色々

【スプリンターズステークス2022年】ナランフレグ・タイセイビジョン・ヴェントヴォーチェを分析!

今回の記事はスプリンターズステークス2022年に出走予定のナランフレグ・タイセイビジョン・ヴェントヴォーチェを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

尚、この記事はパート①の続きでパ―ト②という形で紹介しています。

そして結論としては後日発表予定の「本命予想」で本命馬と馬券の買い目を発表します。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【スプリンターズステークス22022年】ナランフレグを分析!

 

まず、ナランフレグを分析します。

6歳牡馬で父がゴールドアリュール(サンデーサイレンス系)
母父がブライアンズタイム(ロベルト系)

 

今回の斤量は57キロですが、57キロで高松宮記念を勝っているので問題なしです。

鞍上は丸田恭介騎手ですが、主戦騎手なので乗り慣れています。

生産者は坂戸さんですが、重賞勝ち馬はナランフレグの高松宮だけです。

●戦歴は「6-5-3-16」

●中山芝は「0-1-0-3」

オーシャンS 2着

●芝1200mは「4-4-2-6」

スプリンターです

●重賞成績は「1-1-2-3」

高松宮記念 1着
オーシャンS 2着

 

昨年8月からの成績をみると

朱鷺S(L)で10着したあと、セントウルS10着、オパールS(L)②着、OPレース1着となりました。

そして今年に入り、シルクロードS3着、オーシャンS2着し、おそらくこの頃が全盛期ではないかという成績を残しました。

続くレースは高松宮記念に挑戦して8人気で勝利しました。

このレースは重馬場のハイPで展開も向いた感じでした。

そして前走は安田記念に挑戦し、マイルは明らかに長いはずでの9着という結果でした。

ここで参考レースとして、中山1200m戦のオーシャンsで2着したレースを振り返ってみます。

ちなみに勝ったのはジャンダルムでした。

スタートは10番ゲートから普通に出て、後方からんじょ競馬になりました。

レースは良馬場のなかハイPで展開され、道中は15頭立ての13番手ぐらいを追走していました。

道中はいつも通り後方から決め打ちで追走していました。

そして最終コーナーを気合いを付けられながら最後方で回って直線に入りました。

そして直線では、完全に届かないと思われた位置から、上り最速の33.5秒の脚で尽き抜けてきて2着まで押し上げました。

 

この時ナランフレグが使った脚は「33・5秒」ですが、一昨年のグランアレグリアがスプリンターズSで見せた上りが「33.6秒」なので、いかに凄い脚を使ったのかがわかります。

ただ、中山でのG1ということで、後ろから行くナランフレグには少し心配が残ります。

あとは今の中山は前が止まらないようなので、これまた心配です。

末脚は凄いものがあるとは思いますが、良くて3着までかな? と思います。

よって、本命候補にはあげられませんでした。

 

 

【スプリンターズステークス22022年】タイセイビジョンを分析!

 

次は、タイセイビジョンを分析します。

5歳牡馬で父がタートルボウル(ノーザンダンサー系)
母父がスペシャルウィーク(サンデーサイレンス系)

 

今回斤量が57キロですが、背負いなれているので問題はないです。

鞍上は福永騎手ですが、今回が初騎乗です。

ちなみに1週前調教では騎乗してました。

生産者は天下のノーザンファームです

●戦歴は「3-6-0-10」

●中山芝は「0-1-0-1」

リステッド競争 2着

●芝1200mは「0-5-0-3」

●重賞成績は「2-5-0-10」

京王杯2歳S(1400m) 1着
アーリントンC(1600m) 1着

 

昨年の8月からの成績を見てみます。

セントウルSで7着したあと、スプリンターSで12着、京阪杯2着、阪神C4着という結果でした。

そして年が明けて今年2月に阪急杯を使い8着、リステッド競争の春雷Sは2着と好走しました。

そして7月のCBC賞でも2着、前走の北九州記念でも2着と、3戦連続で2着という結果を残しています。
ここで参考レースとして、中山1200m戦のリステッド競争春雷Sを振り返ってみます。

スタートは13番ゲートから普通に出て、後方からの競馬になりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は16頭立ての11番手を追走していました。

道中はそこまで良い手応えではないですが、馬なりでゆったりと追走していました。

そして最終コーナー手前で追われて、コーナーを回ってきました。

直線に入ると、上りが2番目に早い32.8秒の脚で追い込んできましたが、2着が精一杯でした。

 

このレースは勝ち時計が「1:06.8秒」と早い決着でした。

この時計で勝たれてしまったら、後ろから行ったタイセイビジョンは届かないのは当たり前です。

スマイルくん
スマイルくん
そしてこの馬はナランフレグ同様、後ろから追い込んでくる馬です。

 

今回の中山の馬場は、そこまで早い時計にはならないと思いますが、なんせ前が止まらなそうです。

よって、ナランフレグ同様に展開の助けが必要になってくると思います。

よって、最後は届かない感じがしますので本命後方にはあげられませんでした。

 

 

広告

【スプリンターズステークス22022年】ヴェントヴォーチェを分析!

 

最後に、ヴェントヴォーチェを分析します。

5歳牡馬で父がタートルボール(ノーザンダンサー系)
母父がディスタント・ビュー(ミスプロ系)

 

今回の斤量は57キロですが、オープンに入ってからは初めて背負います。

ただ馬体が500キロ以上ある大型馬なので大丈夫そうです。

鞍上は西村淳也騎手ですが、2勝しているので相性は良いのではないかと思います。

生産者は下河辺牧場さんですが、アユサンやキセキなどG1馬は4頭出しています。

●戦歴は「6-1-1-4」

●中山芝は「1-0-0-0」

リステッド競争 1着

●芝1200mは「5-1-1-3」

スプリンターです

●重賞成績は「1-0-0-2」

キーンランドC 1着

 

昨年の7月に3勝クラスを勝利しオープン入りしました。そしてオパールS(L)で5着、北九州短距離S(OP)4着でした。

そして春雷S(L)で1着、函館SSで7着、アイビスSD9着という成績でした。

そして前走は札幌1200mのキーンランドCを使い初重賞制覇をしました。

ここで参考レースとして、先ほどタイセイビジョンでも紹介した、春雷Sを勝ったレースを振り返っ得てみます。

スタートは9番ゲートから普通に出て前目の位置をとりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は16頭立ての5番手ぐらいを追走していました。

道中は凄く良い手応えで追走していました。

そして最終コーナーを馬なりのまま良い手応えで周り直線に入りました。

直線に入ると、残り300mまで気合いを付ける程度でスピード感たっぷりでした

そして最後は2着のタイセイビジョンに3馬身差を付ける圧勝でした。

 

このレースは勝ち時計が「1:06.8秒」でロードカナロアのレコードにコンマ1秒差という早いものでした。

そして前が有利な馬場でもあり、展開に恵まれた感もありました。

ただ今年のこの頃の中山は高速馬場でもない感じがしていました。

スマイルくん
スマイルくん
それなのに、この時計で勝ったのは評価できると思います。

 

よってヒョットしたら中山は得意なのかもしれないと思いました。

そして前目で競馬できるのも今回は有利になるはずです。

あと前走の勝利を見る限り、今が絶頂期に入っていそうなので今回中穴人気なら狙いたい一頭だと思います。

よって、本命候補にあげさせていただきます。

 

【スプリンターズステークス2022年】ナランフレグ・タイセイビジョン・ヴェントヴォーチェを分析!【まとめ】

今回の分析をまとめると本命候補にあげたのは

ヴェントヴォ―チェ

の1頭のみでした。

ヴェントヴォ―チェは、そこまで人気にならないと思うし、展開も有利になるはずです。

内枠を引けたらかなり面白い存在になると思います

 

チャンピオンズカップ2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「チャンピオンズカップ2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛...
広告

気になる記事はこちら