色々

【競馬予想無料買い目】皐月賞2022年の競馬の本命予想!馬券の妙味は単勝か?

今回の記事は4月17日(日)に中山競馬場の芝2000mで行われる「皐月賞」の本命予想をしていきます。

本命馬を紹介して、その抜擢理由を簡単に紹介していきます。

そして私の馬券の買い目も発表しますので、良かったら予想の参考にしてください。

 

広告

【競馬予想無料買い目】皐月賞2022年の競馬の本命予想!

 

まず、今回の皐月賞のメンバーを見て感じたことは

スマイルくん
スマイルくん
荒れるかな!?

と思いました。

ちょっと私の願望も入ってるのですが、今回は荒れること前提に予想していきたいと思います。ここでこちらの表をご覧ください。

 

コチラの表は、今年のG1の馬券に絡んだ騎手と人気の一覧です。なんと①人気がまだ馬券に絡んでなくて、②人気が1回しか馬券に絡んでません。

ということは、この流れからすれば、また荒れる可能性もあるかな? と思いました。

よって今回馬券的には荒れこと前提で考えていきたいと思います。

 

次に、今回本命を考えるにあたりポイントにしたことを発表します。

そのポイントは

展開と馬場状態

です。

 

正直馬場状態は土曜日の競馬をみないとわからないのですが、先週の競馬では早い時計が出ていて前の馬がまだ止まりにくい傾向がありました。

先週の日曜日のリステッド競争の春雷sは1200m戦なのですが、なんと勝ち時計が「1:06.9」秒とメチャクチャ早い時計が出ていました。そして2着のタイセイビジョンの上りが32.8秒と早い時計が出ていました。

これを考えると、天気次第なのですが、まだ微妙に早い時計は出そうな気がします。

スマイルくん
スマイルくん
よって、皐月賞は前に行った馬を狙いたいと考えました。

 

ここで本命馬を発表します。

本命は

アスクビクターモア  です。

 

予想オッズでは⑤人気想定なので馬券的には美味しくなるかな? と思いました。

それではアスクビクターモアの簡単なデータを見ながら本命理由を説明していきます。

 

3歳牡馬で父がディープインパクト
母父がレンボ―クエスト(ブラッシンググルーム系)

スマイルくん
スマイルくん
残り少ないディープ産駒なので応援したくなっちゃいますね。

 

前走弥生賞の馬体重が474キロでした。弥生賞は賞金的に皐月賞の権利取りがかかっていたので完全に仕上げていたと思います。なので474キロぐらいがちょうどよい馬体重だと思います。

そして、今回の調教後の馬体重が478キロと+4キロでした。よって、レースでは弥生賞の時と同じぐらいか少し減るぐらいだと思うので問題はないと思います。

厩舎は美浦の田村厩舎ですが、田村調教師は26年目のベテラン調教師さんです。そして7年前にメジャーエンブレムで阪神JFを勝って、続いてNHKマイルも勝利しています。

G1勝利はこの2勝だけなので今回は久しぶりに気合いが入っていると思います。鞍上は田辺騎手ですが、芝のG1は6年前にロゴタイプで安田記念を勝利しています。

なので田村調教師と田辺騎手は2人とも6年振りのG1制覇がかかっていることです。

ここでちょっと話を変えてオカルト予想をしてみます。

先ほど見ていただいた今年のG1結果をもう一度見てみると、

なんと田の字がついている騎手が毎回馬券に絡んでいます。しかも桜花賞以外は「田の字」の騎手が2人入っています。

ちなみに桜花賞で2着のウォーターナビレラの生産者さんは伏木田牧場さんなので田の字がついています。

これは名づけて「田田の法則」が成立してるではないですか。

ということで、今回も田辺&田村 の田田の法則が炸裂するかもしれません。

 

ちょっと話がそれてすいません! 元に戻します。

生産者は社台ファームです。

●戦歴は「3-0-2-0」

●中山芝は「3-0-0-0」で

中山のスペシャリストです。

●芝2000mは「2-0-0-0」で

1勝クラス
弥生賞

と、中山コースで勝利しています。

●重賞成績は「1-0-0-0」

中山2000mの弥生賞を勝利しています。

 

アスクビクターモアは3着2回なのですが、これは東京競馬場のものです。そして良くレースを見てみたら、なんと左回りが原因ではないのかな? という答えに行きつきました。

スマイルくん
スマイルくん
ちなみに調教でも左回りだと最後の手前替えがスムーズではなかったです。

 

新馬戦は東京の1800m戦を使いましたが、ジオグリフにコンマ3秒差の3着でした。そしてこの新馬戦の2着は東スポ杯2着のアサヒでした。

続く未勝利戦は中山1800m戦でしたが、新馬戦で負けたアサヒに1馬身半差をつけての完勝でした。やはり中山コースに変わると、アスクビクターモアは能力がアップする感じがしますね。

続くレースは東京2000mのアイビーS(L)でしたが、今回1人気になりそうなドウデュースにコンマ1秒差の3着でした。

このレースで注目していただきたいのが、最後の直線で何度か手前を変えていて苦しんでいたことです。

 

これを考えると、やはり東京は苦手なのかな? という気がします。しかし、それでいてドウデュースにコンマ1秒差の3着は逆に評価していいと思います。

そしてアイビーSから2か月ちょっと立った今年の1月に、中山2000mの1勝クラスのレースを使いキッチリと勝利しました。そして前走の弥生賞を使い見事に勝利しました。

ここで参考レースとして、2走前の中山2000mで行なわれた1勝クラスのレースを分析してみます。

なお、アスクビクターモアはいつもレースでは行きたがる気性があるので、それを踏まえて考えていきたいと思います。

スタートは8番ゲートから普通に出て、前の位置を馬なりでとりました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は9頭立ての4番手を追走していました。

道中は最初の200mを過ぎてから行きたがって鞍上が抑えながらの追走でした。

そして残り800mまで行きたがる状態でしたが、そこからは少し行かせてあげてポジションを上げ始めました。

そして最終コーナー手前で仕掛けられ、追われながらコーナーを回り直線に入っていきました。

そして直線では2着の馬と同じ上り最速の脚を使い叩き合いの末クビ差の勝利をあげました。

 

 

このレースは最初の1200mの間スローPということもあり、ほぼ行きたがってました。それでいて最後までしっかりと伸びてゴールしていました。

スマイルくん
スマイルくん
しかも最後の400mからの1ハロンのラップが速かったです。

そして最後の200mも速い時計で走り切っていました。弥生賞もそうだったのですが、行きたがる気性で走っていて最後までしっかりと走っているので、かなり能力は高いと思います。

これは心配機能が優れていることを証明していると思います。

 

もし皐月賞のペースが少し流れて。折り合いが付くような走りができたら、この心配機能の高さから、ひょっとしてもう一段階上の走りが見れるようなきがしました。

あとは、枠番を見ると今回は1枠2番に入りました。

逃げたそうな馬達が外に入ったので外を見ながら前目の絶好のポジションを取れそうです。今回インコースが雨でやられていないことが大前提ですが、昨年のエフフォーリアのような位置で競馬すればロスがないはずです。

なので最後の直線で逃げ馬をつかまえて、後ろから来る馬を根性出してどこまでしのげるか期待したいと思います。

そして、狙いのレースはダービーではなくて皐月賞だと思うので、メイチの仕上げできているので期待できると思います。

まとめると

今回ポイントにあげた

「展開と馬場状態」

を考えると

まだ前が残りやすい馬場だということを大前提に、内枠からロスなく競馬して最後まで粘り切る! というイメージが湧いたので本命に抜擢しました。

 

【競馬予想無料公開】皐月賞2022年の競馬の本命予想!馬券の買い目発表

 

次は私の馬券の買い目を発表します。

今回は人気馬が力を出せないと強引に思い込むことにしたので、馬券は少しはオッズが付くと思うので、

単勝で勝負したいと思います。

 

しかし何かに足元すくわれるという場面もあると思います。なのでここは保険をかけたいと考えました。

それはアスクビクターモアの馬単2着固定です。

 

荒れると仮定しているので1着は総流しで遊びたいと思います。

まとめると

まとめ

単勝 アスクビクターモア
馬単 アスクビクターモアの2着固定
1着は全頭の総流しで17点です。

 

 

スマイルくん
スマイルくん
皐月賞は単勝本線で馬単で遊びたいと思います!

 

広告

【競馬予想無料買い目】皐月賞2022年の競馬予想!他の予想家さんの予想

 

次は色々な予想家さんの予想を紹介していきます。尚、YouTubeの動画なので映像と共にお楽しみ下さい。

 

●まずはネット競馬さんのプロの予想が見れる動画です!

 

●次もプロの予想家さんの「競馬予想SNSウマニティ」の動画です。

 

●次は「UMAJIN Ch」チャンネルのプロの予想家さんの動画です。

 

 

【競馬予想無料買い目】皐月賞2022年の競馬予想!【まとめ】

今回本命馬に抜擢したのが

アスクビクターモアでした。

 

馬券の買い目は

●アスクビクターモアの単勝
●馬単 アスクビクターモアの2着固定
相手 総流し  合計17点

スプリンターズステークス2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「スプリンターズステークス2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目...
広告

気になる記事はこちら