳しくなっていきます。

それはテレビ業界が見本になっています。昔のテレビはゆるかったので何でもありの形でしたよね。

それが今ではコンプライアンス問題であり方が見直されています。

早く、YouTubeの本当の存在意義を考えてもらいたいでね。

 

 

 

広告

YouTuber逮捕!他のYouTuberの迷惑行為は?

最近、もっとも有名な迷惑行為は「よりひと」による、伊勢谷友介容疑者襲撃事件ですね。

これは、伊勢谷友介容疑者が保釈され警察署から出てきたときに起こりました。

なんと車に乗り込もうとする伊勢谷被告に詰め寄って、「メントスコーラお願いします」とお願いしていたのです。

その映像がコチラです。

 

 

ちょっと頭のおかしい人しか思えませんね。

そしてビックリするのが現在でも「よりひと」はチャンネルを運営していることです。

ここで伊勢谷被告の件での動画をあげていたので紹介します。


まったく反省する様子がないですね。

この行動に対しては賛否両論があるようですが、時代の流れと育った環境で考え方が違うのでしょうがないかもしれませんね。

ただ、このような人がいるかぎりYouTubeは、いつかすたれる時期がくるかもしれません。

日本の法律も甘いのかもしれませんね。

今後、YouTuberの動向や各種SNSがどうなっていくのかが楽しみです。

子供やまじめな人のために良い方向に進んで欲しいものです。

 

 

広告

YouTuber逮捕!この人は常習犯!SNSの反応は?

YouTuberって誰でもなれてしまうから
ロクでもないやつが一攫千金を目論んで参入してくる。
ペナルティを受けた人間は、何らかの形でYouTuberへの復活の道も絶つ方法も必要になりそうですね。

 

はじめはどんな育て方したらと思ったがここまで来ると親にも同情するわ
勘当したところで一度知れ渡ったら無意味だし
とりあえずこういうやつは社会から排除されていいと思うし不相応の量刑で厳罰に処していいと思うよ

 

この手の奴はブタ箱や刑務所にぶちこまれる事より今後動画配信できないようにする方が堪えるタイプだと思います。
実刑喰らってもまた動画配信できてしまえば最初は大人しくしててもまた過激なことをしたい衝動に駆られてもっとアホみたいな事を繰り返すのがオチ。
こいつが何べんも逮捕されようが知ったこっちゃないけどその度に迷惑被る人が出るのは勘弁して欲しいですね。

 

色々な意見がありましたが、皆様は怒っていますね!

ただ、これからも新しい世代の人が同じことをやってしまうのでしょうね!

 

 

広告

YouTuber逮捕!この人は常習犯!まじめにやっている人が可哀相【まとめ】

このような動画をYouTube側では完璧に規制することはできないと思います。

これからは一人一人のモラルが需要になっていきます。

某国のように言いたいことが言えない国もあるので、くだらないことを発信しないで、他人のためになる有意義な事を発信していける人が多くなってもらいたいですね!

広告

気になる記事はこちら