色々

【桜花賞2022年】ナミュール・サークルオブライフ・ウォーターナビレラを分析!

今回の記事は桜花賞2022年に出走予定のナミュール・サークルオブライフ・ウォーターナビレラを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【桜花賞2022年】ナミュールを分析!

 

まず、ナミュールを分析します。

3歳牝馬で父はハービンジャー(デインヒル系)
母父はダイワメジャー(サンデーサイレンス系)

 

前走の馬体重は430キロと小さめの馬でが、筋肉がしっかりと付いていてキャシャな印象はないです。鞍上は横山武史騎手ですが、前走に引き続きで2回目の騎乗です。

生産者は天下のノーザンファームです。

スマイルくん
スマイルくん
ちなみに馬主はキャロットファームでエフフォーリアと同じです。

 

●戦歴は「3-0-0-1」

●阪神芝は「1-0-0-1」

前走のチューリップ賞を勝利しています。

●芝1600mは「3-0-0-1」

今まで全てマイル戦を使っています。
そして体型を見るとマイルが合いそうな感じです。

●重賞成績は「1-0-0-1」

チューリップ賞を勝利しています。

 

新馬戦は中京マイル戦を使い2馬身差で勝利しました。続く1勝クラスのレースは東京マイル戦を使い1馬身ちょっとの差を付けて勝利しました。

このレースの3着馬はスターズオンアースでしたが、のちにG3フェアリーsで2着、G3クインーンCで2着している馬でした。

そして昨年の阪神JFに挑戦しましたが、出遅れての4着でした。そして前走、今年の3月にチューリップ賞を使い2着に1馬身半差をつけて勝利しました。

スマイルくん
スマイルくん
このチューリップ賞は、3着サークルオブライフ、5着ウォーターナビレラと桜花賞でも人気になりそうな馬達に完勝していました。

 

このチューリップ賞では、サークルオブライフとウォーターナビレラは叩きのレースだったと思うので着差は参考外にしていいと思います。

ここで参考レースとして阪神JFを振り返って、4着に負けた敗因を考えてみます。

 

スタートは17番ゲートから出遅れて後方からの競馬になりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は18頭立ての16番手ぐらいを追走していました。

道中は出遅れに付け加えて、他の馬に体当たりされて飛ばされる不利があり、少しスムーズさを欠いていました。

残り600mではインの最後方で進路を探しながらの追走をしていました。

そして最終コーナーを馬なりで回りインコースを選択して直線に入りました。

そして直線では凄い脚で伸びてはいましたが、最後は大外を差してきたサークルオブライフに抜かれ4着が精一杯でした。

 

このレースは出遅れたので最初に少し脚をつかっていました。そして他馬に押されてインコースにバランスを崩す場面もありました。よって最初の600mでは、かなり自分のペースで走っていませんでした。

そして最終コーナー手前では手応えはバッチリでしたが、前が壁で進路を探していました。そして直線ではインのラチ沿いを選びましたが、芝の状態をみると明らかに状態が悪かったです。

スマイルくん
スマイルくん
サークルオブライフが通って来た大外と最内では、土が飛ぶ量を見てわかる通り芝の場外が違い過ぎています。

 

その一番悪い馬場を通ったにもかかわらず、ナミュールは最後は凄い脚を使っていました。出遅れて、他馬にリズムを崩されて、最後は馬場の悪いインコースを通ったという何も良い所がないレースでした。

これでいて最後は勝ったサークルオブライフに1馬身ちょっとの差しかついてませんでした。

スマイルくん
スマイルくん
これは明らかに負けて強しの印象のレースでした。

 

それを証明したのが前走のチューリップ賞の勝利だったと思います。

ナミュールは全てマイル戦を使っていて、桜花賞を目標に万全の態勢できているのも好印象です。

よって、人気になりそうですが本命候補にあげておきます。

 

スマイルくん
スマイルくん
この馬は強いと思います!

 

広告

【桜花賞2022年】サークルオブライフを分析!

 

次は、サークルオブライフを分析します。

3歳牝馬で父がエピファネイア(シンボリクリスエス系)
母父がアドマイヤジャパン(サンデーサイレンス系)

 

前走の馬体重は476キロですが、休み明けでー2キロなので少し心配です。ただ、フォトパドックを見ると前走より筋肉がついて感じなので、おそらく前走のマイナスは筋肉が落ちていたという勝手な想像をしておきます。

鞍上はデムさんですが、今まで全て騎乗していて乗り慣れています。

スマイルくん
スマイルくん
ちなみにデムさんはJRA所属になってから毎年G1を勝利していて、かなり大一番に強いもっている騎手なので怖いと思います。

 

生産者は千代田牧場さんですが、ホエールキャプチャやダノンプレミアのG1馬を出しています。ちなみに昨年の生産者ランキングは、14位でした。

●戦歴は「3-0-2-0」

●阪神芝は「1-0-1-0」

阪神JF 1着
チューリップ賞 3着

●芝1600mは「3-0-1-0」

新馬戦で3着以外は全てマイル戦を使っています。

●重賞成績は「2-0-1-0」

アルテミスS
阪神JF

を勝利しています。

 

新馬戦は新潟1800m戦を使いましたが、勝ったのが化け物級のイクイノックスなので無視しておきます。続く未勝利戦を2馬身半差の完勝をしました。

続くG3アルテミスSではこの前のクイーンC3着だったベルクレスタにクビ差の勝利をあげました。そして阪神JFに挑戦してみごとに大外からの差し切り勝ちをしました。

そして前走のチューリップ賞ではナミュールの3着と負けてしまいました。

ここでそのチューリップ賞を振り返ってみます。このレースはあくまでも桜花賞への叩き台という視点で考えてみます。

 

スタートは3番ゲートから普通に出て少し促されながら前目の位置を取りに行きました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は15頭立ての4番手を追走していました。

道中は最初の400mぐらいは促されていましたが、そこからはマイペースで追走していました。

そして最終コーナーを馬なりで回り直線に入りました。

そして直線では上りが3番目に早い脚を使い3着になんとか入ったという結果でした。

 

このレースはスタートから促されて前の位置を取りにいってました。そしてスタートからの2ハロン目のレースラップが早めだったので、ここで少し足を使ったのも厳しかったかと思います。

そして残り800m地点ぐらいからは、少し気合をつけられていましたが、やはり休み明けの影響があったのだと思います。そして最後の直線では、最後は少しバテ気味でふらついていました。

スマイルくん
スマイルくん
明らかに休み明けの影響が出た走りだと感じました。

 

勝ったのはナミュールだったので3着確保は逆に力のあることを証明したと思います。今回は1週前追い切りとフォトパドックを見る限り、前走より明らかに良くなっています。

本番では全力を出せる状態で来ると思うので、前走のような失速はないはずです。

 

よって、能力的にはナミュールと勝ち負けできる器だと思うので本命候補にあげておきます。

 

 

広告

【桜花賞2022年】ウォーターナビレラを分析!

 

最後にウォーターナビレラを分析します。

3歳牝馬で父がシルバーステート(ディープインパクト系)
母父がキングヘイロー(リファール系)

 

シルバーステートは今年2年目の種牡馬ですが、昨年は種牡馬ランキングで38位でした。ちなみに37位はクロフネで33位にはステイゴールドが入っていました。

前走の馬体重は478キロで2走前から+8キロと増えていましたが、フォトパドックを見る限り成長分だと思います。鞍上は武豊騎手ですが、3戦連続騎乗中で今回が4回目の騎乗です。

スマイルくん
スマイルくん
そして厩舎が武幸四郎厩舎なので、兄弟コンビで念願のG1制覇に期待がかかります。

 

生産者は伏木田牧場さんですが、1986年から競馬をしていますが、重賞勝ち馬はウォーターナビレラ以外に一頭だけ出したことがあります。

●戦歴は「3-0-1-1」

●阪神芝は「1-0-1-1」

ファンタジーS(1400m)を勝利しています

●芝1600mは「2-0-1-1」

1勝クラスのレースを勝利しています。

●重賞成績は「1-0-1-1」

ファンタジーS 1着
阪神JF 3着

があります。

 

新馬戦は札幌の1500m戦を使いましたが、逃げてスピードの違いで勝利しました。続く1勝クラスのレースは中山マイル戦でしが、2番手からの競馬で最後抜け出す強い内容で勝利しました。

続くG3ファンタジーS(阪神1400m)でも、2番手からの競馬で勝利しました。

スマイルくん
スマイルくん
このレースの2着馬は、この前のフィリーズレビューで2着だったナムラクレアだったので評価できます。

 

そして阪神JFに挑戦しましたが、勝ったサークルオブライフに1馬身差ぐらいの3着と負けてしまいました。このレースは最初の2ハロン目のラップが速かったので、ここでの区間で脚を使っていた影響が最後に響いたと思います。

そして前走はチューリップ賞を使いましたが、5着と敗れました。ここでそのチューリップ賞を振り返ってみます。

スタートは9番ゲートから普通に出て前目の位置を取りました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は15頭立ての4番手ぐらいを追走していました。

道中は鞍上が抑えて一旦残り800m地点では6番手ぐらいに下げていました。

そして最終コーナーもそのまま馬なりで回り、直線に入りました。

直線では手応え十分でしたが前が壁でなかなか思いっきり追えるタイミングがありませんでした。

そして結局最後まで進路が見つからずに、一杯に追えずに5着という結果でした。

 

このレースは最初の2ハロン目3ハロン目のラップが速かったので、鞍上が抑えてポジションを下げた競馬でした。本番への折り合いの勉強という感じもしますが、残り800mで前に行きたいところでも我慢していました。

そして結局最後まで思いっきり追えない競馬でした。

スマイルくん
スマイルくん
最後の直線ではサークルオブライフが直ぐ右前にいましたが、最後の伸び方を比べると明らかにウォーターナビレラの方が良かったです。

 

まともに追えていたら2着あったと思う勢いでした。今回武さんが少し控える競馬をしたことで、桜花賞では絶対に生きてくる競馬内容だと思います。

調教の動きと精神面を考えると昨年より成長しているのは明かです。

そして今年の阪神コースは、昨年に引き続きBコース使用の1週目なので前のインコースが伸びる馬場だと思います。

 

よってウォーターナビレラのスピードがあれば枠番しだいで一発あるような気もしています。

 

よって、本命候補にあげておきたいです。

 

広告

【桜花賞2022年】ナミュール・サークルオブライフ・ウォーターナビレラを分析!【まとめ】

今回の分析をまとめると、申し訳ないですが3頭とも本命候補になりました。

ただ、これではつまらないので順位をつけておきます。

1位 ナミュール
2位 ウォーターナビレラ
3位 サークルオブライフ

という評価です。

あとは追い切りと枠番で順位の入れかえがあるとい形です。

【桜花賞2022年】ライラック・プレサージュリフト・ナムラクレアを分析!今回の記事は桜花賞2022年に出走予定のライラック・プレサージュリフト・ナムラクレアを分析していきます。 そして本命候補としてピッ...
広告

気になる記事はこちら