競馬

金鯱賞2021年の1週前追い切り診断:デアリングタクト!大阪杯への叩き?

デアリングタクトが金鯱賞2021年に出走します。

今回はデアリングタクトの1週前追い切りを診断していきます。

大阪杯への叩き台なのかどうかを判断したいですね!

それでは診断していきますので、良かったらお楽しみ下さい。

 

 

広告

金鯱賞2021年の1週前追い切り診断:デアリングタクト!

 

それでは「デアリングタクト」を診断します。

栗東CW 不良馬場で2頭合わせで追い切られました。

鞍上には松山Jが乗り、最後強めに追われました。

 

調教時計

6F 82.6
3F 37.3
1F 12.2

という時計でした。

 

併せた相手は古馬3勝クラスの馬でしたが、馬なりの相手に対してクビ差の遅れでした。

足さばきは軽快で動きも素軽い走りでした。
併せ馬で遅れましたが、コーナーを回る時にかなり外目を回ったので、その差の遅れで心配はないと思います。

しかし最後少し追われると走りの重心が微妙にブレていた走りでした。

まだ1週前で許容範囲内なので本追い切りでしっかりと判断したいと思います。

評価はBです。

 

 

広告

金鯱賞2021年の1週前追い切り診断:デアリングタクト陣営のコメントは?

 

★次はジャパンカップレース後の松山弘平騎手のコメントを紹介します。

「落ち着いていましたし、雰囲気は1番でした。スタート良く、いい位置で折り合いもついて、流れに乗れました。

 ただ、これまであまり見せていなかったのですが、内へ内へもたれていました。苦しくなったのだと思います。それでも強い相手に引けをとらない競馬ができました。

 これからの馬ですし、成長してほしいです」

 

内へ内へともたれたようですが、ひょっとして左回りが影響したのかもしれませんね。

今回の中京競馬場の走りで判断したいですね。

 

 

広告

金鯱賞2021年の1週前追い切り診断:デアリングタクトのSNSの反応は?

 

みれい
みれい
金鯱賞間違いなく勝ちますよ!
りょうま
りょうま
一度、土が着いたから松山は思いきって先行させるかもよ。
なみちゃん
なみちゃん
休み明けを割り引いてもポテンシャルから勝ち負けは濃厚でしょうか。
相手をじっくり見極めたいレースです。

 

 

広告

金鯱賞2021年の1週前追い切り診断:デアリングタクト!大阪杯への叩き?【まとめ】

SNSの反応を見ていると、やはりデアリングタクトの勝ちと見ている人がほとんどでした。

仕上がりはB評価にしましたが、1週前なので合格点です。

本追い切りでどこまで仕上がるかが楽しみです。

広告

気になる記事はこちら