競馬

弥生賞ディープインパクト記念【2021年】ホウオウサンデーのデータ分析!

3月7日(日)に行われる弥生賞ディープインパクト記念2021年にホウオウサンデーが出走してきます。

今回は競馬予想に役立つように、ホウオウサンデーを分析していきます。

良かったら参考にして下さい!

 

 

広告

弥生賞ディープインパクト記念【2021年】ホウオウサンデーの単勝予想オッズ

 

まず、ネット競馬さんの単勝予想オッズを確認してみます。

今回は⑧人気想定のホウオウサンデーを分析していきます。

 

 

広告

弥生賞ディープインパクト記念【2021年】ホウオウサンデーのデータ分析!

 

それでは「ホウオウサンデー」を分析します。

3歳牡馬で父がキングカメハメハ、母父がサンデーサイレンス

今回斤量が56キロで、鞍上が岩田の父ちゃん予定です。

生産者はノーザンファームです。

 

戦歴は「1-0-0-0」

中山芝は「1-0-0-0」

芝2000mは「1-0-0-0」

今回が重賞初挑戦です。

 

まだ1戦しかしてない馬でが、キンカメ×サンデーで

半兄に、フルーキーやマンオブスピリットがいるのでオープン馬になれる血統は持っています。

昨年の12月末に中山2000mの新馬戦を戦い、1馬身半差で勝利しました。

 

ここでその新馬戦を振り返ってみます。

スタートは普通に出て前のポジションを取っていました。

レースは良馬場のなかスローペースで展開され、道中は18頭立ての6番手を追走していました。

最初のペースが遅いところで行きたがる場面を見せていました。

しかしすぐに落ち着いて折り合っていました。

前に行く馬を見ながらマイペースで追走し、馬なりで最終コーナーを回って手応え十分でした。

直線に入り追われると、逃げている馬をあっさりと捕まえて1馬身半差の勝利をあげました。

最終コーナーを馬なりで上がって行き、ポジションを上げている走りを見ると、かなり競馬センスがありそうな馬だと感じました。

直線でもバテルことなく素晴ら脚で先頭の馬をとらえたのも根性がある証拠ですね。

まだ1勝馬で重賞挑戦ですが、いきなり重賞を勝てるほどの馬ではないと感じます。

しかし競馬センスと「キンカメ×サンデー」の血統から馬券的には面白そうですね。

 

 

広告

弥生賞ディープインパクト記念【2021年】ホウオウサンデーのSNSの反応は?

 

みれい
みれい

 

岩田康誠騎手重賞100勝まであと1勝ですね!
この馬で決めてくれる可能性もありますね

 

りょうま
りょうま
兄弟の名前みるかぎりは
強気にはなれんが岩田騎手
調子いいからな。
にゃんこ
にゃんこ
甥っ子が、ホウオウは伝説ポケモンだから強いよ、って言ってました。

 

 

広告

弥生賞ディープインパクト記念【2021年】ホウオウサンデーのデータ分析!【まとめ】

まだ1戦しかしていなくて実力がわからないホウオウサンデー君!

しかし前走の勝ち方は競馬のうまさが伝わっていきました。

今回は馬券圏内という視点で見れば面白い馬だと感じました。

広告

気になる記事はこちら