色々

【競馬予想無料公開】スプリングステークス2022年のアサヒを分析!

今回の記事はスプリングステークス2022年に出走予定のアサヒを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】スプリングステークス2022年のアサヒを分析

 

それでは、アサヒを分析します。

3歳牡馬で父がカレンブラックヒル(サンデーサイレンス系)
母父はデインヒル(ダンジグ系)

 

前走の馬体重が510キロでしたが、2走前の東スポ杯から+12キロと成長していました。鞍上は田辺裕信騎手ですが、主戦騎手なので乗り慣れています。

生産者はノーザンファームです。

戦歴は「1-3-0-1」

中山芝は「0-1-0-0」で

未勝利戦で2着しています。

芝1800mは「1-3-0-1」で

全レースで1800m戦を使っています。

重賞成績は「0-1-0-1」

東スポ杯(東京1800m) 2着
共同通信杯(東京1800m) 5着

 

 

新馬戦では札幌2歳S1着のジオグリフの2着と負け、続く未勝利戦では弥生賞を勝ったアスクビクターモアの2着と負けました。

続く未勝利戦ではキッチリと勝利し、東スポ杯に挑戦しイクイノックスの2着に入りました。

スマイルくん
スマイルくん
この東スポ杯を勝ったイクイノックスは化け物級という評判なので負けてもしょうがないとも思います。

 

そして前走の共同通信杯では、出遅れて後方からの競馬になってしまい5着と敗れました。共同通信杯は道中の行き脚も良くなかったので、推測ですが休み明けの影響が出たようにも感じます。

ここで参考レースとして、今回と同じ条件の未勝利戦で2着したレースを振り返ってみます。

尚、この時勝った馬は弥生賞を勝ったアスクビクターモアでした。

スタートは4番ゲートから出遅れて最後方からの競馬になりました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は13頭立ての13番手を最初追走していました。

道中は折り合いバッチリでゆったりと追走していましたが、1000m地点を過ぎるとペースが遅いので馬なりのままポジションをあげました。

そして最終コーナーでは5番手ぐらいで大外を回して直線に入っていきました。

直線では勝ったアスクビクターモアと叩き合いになりました。

そして最後は離されて1馬身半差の2着という結果でした。

 

このレースは出遅れが全ての印象で、前半がスローPで残り800m地点からポジションを上げるために長く足を使っていました。

そして勝ったアスクビクターモアは中山コースが得意の印象の馬なので負けたのもしょうなないとも思います。

スマイルくん
スマイルくん
ただ、前半がかなり遅いペースだったのにも関わらず、最後の坂で脚色が鈍っていました。

 

これを見るとひょっとしたら坂が苦手なような気もしました。坂は体の仕上がり具合で克服できると思いますが、圧倒的に勝てるというイメージが湧いてきません。

 

よって、3着以内という視点で考えて本命候補にはあげておきますが、他に勝ちきるイメージの馬が出てきたら、そちらを重視してたいと思います。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】スプリングステークス2022年のアサヒを分析!【まとめ】

未勝利戦で2着したレースを見るかぎり、中山の坂が苦手の用にも見えました。

ただ今は成長しているので克服する可能性もあると思いました。

今回のアサヒの評価は、3着以内いという視点で考えると本命候補としてあげられます。

 

広告

気になる記事はこちら