色々

【競馬予想無料公開】スプリングステークス2022年のアルナシームを分析!

今回の記事はスプリングステークス2022年に出走予定のアルナシームを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】スプリングステークス2022年のアルナシームを分析

 

それでは、アルナシームを分析します。

3歳牡馬で父がモーリス(グラスワンダー系)
母父がディープインパクト

 

前走の馬体重が426キロと小さい馬なのですが、フォトパドックを見る限り筋肉がしっかりと付いていて迫力は十分ありました。

鞍上は福永祐一騎手ですが、前走に引き続き2回目の騎乗です。生産者はノーザンファームでしす。

戦歴は「1-1-0-2」

中山芝は今回が初めてです。

芝1800mは「1-1-0-1」で

函館の新馬戦を勝利しています。

重賞成績は「0-0-0-2」で

朝日杯 4着
東スポ杯 6着

 

 

函館1800m戦の新馬戦を2馬身差で完勝したあとに、東スポ杯を使い6着と負けました。東スポ杯は出遅れて後方にいましたが、ずっとかかっていました。

そして抑えがきかないので結局は途中で先頭に立つ展開でした。しかし、当然こんなレースをしては負けて当たりまえなのですが、最後は6着という成績でした。

スマイルくん
スマイルくん
正直、能力は相当高いものがあると感じました。

 

続く朝日杯は4着でしたが、また出遅れてのものなので4着は逆に評価していいと思います。そして、前走は1勝クラスのレースを使いましたが2着と敗れました。

ここでその1勝クラスのレースを振り返ってみます。ちなみに勝ったのは東スポ杯3着、京成杯5着のテンダンスでした。

スタートは6番ゲートから出遅れることなくしっかりと出ていました。

レースは小雨の良馬場のなかスローPで展開され、道中は7頭立ての5番手を追走していました。

道中は折り合いを教えるためだと思いますが、少し掛かりながらの追走でした。

そして最終コーナーも凄い手応えで馬なりで回り直線に入りました。

直線では勝ったテンダンスと同じ上り最速の32.9秒の脚を使いましたが、届かずの2着でした。

 

このレースの2着という結果は全て展開のアヤだと思います。ただ、鞍上が競馬を教えるために折り合い重視の走りをさせていたのでしょうがない結果だったと思います。

超スローの展開で最後の3ハロンの勝負だったのですが、

スマイルくん
スマイルくん
最後は上がり32.9秒の脚を使ったこと自体を評価したいと思います。

 

ただ、出遅れ癖があるのと折り合いが付かない気性を考えると、1800mより短い距離が合う気がします。

能力は間違いなくあるので全てがうまくいったら勝つ可能性もあると思いますが、安定力がなさすぎなので今回は馬券の相手候補が妥当だと思います。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】スプリングステークス2022年のアルナシームを分析!【まとめ】

アルナシームは出遅れ癖と道中で掛かるところがあるので気性がまだ子供だと感じました。

今回は重賞レースということで、能力は高いと思いますが本命候補にはあげられませんでした。

ただ、馬券の相手には入れておきたい一頭だと思います。

広告

気になる記事はこちら