色々

【セントウルステークス2022年】ダディーズビビッド・サンライズオネスト・ボンボヤージを分析!

今回の記事はセントウルステークス2022年に出走予定のダディーズビビッド・サンライズオネスト・ボンボヤージを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

尚、この記事はパート①の続きでパ―ト②という形で紹介しています。

そして結論としては後日発表予定の「本命予想」で本命馬と馬券の買い目を発表します。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【セントウルステークス22022年】ダディーズビビッドを分析!

 

まず、ダディーズビビッドを分析します。

4歳牡馬で父がキズナ(ディープインパクト系)
母父がフレンチデピュティ(ヴァイスリージェント系)

 

今回の斤量は56キロですが、背負いなれているので問題なしです。鞍上は竹之下騎手ですが、今まで7回騎乗したことがあります。

竹之下騎手が騎乗した成績は「1-2-2-2」と、なかなか相性は良さそうです。

生産者はウエミズ牧場さんですが重賞勝ち馬は出したことがないです

●戦歴は「3-4-2-7」

●中京芝は「2-4-0-2」

1勝クラス 1着
リステッド 1着

●芝1200mは「0-2-0-3」

オープン 2着
リステッド 2着

●重賞成績は「0-0-0-4」

 

昨年の5月にリステッド競争を勝利し、オープイン入りしてから初勝利しました。そのあとはOP⑯着、リステッド競争で③③⑭②着しました。

そして今年の2月に1200m戦のOPレースで10着したあと、G3オーシャンSで4着しました。

この馬は1400m戦がピッタリのイメージでしたが、この1200m戦のオーシャンSでは勝ったジャンダルムからコンマ2秒差なので、スプリント戦でもやれることを証明していました。

 

そのあとは、1200mのOPレースで2着、そして前走は1400m戦のリステッド競争で2着と、最近は安定した成績を残しています。

ここで参考レースとして、2走前の中京1200m戦鞍馬Sを振り返ってみます。

スタートは16番ゲートから普通に出て中段からの競馬になりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は18頭立ての10番手ぐらいを追走していました。

道中はいい手応えで馬なりで中段外目を追走していました。

そして最終コーナーもいい手応えで大外を回って直線に入りました。

直線でも気合いを付ける程度で凄い手応えでした。

そして残り300mで一杯に追われると、上りが3番目に早い脚を使い2着まで押し上げてゴールしました。

 

このレースは1分7秒台の早い時計の決着でしたが、道中の追走するスピードが十分あって、やはり1200mでも走れる馬と感じました。

それどころか凄い手応えだったので4歳になって、かなり成長したと思いました。

スマイルくん
スマイルくん
このレースの2着も前走の2着も少し展開のアヤもある2着なので、展開が向いたら重賞でも好走はできる能力はあると思います。

今回は前に行く強い馬がいるので、後ろから行くこの馬には展開が向きそうな気もします。

ただ開幕週の中京なので前が止まらない馬場になりそうな気がします。

よって前有利と考えると、本命にはあげられず相手候補としておきます。

 

 

【セントウルステークス22022年】サンライズオネストを分析!

 

次は、サンライズオネストを分析します。

5市牡馬で父がダイワメジャー(サンデーサイレンス系)
母父はジャングルポケット(トニービン系)

 

今回の斤量は56キロですが、G3阪急杯を56キロで3着してるので問題なしです。鞍上は横山典さんですが、今回初騎乗です。

生産者はヤナガワ牧場さんですが、キタサンブラックなどG1馬は4頭だしたことがあります。

●戦歴は「5-1-2-11」

●中京芝は「0-0-1-3」

3勝クラス 3着

●芝1200mは「1-0-0-2」

中山1200m 1着

●重賞成績は「0-0-1-2」

阪急杯 3着

 

昨年6月に3勝クラスを勝利しオープン入りしました。そのあとは、富士S11着、リステッド競争6着と1400mや1600m戦を良く使っていました。

そして今年に入り1200mのOPレースを使い、みごとに勝利をしました。続く1400m戦のG3阪急杯で3着し、高松宮記念に挑戦し9着と破れました。

そして前走は1200m戦の鞍馬Sで4着と好走しました。

この馬はスプリント戦は今年に入り使って合計3戦してますが、

オープンレース ①④着
高松宮記念 9着

とスプリント戦でも戦える成績をおさめています。

ここで参考レースとして、先ほどダディーズビビットでも紹介した鞍馬Sを振り返ってみます。

スタートは12番ゲートから普通に出て後方からの競馬になりました。
レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は18頭立ての13番手ぐらいを追走していました。

道中は少し追走スピードが弱いイメージで後方でジッとする競馬でした。

そして最終コーナーを追われながら回って直線に入りました。

直線では、少し前にいたダディーズビビットに差を広げられていきまいたが、最後の最後では良く伸びていて4着まで押し上げてゴールしました。

 

このレースでサンライズオネストは、ダディーズビビットと比べると少し追走スピードで負けている感じがしました。

ただ、最後の600mからはいい脚を長く使っていて、上り32.9秒の鬼脚を使っていました。

 

この馬は最後は安定した末脚を使える馬で、4走前に1200m戦のOPレースを勝った時は、こんなところから差し切れるのか! と言う感じの強い勝ち方をしていました。

さすがに高松宮記念では9着と負けましたので、G1級の馬には能力的には劣ります。

よって今回は相手が強いので本命にはあげられませんでした。

ただし、今回のレースは前に強い馬がいるので、後ろから行く馬にも馬券的にはチャンスはあると思いますので相手候補には入れたい一頭だと思います。

 

 

広告

【セントウルステークス22022年】ボンボヤージを分析!

 

最後に、ボンボヤージを分析します。

5歳牝馬で父がロードカナロア(キンカメ系)
母父がディープインパクト(サンデーサイレンス系)

 

全兄に3年前のセントウルSを勝利したファンタジスとがいます。

今回の斤量は54キロですが、前走の北九州記念は51キロで勝利しているので、今回の3キロ増は少し不安です。

鞍上は川須騎手ですが、いままで9回騎乗していて4勝してるので相性抜群という感じです。

生産者はアスクスタッドさんですが、重賞勝ち馬はボンボヤージのみです。

ちないにまだ今年5年目の生産者さんです。

●戦歴は「5-1-0-14」

●中京芝は「0-0-0-1」

セントウルs 12着

●芝1200mは「5-1-0-8」

●重賞成績は「1-0-0-4」

北九州記念 1着

 

昨年の7月に3勝クラスを勝利しオープン入りしました。

そして昨年の北九州記念で10着、セントウルS12着、リステッド競争11着と大敗が続いてました。

そして今年に入り2月にOPレースで8着、オーシャンS11着、リステッド競争10着、OPレース13着とこれまた大敗が続いていました。

そして、前走はG3の北九州記念(小倉1200m)を使い、16人気で勝利しました。

ここでその北九州記念を振り返ってみます。

スタートは1番ゲートから普通に出て、中段からの競馬になりました。
レースは良馬場のなかハイPで展開され、18頭立ての7番手ぐらいを追走していました。

道中は中段の内ラチ沿いを手応え良く追走していました。

そして最終コーナーも内ラチ沿いを馬なりで回ってきました。

直線に入ると上りが2番目に早い脚を使い、そのまま突き抜けて勝利しました。

 

このレースを見ると、ハイPで前が最後は止まり気味で、内ラチ沿いの経済コースを通ったボンボヤージに展開が向いた印象です。

スマイルくん
スマイルくん
しかもハンデ戦で51キロという利点もありました。

 

最終コーナー手前で同じ位置にいた馬達は、大外をまわして距離ロスがあった競馬でした。

そして何より、このレースで一番印象的だったのが3着のナムラクレアの末脚です。

ナムラクレアは最後の進路選択を間違った印象での負けなので、能力的にはナムラが一番強い感じがしました。

 

よって、ボンボヤージは今回は54キロの斤量ですし、厳しと思うので本命にはおせませんでした。

 

 

【セントウルステークス2022年】デダディーズビビッド・サンライズオネスト・ボンボヤージを分析!【まとめ】

今回の分析をまとめると、本命候補にあげたのは

すいません、いませんでした。

ダディーズビビットとサンライズオネストは、後方から行って最後は良くて馬券圏内の印象でした。

ボンボヤージは前走の勝ちで多少人気になるようなら他の穴馬を狙ってみたいと思いました。

 

スプリンターズステークス2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「スプリンターズステークス2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目...

 

広告

気になる記事はこちら