色々

【競馬予想無料公開】弥生賞2022年のドウデュースを分析!G1馬の実力はいかに!

今回の記事は弥生賞2022年に出走予定のドウデュースを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

競馬予想無料公開】弥生賞2022年のドウデュースを分析

 

それでは、ドウデュースを分析します。

3歳牡馬で父がハーツクライ
母父がヴィンディケーション(シアトルスルー系)

 

今回斤量が56キロですが初めて背負いますが、馬体が500キロ近くあるので問題なしです。鞍上は武さんですが、今まで全てのレースで騎乗していて乗り慣れています。

生産者はノーザンファームです。

戦歴は「3-0-0-0」

中山芝と芝2000mは今回初めてです。

重賞成績は「1-0-0-0」で
朝日杯を勝利しています。

 

新馬戦は小倉1800m戦を使いましたが、スローの展開で先行抜け出しで勝利しました。

スマイルくん
スマイルくん
このレースは最後の直線で叩き合いになって競り勝った勝負根性を評価したいレースでした。

 

続く2戦目は東京1800m戦のリステッド競争のアイビーSを使い勝利しました。そして、前走の朝日杯は重賞2勝のセリフォスを最後にあっさり抜かしての勝利でした。

ここでその朝日杯を振り返って能力がどれぐらいあるかを分析していきます。

スタートは9番ゲートから普通に出て中団からの競馬になりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は15頭立ての8番手を追走していました。

道中は折り合いバッチリで追走できていて初のマイル戦のペースにもついていけてました。

残り800mから徐々にポジションを上げていき、馬なりの凄い手応えのまま最終コーナーを回ってきまいた。

そして直線では残り400mで一杯に追われ、そのまま上り最速の脚で突き抜けて勝利しました。

 

このレースを見ると折り合いバッチリで反応も良い馬で操作性に問題はなさそうな感じです。

そして最後の直線では少しだけ他の馬が邪魔で外にハジケル場面がありましたが、そこからはレベルが一枚上の末脚で突き抜けていました。

そして、残り400mの一ハロンの時計がかなり早い脚を使っていて、ゴールまでしっかりと伸びていました。

これを見ると直線の短い中山コースでも一瞬で加速できる脚があるので問題はないと思います。

 

なによりドウデュースはかなり気が強そうな馬で叩き合いになったら負けない魅力もあります。

あと、心配な点は目標が先なので完全に仕上げてない点です。

しかし1週前追い切りの動きを見ると、やはり能力が高い走り方をしていて9割の仕上げでも通用すると思います。

スマイルくん
スマイルくん
圧倒的な人気になりそうですが3着以内は堅そうです。

 

よって、本命候補にあげておきます。

 

 

広告

弥生賞2022年のドウデュース分析【まとめ】

ドウデュースは目標が先なので仕上がりは完全には仕上げていません。

しかし能力は抜けている感じがしますので馬券圏内は堅そうです。

よって本命候補の筆頭としてあげさせていただきます。

 

★他の有力馬分析も参考にして下さい★

マテンロウレオ
ジャスティンロック

広告

気になる記事はこちら