色々

【ラジオNIKKEI賞2022年】ソネットフレーズ・グランディア・クロスマジェスティを分析!

今回の記事はラジオNIKKEI賞2022年に出走予定のソネットフレーズ・グランディア・クロスマジェスティを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

そして結論としては後日発表予定の「本命予想」で本命馬と馬券の買い目を発表します。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【ラジオNIKKEI賞22022年】ソネットフレーズを分析!

 

まず、ソネットフレーズを分析します。

3歳牝馬で父がエピファネイア(シンボリクリスエス系)
母父がキングカメハメハ(キングマンボ系)

 

今回斤量が54キロですが、デイリー杯2歳Sを54キロで2着しているので大丈夫だと思います。鞍上は津村騎手ですが、今回が初めての騎乗です。

ちなにみ1週前追い切りでは津村騎手が騎乗して手応えを確かめていました。

生産者はノーザンファームです。

 

●戦歴は「1-1-0-1」

●福島芝は初

●芝1800mは初

全て1600m戦を走って来た

●重賞成績は「0-1-0-1」

デイリー杯2歳 2着

 

 

新馬戦を勝利したあとは、G2デイリー杯2歳Sを使いセリフォスにクビ差の2着と惜しい結果でした。そこから約半年間休養し、休み明けの前走はNHKマイルを使い17着と大敗しました。

スマイルくん
スマイルくん
このNHKマイルは最後は手応えが悪く一杯には追っていないので、休み明けの影響があったと思われる大敗だと感じました。

 

ここで参考レースとして2着したデイリー杯2歳Sを振り返ってみます。

スタートは1番ゲートから普通に出て、前目の位置から競馬をしました。

レースは良馬場の中スローPで展開され、道中は7頭立ての③④番手を追走していました。

道中は手応えバッチリで前の馬達をマークする形で追走していました。

そして残り600mでレースのペースが上がりましたが、余裕で追走し最終コーナーを馬なりで回ってきました。

直線に入り追われると、前にいたプルパレイをしっかりと捕らえましたが後ろからセリフォスに抜かれての2着でした。

 

このレースはセリフォスとクビ差でしたが、これはスローの展開で最後の直線での位置取りの差でのもので、セリフォスとは力差がだいぶ開いている感じがしました。

ただ、プルパレイを抜かした瞬発力は上りが2番目に早い33.5秒の脚なので評価していいと思います。

スマイルくん
スマイルくん
しかもNHKマイル3着のカワキタレブリーと同じ上りを使っているのもいいと思います。

 

あとは福島コースの小回りが問題ですが、スピードがあるので上手く先行して立ち回れば最後の短い直線でも瞬発力が爆発して勝てるかもしれないと思います。

よって本命候補にあげさせていただきます。

 

 

【ラジオNIKKEI賞22022年】グランディアを分析!

 

次は、グランディアを分析します。

3歳牡馬で父がハービンジャー(デインヒル系)
母父がサンデーサイレンス(ヘイロー系)

 

兄弟には重賞勝ちがある、ドレッドノータスやディアデラマドレがいます。今回ハンデが54キロですが、最近は56キロばかり背負っているので軽く感じそうですね。

鞍上は坂井瑠星騎手ですが今回初騎乗です。ちなみに1週前追い切りで騎乗していて手応えを確認済みです。

生産者はノーザンファームです。

 

●戦歴は「2-1-1-2」

●福島芝は初

●芝1800mは「0-1-0-0」

小倉新馬戦 2着

●重賞成績は初

 

新馬戦で2着したあとは、未勝利戦をすぐ勝ちました。そして1勝クラスを使い③①着しました。

この1勝クラスで3着した時の1着馬は、後にホープフルs2着したジャスティンパレス、そして2着馬は後にきさらぎ賞3着したメイショウゲキリンだったので悲観しなくても良いと思います。

今年1月の若駒S(中京2000m)を使い4着という結果でした。そして前走は5月にプリンシパルsを使い5着と安定した成績でした。

ここでそのプリンシパルsを振り返ってみます。

 

スタートは6番ゲートから普通に出て、後方からの競馬になりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は15頭立ての11番手ぐらいを追走していました。

道中は少しいきたそうでしたが許容範囲内で後方を追走していました。

そして最終コーナーを手応えバッチリで馬なりで回ってきました。
直線に入ると一瞬進路が狭くなっていましたが、残り400m手前で一杯に追いはじめることができました。

そこからは上りが2番目に早い脚を使いましたが前が止まらずの5着という結果でした。

 

このレースは最後の400mのレースラップがそれほど速くなく、結果前の馬が残る形のレースでした。

その速くないレースラップにもかかわらずグランディアはジリジリ伸びての5着なのでパンチ不足の印象です。

 

上り最速の馬は2着の

キングズパレス「33.8秒」
グランディア「34.2秒」

の脚でした。

スマイルくん
スマイルくん
これを考えると、上り33秒台を出せないと重賞で勝には厳しい感じがします。

 

そして、今回は開幕週の福島コースということで先行しないと展開的にも厳しそうです。

よって今回は本命候補にはあげられませんでした。

 

 

広告

【ラジオNIKKEI賞22022年】クロスマジェスティを分析!

 

最後に、クロスマジェスティを分析します。

3歳牝馬で父がディーマジェスティ(ディープ系)
母父がカリズマティック(ストームバード系)

 

今回ハンデが53キロですが、今までで一番軽い斤量なので好走できる要因になるかもしれません。鞍上は三浦皇成騎手ですが今回が初騎乗です。

ちなみに1週前追い切りにはちゃんと騎乗してました。

生産者は藤原牧場さんですが、重賞勝馬はダンスディレクターのみを輩出したことがあります。

 

●戦歴は「2-1-1-1」

●福島芝は初

●芝1800mは初

全てがマイル戦

●重賞成績は「0-0-0-1」

桜花賞 13着

 

 

今まで全てのレースがマイル戦を使っていて1800mが心配です。

スマイルくん
スマイルくん
しかし馬体を見る限りですが、1800mでももちそうな体型をしている感じがしました。

 

そして前走よりお腹がスッキリしていて1800mでも大丈夫な仕上げ方のようにも思いました。ちなみに1週前追い良い動きで期待できる仕上がりだと感じました。

新馬戦で3着したあとは未勝利戦で②①着しました。そして今年の3月にアネモネSを使い勝利しました。

そして前走は桜花賞に挑戦しましたが、能力差での13着と大敗しました。

ここで参考レースとして2走前のアネモネSを振り返ってみます。

 

スタートは9番ゲートから普通に出て、前目の位置をとりました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は14頭立ての2番手を追走していました。

道中は折り合いバッチリ・手応えバッチリで逃げ馬を完全マークで追走していました。

そして残り400mでは先頭にならび最終コーナーを馬なりのまま回ってきました。

直線ではそのまま突き抜けて危なげなく勝利しました。

 

このレースはマイル戦でのスローPでしたが、折り合いに問題がない走りなので1800mも大丈夫のような気がしました。

そして先行できる脚質も今回の福島コースでは魅力です。

そしてこのレースの最後の400m地点からのラップをみると速い時計でした。

スマイルくん
スマイルくん
この走りだったら福島小回りも大丈夫だと思いました。

 

あと心配なのは、このレースの最後の200mで少し失速していたことです。これは馬の能力的なものか距離の問題なのかは正直わかりません。

ただそこまでバテてないので今回はハンデ53キロを味方に先行抜け出しで突き抜けるスピードは十分維持できると感じました。

よって、先行できるスピードと53キロのハンデを味方にできるので本命候補にあげさせていただきます。

 

 

【ラジオNIKKEI賞2022年】ソネットフレーズ・グランディア・クロスマジェスティを分析!【まとめ】

今回の分析をまとめると

本命候補にあげたのは

ソネットフレーズ
クロスマジェスティ

の2頭でした。

この2頭ではソネットフレーズのデイリー杯での走りが良かったので上とみています。クロスマジェスティも人気が出ないなら、けっこう面白いと思います。

スマイルくん
スマイルくん
ただしラジオNIKKEI賞は牝馬の成績が良くないのが気になりますが・・・
チャンピオンズカップ2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「チャンピオンズカップ2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛...

 

広告

気になる記事はこちら