色々

【競馬予想無料公開】弥生賞2022年のラーグルフを分析

今回の記事は弥生賞2022年に出走予定のラーグルフを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】弥生賞2022年のラーグルフを分析

 

それでは、ラーグルフを分析します。

3歳牡馬で父がモーリス(グラスワンダー系)
母父がファルブラヴ(ノーザンダンサー系)

 

今回斤量が56キロですが、今回初めて背負う斤量です。鞍上は丸田恭介騎手ですが、全レースで騎乗していて乗り慣れています。

生産者はスマイルファームですが、今年7年目の生産者さんで重賞勝ち馬は出したことがないです。

スマイルくん
スマイルくん
ちなみに昨年の生産者ランキングは52位でした。

 

戦歴は「2-0-1-1」

中山芝は「1-0-1-0」で
オープンレースの芙蓉S(2000m)を勝利しています。

芝2000mは1-0-1-0で
同じく芙蓉Sを勝利しています。

重賞成績は「0-0-1-0」で
前走のホープフルSでキラーアビリティの3着しています。

 

新馬戦は新潟1800m戦を使い9着と敗れました。続く未勝利戦も同じ条件でしたが、きっちりと差し切って勝利しました。

続くレースはオープン競争の芙蓉S(中山2000m)を使いクビ差で勝利しました。そして前走のホープフルSでは3着と好走しました。

ここでそのホープフルSを振り返って能力がどれぐらいかを考えてみます。

スタートは3番ゲートから普通にでて前目の位置で競馬をしました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は15頭立ての5番手を追走していました。

道中は少し行きたがっていましたが、許容範囲内という感じで追走していました

そして残り600mぐらいで少し気合をつける程度で加速していきました。

そして馬なりのまま最終コーナーをインを突いて回ってきました。

直線ではジリジリ伸びていき3着という結果でした。

 

このレースでラーグルフは少し行きたがる面を出していました。前走もそうだったので少し課題が残っている感じがします。

そしてラーグルフは終始インコースの経済コースを通っていました。

2番手で競馬していた馬が5着に残る展開だったので、前目の位置で経済コースを通って来たのも3着に来た要因だと感じました。

スマイルくん
スマイルくん
あとは稍重で勝利している経験もあるし、時計のかかる馬場が合っている感じもします。

 

今の開幕したての中山では少し厳しようにも感じました。

よって、本命候補にはあげられません。

 

 

広告

弥生賞2022年のラーグルフ分析【まとめ】

ホープフルSは3着と好走しましたが、結構恵まれた感が否めないレースだったと感じました。

そして開幕したばかりの中山コースも合うかが疑問です。

よって本命候補としては上げられませんでした。

広告

気になる記事はこちら