色々

【競馬予想無料公開】安田記念2022年の競馬の穴馬予想!前で粘る馬です

今回の記事は、6月5日(日)に東京競馬場で行われる安田記念に出走予定の馬達の中から穴馬を探して分析しました。

本命馬と違って馬券圏内に来て馬券的に魅力的な馬を探しました。

良かったら予想の参考にして下さいね。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】安田記念の穴馬予想のポイント

 

この記事の内容を簡単に説明すると、単勝予想オッズ⑦人気以下の馬の中から馬券に絡みそうな穴馬を探すという内容です。

まず、今回の穴馬を探すにあたりポイントにしたものが一つあります。

それは

前で粘り込む馬

にしました。

 

今回は人気んなしそうな馬達が後ろから行く馬が多いいです。

スマイルくん
スマイルくん
東京コースで外差しが決まりそうな雰囲気なのですが、そこを逆に考えてみました。

 

過去の安田記念を振り返ると、アエロリットやロゴタイプが逃げて馬券に絡んだり、先行して粘ったりとしている年がありました。この2頭はG1馬という共通点があり、強い馬なのであたりまえにも思えます。

今回の安田記念は逃げ馬不在ということで流れが速くならないので前に行く馬にもチャンスはあると見ました。

よって、前で粘り込む馬を探してみました。

 

 

競馬予想無料公開】安田記念の穴馬予想!穴馬発表

 

 

ここでネット競馬さんの単勝予想オッズを見てみます。

今回はこの⑦人気以下の馬のなかから1頭の穴馬を選びました。

それではその穴馬を発表します。

それは

11人気想定の ロータスランド です。

 

 

スマイルくん
スマイルくん
この馬の先行力とスピードはかなり魅力的だと思いますし、全然人気がなさそうなので面白いと思います。

それではロータスランドの簡単なデータを見ながら抜擢理由を説明していきます。

 

5歳牝馬で父がポイントオブエントリー(ロベルト系)
母父がスキャットダディ(ストームキャット系)

 

1歳下に父がサドラー系に変わりますが妹がいました。しかし全然活躍できずに地方競馬に移籍しました。

今回斤量が56キロですが、G3京都牝馬Sを56キロで勝利しているので問題はないと思います。

鞍上はデムーロ騎手ですが、今回初騎乗です。

スマイルくん
スマイルくん
ちなみに1週前追い切りではデムーロ騎手が騎乗して手応えを確認していました。

 

生産者は米国産の外国馬です。調教師は辻野さんですが、今年3年目で重賞勝ち馬は、このロータスランドのみです。

ちなみに関西の調教師ランキングは今31位なのですが、連対率だとベスト10位以内に入っているので馬券的には面白そうです。

そして馬主さんなのですが、ゴールドシップと同じオーナーさんです。

●戦歴は「6-4-0-4」

●東京芝は「0-0-0-1」

富士S 10着

●芝1600mは「4-1-0-3」

1200m・1400mでも好走している短距離タイプのマイラータイプです

●重賞成績は「2-1-0-3」

関屋記念(新潟1600m)1着
京都牝馬S(阪神1400m)1着

 

<G1成績>
阪神JF 12着
マイルCS 12着
高松宮記念 2着

 

若い頃は目立った活躍はなかったですが、昨年6月にリステッド競争の米子Sを格上挑戦で挑み、みごとに勝利しました。その次はG3中京記念を使いましたが、5着とやぶれました。

そして8月に関屋記念を使いカラテ、ソングラインなどに先着し勝利しました。そして10月に富士Sを使いましたが10着と敗れ、マイルCSを使い12着と大敗続きでした。

スマイルくん
スマイルくん
この頃は力負けなのか? 体調が悪かったのか? どちらかの判断は難しいところです。

 

これは私の憶測なのですが、

関屋記念では馬体が-8キロと減っていたのと、厳しいローテーションだったので、そのことを考えると疲れがピークに達していたのではないかと思いました。

 

昨年11月のマイルCSで大敗した後は、休養に入り今年2月の京都牝馬sを使いましたが、馬体が+18キロと増えていました。

それでも勝っていました。

スマイルくん
スマイルくん
やはり富士SとマイルCSは体調不良が少しはあったと見て良いと思います。

 

そして京都牝馬Sを勝利した後は、初の1200m戦がいきなりG1の高松宮記念でしたが重馬場を味方にし2着と好走しました。

高松宮記念は完全にパワー型のスプリンターが上位をしめていた感じでしたので、ロータスランドは湿った馬場にも対応できることがわかります。

東京競馬場の今週末は天気が不安定なので、少し時計がかかってもロータスランドは苦にならないです。

ここで参考レースとして、二走前の京都牝馬Sを振り返ってみます。

スタートは7番ゲートから普通に出て前目の位置をとりました。

レースは小雨の良馬場のなか平均Pで展開され、道中は18頭立ての2番手を追走していました。

道中は1400mのスピードにも対応できていて良い手応えで逃げた馬をマークしていました。

そして最終コーナーを少し気合をつけられながら回ってきました。
直線に入るとすぐに先頭に立ち、そこから一杯に追われると後続の馬達を退けての勝利でした。

 

 

このレースでロータスランドは馬体が+18キロ増えていましたが、疲労回復の分を差し引いても少し太い感じでした。

これは高松宮記念がー8キロで2着していたことでもわかります。この少し太目残りにもかかわらず京都牝馬では完勝していました。

そしてこのレースは残り400m地点から200mのラップがかなり速かったです。さすがに最後の200mは失速していましたが、馬体が太目残りということを考えたら十分合格点を上げられると思います。

ロータスランド自身は2番手からの競馬で上りが33.8秒でまとめているので強い内容だったと感じました。

あとは高松宮記念の成績をみても、今が完成期に入って脂が乗りきっている感じがします。

安田記念は展開の助けが必要だと思いますが、1400mでも通用するスピードで先行して、最後はそのまま粘り込むことを期待したいと思いました。

 

よって、人気が全然ないので狙ってみたい穴馬に抜擢させていただきました。

 

 

 

広告

【競馬予想無料公開】安田記念の穴馬予想!【まとめ】

ロータスランドは今が完成された時期だと思うし、5歳で後がないので狙うなら今しかないと思いました。

上位人気が不安要素がある感じもするので、展開しだいでは一発あってもおかしくない馬だと感じました。

チャンピオンズカップ2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「チャンピオンズカップ2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛...

 

広告

気になる記事はこちら