競馬

弥生賞ディープインパクト記念2021年の競馬予想!馬単1点で勝負

今回は3月7日(日)に中山競馬場芝2000mで行われる弥生賞2021年の本命予想をします。

皐月賞トライアルのなで賞金が足りない馬達の本気度はかなり高いと思います。

良かったら競馬予想の参考にして下さい!

 

 

広告

弥生賞ディープインパクト記念2021年の競馬予想!

 

まず最初に本命を発表します。

本命は・・・

 

「ダノンザキッド」です。

 

これはしょうがないと思います。

このメンバーを考えると負けてはいけない馬だと思います。

それではダノンザキッドを本命にした理由を紹介します。

まずダノンザキッドの簡単な戦歴を紹介します。

 

戦歴は3戦全勝

中山芝は1勝

芝2000mは1勝

重賞成績は2勝で、東スポ杯とホープフルSを勝利しています。

 

新馬戦では、2着のワンダフルタウンに3馬身差、3着だった今回出走してくるテンガバーに5馬身差で勝利しています。

2着のワンダフルタウンは、その後に京都2歳Sを勝利している実力馬です。

その京都2歳Sで2着のラーゴムはきさらぎ賞を勝っている馬です。

そのラーゴムはリステッド競争のアイビーSでホープフルS2着のオーソクレースにクビ差の2着でした。

ワンダフルタイムやラーゴム、オーソクレースの重賞クラスの馬達より実力はあることを証明していました

 

続く東スポ杯では今回出走してくるタイトルホルダーを子供扱いで1馬身ちょっとの差をつけて完勝していました。

続くG1ホープフルSでは横綱相撲で勝利しました。

ここでそのホープフルSのレースを振り返ってみます。

スタートは⑩番ゲートから良い出だしで先行しまた。

レースは良馬場のなかスローペースで展開され、道中は4番てを追走していました。

スタートしてからはペースが遅いので、少し行きたがる面を見せていました。

全体的に行きたがる仕草は消えないままでしたが許容範囲内なので大丈夫です。

残り600mぐらいから仕掛けられると、大外を回して直線に入っていきました。

直線では内で粘るオーソクレースと叩き合いましたが、最後は1馬身ちょっとの差をつけて勝利しました。

 

2着のオーソクレースは最内の経済コースを通っていたことを考えると、大外を回してきたダノンザキッドの勝ち方は強いと感じます。

そしてあの先行ポジションから上がり最速の脚で突き抜けるたので他馬にとっては勝ち目がないですね。

東スポ杯では早い時計の出る馬場で上がり33秒5の切れる脚を使っていました。

 

ボコボコでも綺麗な馬場でも常に上り最速の脚を先行ポジションからくり出せるのはレベルが違う証拠です。

 

相手関係を考えるとシュネルマイスターも強そうで怖い一頭と思います。

しかし今回はいきなり1600mから2000mに距離延長します。

まだ2戦しかしてないので何とも言えませんが体型からみてもマイラー色がかなりあります。

そしてルメさんが乗るので人気も出そうです。

ということで今回は評価を落としました。

ここで負けてNHKマイルに向かうパターンだと感じました。

 

ということで無敗で皐月賞に向って欲しいダノンザキッドが大本命です。

 

 

広告

弥生賞ディープインパクト記

 

次は、気になる他の予想家さんのYouTubeを紹介します。

 

★カリスマ予想

 

 

★キングスポーツ SINCE 1981

 

 

★競馬予想SNSウマニティ

 

 

 

広告

弥生賞ディープインパクト記念2021年のSNSの反応は?

 

にゃんこ
にゃんこ
ワンデイは頭まであるよ
ギットはどうも強いと思わない
わんこ
わんこ
ワンデイモエが萌えて2着
りょうま
りょうま
ダノン走るところ逸走あり
テンバガーを応援したい
ダンツテリオスも応援したかったな

 

 

 

広告

弥生賞ディープインパクト記念2021年の競馬予想!馬単1点で勝負【まとめ】

圧倒的な①人気になりそうなダノンザキッドが本命なので、馬券的には馬単1点で行きたいと思います。

相手も堅いですがタイトルホルダーを抜擢しました。

今回、かなり仕上がりが良いので最後まで粘って2着に入る予感がします!

馬単1点

ダノンザキッド ー タイトルホルダー

 

 

 

広告

気になる記事はこちら