競馬

弥生賞ディープインパクト記念2021年【競馬予想】出走予定のレインフロムヘヴンを徹底分析!

今回は3月7日(日)に中山競馬場で行われる弥生賞2021年に出走するレインフロムヘヴンのデータを分析していきます。

良かったら競馬予想の参考にしてください。

 

 

広告

弥生賞2021年に出走予定のタイムトゥヘヴンの単勝予想オッズ

 

まず、単勝予想オッズをネット競馬さんを参考に見てみます。

今回は9人気ぐらいになりそうな「レインフロムヘヴン」を分析していきます。

 

 

広告

弥生賞ディープインパクト記念2021年【競馬予想】出走予定のレインフロムヘヴンを徹底分析!

 

それでは「レインフロムヘヴン」を分析します。

3歳牡馬で父がドゥラメンテ、母父がループソリテール(ロベルト系)

今回斤量が56キロで、鞍上は未定です。

生産者は社台CO白老で、ドリームジャーニーやオルフェーヴル、ジャスタウェイで有名です。

 

戦歴は「2-1-0-1」

中山芝は今回が初めてです。

芝2000mは「2-1-0-0」

重賞成績は「0-0-0-1」で
東スポ杯で8着があります。

 

1勝クラスで2着になったレースの勝ち馬は、共同通信杯を勝ったエフフォーリアでした。

よって1勝クラスでは楽に勝てる実力はあります。

2走前の東スポ杯は逃げての8着でした。

 

ここでその東スポ杯を振り返ってみます。

スタートは普通に切り、少し行きたがりながらタイトルホルダーにせりかけて行きました。

レースは良馬場のなかスローペースで展開させれ、道中は逃げる展開になりました。

道中は2番手のタイトルホルダーに6馬身ぐらい差をつけて逃げていましたが、やはり行きたがっている素振りを見せていました。

直線に入り馬なりのまま進み残り400mで追われましたが、残り200mで力尽きて8着に終わりました。

 

やはり道中行きたがっていてマイペースで行けなかったことがすべてだと思います。

前走の1勝クラスは勝ちましたが、やはり行きたがっていました。

今回は重賞レースなので気性的に成長していないと難しいかなと思います。

メンバー的にも先行馬が多いのでマイペースで行けるとは思えません。

今回は今後のための勉強レースだという感じです。

 

 

広告

弥生賞ディープインパクト記念2021年出走予定のレインフロムヘヴンのSNSの反応は?

 

 

にゃんこ
にゃんこ
騎手の問題もあるのかな
出否はオーナーではなく
自分が状態をみて決める
という堀師の強い意志が
あらわれているコメント
出てくるなら楽しみです
わんこ
わんこ
弥生賞出走は明日まで様子を見て決めるとの事ですが、
今日の段階で決めていないという事は使わない方向でしょうか。
使う場合は明日追い切りをするようなので発表を待ちましょう。
ゾロ
ゾロ
なんとなくでしかないんやけどここは負けて青葉賞でダービー出走権確保っていうイメージ…
もちろん弥生賞出るなら好走期待します!

 

 

広告

弥生賞ディープインパクト記念2021年【競馬予想】出走予定のレインフロムヘヴンを徹底分析!【まとめ】

少し行きたがる気性が解消されないと、今回のメンバーでは厳しそうな気がします。

今回は経験を積むことを目的に春に飛躍してもらいたいです。

広告

気になる記事はこちら