色々

【競馬予想無料公開】フェブラリーステークス2022年のエアスピネルを分析!

今回の記事はフェブラリーステークス2022年に出走予定のエアスピネルを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】フェブラリーステークス2022年のエアスピネルを分析

 

それでは、エアスピネルを分析します。

9歳牡馬で父がキングカメハメハ
母父がサンデーサイレンス(ヘイロー系)

 

ちなみに競馬を始めたばかりの人でサンデーサイレンスを知らない人のために説明すると

サンデーサイレンスはディープインパクトの父でもありますが、日本競馬界を変えた最大の貢献馬です。

 

今回斤量が57キロですが、背負いなれているので問題なしです。鞍上はデムーロ騎手ですが、今回初騎乗で楽しみな騎手でもあります。

生産者は社台ファームです。

 

戦歴は「4-7-5-13」ですが、これは芝を含めているデータです。

ダートだけの戦歴は「0-4-1-4」で、勝ちきれないところが目立っています。

東京ダートは「0-2-1-0」

ダート1600mは「0-2-1-1」

ダート重賞成績は「0-4-1-4」

 

昨年のフェブラリーSではカフェファラオに詰め寄って2着という素晴らし成績を残りました。そのあとは芝のマイラーズCを使い8着でした。

そして、ダートに戻り地方G2でアルクトスの2着にはいりました。そして地方G1南部杯で6着と敗れました。

続く昨年11月の武蔵野Sではソリストサンダーの2着と好走し東京ダートは走るという証明をしていました。

そして前走のチャンピオンズCは9着でしたが、距離が長いように感じました。

ここで参考レースとして、今回と同じ条件の武蔵野Sで2着したレースを振り返っエみます。

スタートは14番ゲートから普通に出て前目のポジションを取りました。

レースは稍重のなか平均Pで展開され、道中は16頭立ての5番手を追走していました。

道中はスピード負けせずに手応えバッチリで追走できていました。

そして持ったままで最終コーナーを回り直線に入りました。

直線では凄い手応えでしたが前が壁になる場面があり追い出せませんでした。

そして外に進路をとって突き抜け始めましたが、ソリストサンダーを捕らえられずの2着でした。

 

このレースは最後の直線で前が壁になったのがすべてだっと感じました。

スマイルくん
スマイルくん
あの手応えで、もし前に進路があったら、おそらく最後はソリストサンダーと接戦だったと思います。

 

エアスピネルは道中余裕で追走できるスピードがあり、競馬はしやすい馬なので馬券圏内は十分狙えると思います。

そして何より日曜日の東京は途中で雨が降る予報です、おそらく稍重ぐらいにはなりそうな感じなので芝で鍛えたエアスピネルのスピードは脅威になると思います。

あとは鞍上のデムちゃんにも期待できます。

既に9歳ですが調教の動きは元気一杯なので心配はないと思いました。

よって応援を込めて本命候補に抜擢したいと思います。

 

スマイルくん
スマイルくん
6人気ぐらいなので馬券的に面白そうです。

 

 

 

広告

フェブラリーステークス2022年のエアスピネル分析【まとめ】

エアスピネルは既に9歳と能力低下がありそうですが、追い切りの動きを見る限り元気一杯で大丈夫総です。

そして東京マイルでは安定した成績を残しています。

この先行できるスピードと直線での末脚があれば今回も馬券圏内はありそうです。

よって本命候補に抜擢させていただきました。

他の有力馬が気になる人は下にリンクがあるので参考にしてください。

カフェファラオ
レッドルゼル
ソダシ

 

広告

気になる記事はこちら