色々

【競馬予想無料公開】スプリングステークス2022年のアライバルを分析!

今回の記事はスプリングステークス2022年に出走予定のアライバルを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】スプリングステークス2022年のアライバルを分析

 

それでは、アライバルを分析します。

3歳牡馬で父がハービンジャー(デインヒル系)
母父がディープインパクト

 

スマイルくん
スマイルくん
姉に父ちゃんがキンカメに変わりますが、末脚切れるククナがいます。

 

前走の馬体重は498キロでしたが、2走前の新潟2歳Sから+16キロ増えていました。新馬戦からは+24キロ増えていて、かなりの成長をしている感じです。

今回のフォトパドックを見ましたが、前走の京成杯より筋肉に張りが出ていてムチムチ指定好印象でした。

鞍上はルメさんですが、前3戦で騎乗していてクセはつかんでいます。

生産者はノーザンファームです。

戦歴は「1-1-0-1」

中山芝は「0-0-0-1」で

前走の京成杯で4着しています。

芝1800mは今回が初めてです。

重賞成績は「0-1-0-1」で

新潟2歳Sで朝日杯2着のセリフォスの2着というのがあります。

 

新馬戦は上がり33.7秒の脚で勝利し、続く新潟2歳Sでは上り33.0秒の脚を使いましたが2着と負けました。

そして約5か月休養していて、休み明けの前走の京成杯では馬体重+16キロとかなり成長していました。なので多少の割引は必要だったレースでの4着だったので評価したいと思います。

ここでその前走の京成杯(中山2000m)戦を振り返ってみます。

スタートは5番ゲートから普通に出て中団からの競馬になりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は16頭立ての7番手を追走していました。

道中は折り合いは付いてましたが反応がイマイチの追走に見えました。

そして残り800mぐらいから気合いを付けられはじめ、残り600m手前から既に一杯に追われ始めていました。

そして最終コーナーでは前が壁だったので少し詰まりながら回ってきて直線に入りました。

直線では良く伸びていて上りが3番目に早い脚を使いましたが4着が精一杯でした。

 

このレースの印象は休み明けの影響もあると思いますが、道中の追走が楽ではなかったということが大きかったです。

スマイルくん
スマイルくん
新潟2歳Sでもそうですが、追走力に課題がありそうな馬です。

 

これを考えると中山コースより東京コースの方が合うのは間違いないと思います。ただ末脚は確かなものがあるので、叩かれた上積みと今回のメンバーだったら馬券圏内は十分あると見ています。

よって、3着以内の軸馬という視点で考えれば本命候補にあげたいと思います。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】スプリングステークス2022年のアライバルを分析!【まとめ】

前走は追走力がなかったですが、これは休み明けの影響かもしれません。

今回は叩かれたので上積みは十分です。

そして末脚は確かなものがあるので、3着以内という視点で本命候補にあげておきたいと思います。

広告

気になる記事はこちら