色々

ウォーターナビレラ・ナミュール・エリカヴィータの1週前追い切り診断【オークス2022年】

5月22日(日)に東京競馬場の2400mで2022年のオークスが行われます。

今回の記事は、オークスに出走する

ウォーターナビレラ
ナミュール
エリカヴィータ

1週前追い切り診断をしていきます。

良かったら競馬予想の参考にしてください。

 

広告

ウォーターナビレラの1週前追い切り診断【オークス2022年】

 

次は、ウォーターナビレラを診断します。

栗東CWコースの良馬場で2頭併せで追い切られました。鞍上には武豊騎手が乗り最後に気合い付けをする内容でした。

調教時計は

6F 82.2
3F 36.9
1F 11.4

 

併せた相手は古馬オープン馬でしたが、馬なりの相手に対して最後はクビ差の遅れでした。併せた相手の内側で折り合いバッチリで追いかけてコーナーを回ってきました。

スマイルくん
スマイルくん
全く気負うことがない走りだったので良かったと思います。

 

直線では、ちょっと相手のかげで見にくかったのですが、脚の運びや重心はしっかりとしていて良かったと思います。ただ最後の最後では相手に少しだけですが手応えで見劣っている感じがしました。

ここらへんは桜花賞を使った何かしらの疲れが残っているのかもしれません。

 

よって評価はBとしておきます。

 

 

ナミュールの1週前追い切り診断【オークス2022年】

 

次は、ナミュールを診断します。

栗東坂路コースの良馬場で単走で追い切られました。鞍上には助手さんが乗り最後は一杯に追われる内容でした。

調教時計は

800m 54.3
400m 25.2
200m 12.0

 

凄くゆったりとした走りで坂路を駆け上がってきましたが、行きたがるそぶりは全くなく折り合いバッチリでした。

走りはフットワークがかなり軽くて、首も上手に使って体全体で跳ねているイメージの走りで調子は良さそうでした。

スマイルくん
スマイルくん
体の重心も全くブレることなく走っていて桜花賞の時よりもしっかりとした感じもしました。

 

そして最後手綱が緩むとスッと反応して脚の回転が早くなりました。最後は一杯に追われましたが、しっかりと走り切っていて余力もある感じで文句なしだったと思います。

 

よって評価はAです。

 

 

広告

エリカヴィータの1週前追い切り診断【オークス2022年】

 

最後に、エリカヴィータを診断します。

美浦Wコースの良馬場で2頭併せで追い切られました。鞍上には助手さんが乗り終始馬なりの調教内容でした。

調教時計は

5F 68.1
3F 38.4
1F 11.9

 

併せた相手はマジックキャッスルでしたが、馬なりの相手に対して最後は併入でした。2頭併せの外で先行する形でゆったりとコーナーを回ってきました。

走りは大きく足を使う走りで力強さも十分ありました。直線でスムーズに手前を変えると、脚の回転が早くなり加速しました。

鞍上は抑えたままでしたが、伸びのあるフォームで後ろ足のケリも強い走りで、気合いのりも十分感じられる走りでした。

ただ、鞍上は手綱をもったままでしたが、もう少し最後に伸びようとする走りだったら最高だったと思います。

 

よって評価はBとしておきます。

 

 

ウォーターナビレラ・ナミュール・エリカヴィータの1週前追い切り診断【オークス2022年】【まとめ】

今回の調教評価をまとめるとコチラです。

ウォーターナビレラ 評価B
ナミュール 評価A
エリカヴィータ 評価B

 

ナミュールは桜花賞の時より良く感じました。あとは馬体減りがないことかが心配ですね。

あと。。。距離か・・・

 

ラジオNIKKEI賞2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「ラジオNIKKEI賞2020年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛...
広告

気になる記事はこちら