色々

【競馬予想無料公開】金鯱賞2022年のレイパパレを分析!

今回の記事は金鯱賞2022年に出走予定のレイパパレを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

良かったら予想の参考にしてください。

 

広告

【競馬予想無料公開】金鯱賞2022年のレイパパレを分析

 

それではレイパパレを分析します。

5歳牝馬で父がディープインパクト
母父がクロフネ(ヴァイスリージェント系)

 

今回斤量が56キロですが、宝塚記念を56キロで3着しているので大丈夫なはずです。鞍上は鞍上は川田将雅騎手ですが、主戦騎手なので乗り慣れています。

生産者はノーザンファームで馬主がキャロットファームさんのコンビです。

戦歴は「6-0-1-4」

中京芝は今回が初めてです。

芝2000mは「2-0-0-1」で

チャレンジC
大阪杯

を勝利しています。

重賞成績は「2-0-1-3」で

G1レースの成績は

大阪杯 1着
宝塚記念 3着
エリザベス杯 6着
香港カップ 6着

 

昨年は6連勝で大阪杯を勝利しました。続く宝塚記念は3着でしたが、最後の最後で失速したところをみると2200mは長い感じです。

それを裏付けるのが、オールカマーで4着、エリザベス杯6着 という成績だと思います。そして、距離を2000mに戻しての前走香港Cでは6着と敗れました。

しかし、このレースはスタートが決まらずに中団からの競馬になってました。やはり海外競馬の影響もあったのかもしれません。

ただ、最後の直線では不利がありながら最後は差してきて、新しレイパパレを見せていたので悲観しなくていいと思いました。

ここで苦手な2200mで56キロを背負って3着した宝塚記念を振り返って、本当に能力が高いのかを分析したいと思います。

 

スタートは2番ゲートから普通に出て2番手に控えました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は13頭立ての2番手を追走していました。

道中はユニコーンライオンが逃げたので鞍上が抑えていましたが折り合いは問題なしでした。

そして逃げていたユニコーンライオンが最終コーナー手前で追われ始めましたが、レイパパレは馬なりでコーナーを回って直線に入りました。

直線では叩き合いになりましたが、クロノジェネシスにはあっさりとかわされ、ユニコーンライオンにはクビ差届かずの3着でした。

 

このレースはスタートしてから少ししてキセキに突っつかれる展開でした。そのキセキは最後5着でレイパパレからは4馬身半差でした。

スマイルくん
スマイルくん
これを考えると、スローPが恵まれただけではなく能力の高さも証明してくれています。

 

そして残り200mまでは先頭に並んでいましたが、そこから競り負けたという結果です。これを見るとやはり2000m以上は厳し馬だとわかりました。

あとはやはりデビューから6連勝で大阪杯を勝つ能力の高さも認めないといけないと思います。

 

最近は凡走続きですが敗因が明らかなので、今回は見直した方が良さそうです。香港Cからの競馬ですが、仕上がりも良さそうなので力は出せると思います。

ジャックドールとの先手争いがどうなるかわかりませんが、2頭で決まってもおかしくないと思います。

よって、本命候補にあげさせていただきます。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】金鯱賞2022年のレイパパレを分析!【まとめ】

最近では2200mのレースや海外競馬で凡走しています。

しかし本質的には2200mは長いので今回の距離短縮は魅力があります。

元々6連勝でG1大阪杯を勝ような素質馬です。

今回少しでも人気が落ちているなら積極的に狙いたい馬です。

よって、本命候補としてあげておきます。

【競馬予想無料公開】金鯱賞2022年のジャックドールを分析!今回の記事は金鯱賞2022年に出走予定のジャックドールを分析していきます。 そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきま...
【競馬予想無料公開】金鯱賞2022年のサンレイポケットを分析!今回の記事は金鯱賞2022年に出走予定のサンレイポケットを分析していきます。 そして本命候補としてピックアップできるかを考えていき...
広告

気になる記事はこちら