色々

【競馬予想無料公開】金鯱賞2022年のサンレイポケットを分析!

今回の記事は金鯱賞2022年に出走予定のサンレイポケットを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】金鯱賞2022年のサンレイポケットを分析

 

それではサンレイポケットを分析します。

7歳牡馬で父がジャングルポケット(トニービン系)
母父がワイルドラッシュ(ニアークティック系)

 

今回斤量が56キロですが、天皇賞秋を58キロで4着しているので56キロの斤量は味方になりそうです。

鞍上は鮫島克駿騎手ですが、6戦連続で騎乗中で乗り慣れています。生産者は様似共栄牧場(さまに)ですが、サンレイポケットしか重賞勝ち馬を出したことがないです。

スマイルくん
スマイルくん
ちなみに昨年の生産者牧場ランキングは86位でした。

 

戦歴は「5-4-4-11」

中京芝は「2-0-0-3」で
1勝2勝クラスを勝利しています。

芝2000mは「4-3-1-6」で
2000mが大特意の馬です。

重賞成績は「1-0-3-7」で

昨年の新潟大賞典(2000m)を勝利しています

 

昨年の金鯱賞を6着したあと、新潟大賞典で重賞初制覇しました。このレースではポタジェを最後クビ差差し切っての勝利で末脚が光っていました。

続く鳴尾記念は展開が向かずに6着と凡走しました。そして続く毎日王冠でも6着と凡走しましたが、続く天皇賞では3強に続く4着と好走しました。

スマイルくん
スマイルくん
天皇賞でもポタジェやヒシイグアスなどに先着していて、実力が付いたことを証明していました

 

そしてジャパンカップに挑戦し、またもや4着と好走しました。これを考えると、コントレイルやシャフリヤールのようなG1級の馬には負けますが、着実に重賞で好走できる力をつけています。

そして前走の京都記念は休み明けということもあり3着と敗れました。しかし、前残りの展開で3着に入ったことを逆に評価したいという感じです。

ここで参考レースとして天皇賞秋4着を振り返ってみます。

スタートは8番ゲートから普通に出て、中団からの競馬になりました。

レースは良馬場のなかスローの展開で、道中は16頭立ての8番手ぐらいを追走していました。

道中は手応えバッチリで残り1000mぐらいでは6番手まであがっていました。

そして最終コーナーで少し気合をつけられて回って直線に入りました。

直線にはいり追われ始めると伸びてはいましたが、3強のレベルが違い過ぎで届きませんでした。

しかし、前にいたポタジェはしっかりとかわして4着でした。

 

このレースはかなり遅いペースでの位置取りの有利不利があったレースでした。しかし、サンレイポケットは積極的な競馬で前目のポジションをマイペースでとれていました。

そしてそこから切れる末脚を出してポタジェをあっさりとかわしていました。

 

この競馬ができるようになったサンレイポケットは今が絶頂期に入った印象です。

 

前走は3着でしたが、叩かれて筋肉に張りが出ていて仕上がりが良さそうです。今が絶頂期で得意の2000mなら十分好勝負できると思います。

人気2頭が前でやりあうのを見て中団からサンレイポケットの末脚が爆発するかもしれません。

よって、本命候補にあげておきたいと思います。

 

広告

【競馬予想無料公開】金鯱賞2022年のサンレイポケットを分析!【まとめ】

昨年から力をつけてきていて絶頂期に入ったのは間違いないと思います。

天皇賞秋のレース振りを見ると、積極的な競馬もできるようになっています。

今回は強い2頭が前に行くので、それを見ながら競馬できるのも魅力的です。

よって本命候補としてあげておきます。

【競馬予想無料公開】金鯱賞2022年のジャックドールを分析!今回の記事は金鯱賞2022年に出走予定のジャックドールを分析していきます。 そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきま...
【競馬予想無料公開】金鯱賞2022年のレイパパレを分析!今回の記事は金鯱賞2022年に出走予定のレイパパレを分析していきます。 そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。...
広告

気になる記事はこちら