色々

【エルムステークス2022年】オメガレインボー・ウェルドーン・ブラッティーキッドを分析!

今回の記事はエルムステークス2022年に出走予定のオメガレインボー・ウェルドーン・ブラッティーキッドを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

そして結論としては後日発表予定の「本命予想」で本命馬と馬券の買い目を発表します。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【エルムステークス22022年】オメガレインボーを分析!

 

まず、オメガレインボーを分析します。

6歳牡馬で父がアイルハヴアナザー(フォーティナイナー系)
母父がアグネスタキオン(サンデーサイレンス系)

 

今回斤量が56キロですが、最近3走では65.5キロを背負っていました。そして身体が大きくはない馬なので軽くなるのは良いですね

鞍上は横山和生騎手ですが、10回騎乗経験があってクセはつかんでいそうです。

生産者は岡田スタッドさんですが、大手さんなので安心です。

●戦歴は「5-5-4-14」

●札幌ダートは「0-1-0-1」

1勝クラス 2着・5着

●ダート1700mは「2-3-1-0」

1勝クラス
2勝クラス

●重賞成績は「0-1-2-4」

エルムS(昨年)2着

 

昨年6月にオープンクラスで初勝利し、そのあとはマリーンS2着しました。そして昨年のエルムsで2着し、11月の武蔵野Sでは3着と好走しました。

そしてG3カペラSを使い3着に入りました。

続くレースは今年の1月に根岸sを使い5着という成績で、次がマーチSを使い7着という結果でした。

そして今年5月にリステッド競争栗東Sで3着したあと、前走のマリーンSでは4着という結果でした。

スマイルくん
スマイルくん
成績は安定していますが、成績を見る限り脚の使いどころが難しい感じの馬のようです。

 

ここで参考レースとして前走のマリーンSで4着したレースを振り返ってみます。

 

スタートは12番ゲートから少し躓きながら出て、中段からの競馬になりました。

レースは小雨の良馬場のなか平均Pで展開され、道中は14頭立ての7番手ぐらいを追走していました。

道中は手応えバッチリで中段の位置でゆったりと追走していました。
そして残り600mを過ぎると気合いを付けられ始めました。

そして差し最終コーナーを追われながら回ってきて直線に入りました。

直線ではジリジリ伸びましたが、見せ場なくの4着という結果でした。

 

このレースはだいたい同じようなレースの流れで、道中はゆったりと脚をためることができていました。

ただ、レースラップを見ると、最後は前にいた馬達に有利な流れのレースだったので4着でもしかたがないような気もします。

ただし、もう少し最後は切れる末脚を見せてくれたら重賞を勝てる器になるのかな? とも思いました。

あと前走は少し位置取りが後ろだったのと、斤量が56.5キロと重かったです。

今回は56キロに減るのと、もう少し前で競馬すれば安定力があるので馬券圏内はあると思います。

勝ちきれる武器はないですが、安定力が魅力なので馬券圏内という意味で現時点では本命候補にあげさせていただきます。

 

 

【エルムステークス22022年】ウェルドーンドを分析!

 

次に、ウェルドーンを分析します。

4歳牝馬で父がヘニーヒューズ(ストームキャット系)
母父がダンスインザダーク(サンデーサイレンス系)

 

今回斤量が54キロですが、前走マリーンS2着時が53キロだったので1キロ増えます。ただ馬体が500キロ以上ある馬なので大丈夫だと思います。

鞍上は武騎手ですが、3戦連続騎乗中で、今回が7回目なので慣れています。

生産者は浜本牧場さんですが、今まで重賞勝ち馬は2頭だしたことがあります。

●戦歴は「4-3-4-5」

●札幌ダートは初

●ダート1700mは「0-2-0-0」

●重賞成績は、JRA重賞は初挑戦ですが、地方重賞は「1-0-2-2」で川崎の関東オークスを勝利しています。

 

昨年5月にリステッド競争を勝利したあと川崎競馬の関東オークスを使い勝利しました。そのあとは地方G1ジャパンDダービーで3着と好走しました。

スマイルくん
スマイルくん
このレースではユニコーンS勝ちのスマッシャーに先着しているので評価できます。

 

続くレースは地方競馬の重賞を使い、③⑥という結果でした。そして前走は久しぶりにJRAのマリーンSを使い2着と好走しました。

ここでそのマリーンSを振り返ってみます。

スタートは11番ゲートから普通に出て、前目の位置を取りました。

レースは小雨の良馬場のなか平均Pで展開され、道中は14頭立ての2番手を追走していました。

道中はスピードがあるので余裕の走りで手応えバッチリで2番手を走っていました。

そしてこの馬の脚サバキには力強さがあっていい走りだと感じました。

そして残り400m手前で気合いを付けられて最終コーナーを回ってきました。

直線に入ると、逃げていた馬を残り200mで抜かしていきましたが、最後は出し抜けを食らった感じで抜かれてハナ差の2着でした。

 

このレースは道中はだいたい同じぐらいの一定のペースで流れていました。そして残り200mのラップが遅くなっていました。

細かい数字は言いませんが、

スマイルくん
スマイルくん
この流れだったらもう少し最後頑張っていてくれれば最高だと感じました。

 

このレースぶりだと自信をもって勝てるとは言い切れない実力だと感じました。

ただ、スタートからのスピードが早くて、前で競馬できるので最後は粘るイメージは湧いてきます。

よって、強い相手がまだ見つからないので本命候補にあげさせていただきます。

 

 

広告

【エルムステークス22022年】ブラッティーキッドを分析!

 

最後にブラッティーキッドを分析します。

4歳牡馬で父がシニスターミニスター(エーピーインデー系)
母父がタヤスツヨシ(サンデーサイレンス系)

 

今回斤量が56キロですが、前走3勝クラス勝利から1キロ増えます。
ただ馬体が500キロあるのでさほど問題はないと思います。

鞍上は水口騎手ですが、地方競馬以外は全て騎乗しているので乗り慣れています。

生産者は高橋ファームさんですが、重賞勝ち馬は出したことがないです。

ちなみにゴールドシップが勝った菊花賞で3着だったユウキソルジャーの生産者です。

スマイルくん
スマイルくん
すいません! 懐かしい名前だったので取り上げました。

 

●戦歴は「8-4-2-6」

地方「5-1-0-0」

●札幌ダートは「1-2-0-2」

3勝クラス 1着

●ダート1700mは「3-3-1-3」

1勝・2勝・3勝クラス 1着

●重賞成績は初

 

昨年4月に未勝利戦でデビューしましたが11連敗し地方競馬に行きました。地方では2着したあと5連勝と素晴らしい戦歴を残しました。

そして今年6月に中央の1勝クラスを使い勝利、続く2勝クラス3勝クラスと3連勝しました。

スマイルくん
スマイルくん
なんと地方と中央で現在8連勝中です。

 

ここで参考レースとして、前走の札幌ダート1700mの3勝クラスのレースを振り返ってみます。

スタートは7番ゲートから普通に出て、中段からの競馬になりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は10頭立ての6番手を追走していました。

道中は手応えバッチリで中段を追走していました。

そして残り600mを切ると終われ始め、最終コーナーを回ってきました。

直線に入ると、最後の200mから一気に伸びるという感じで、そのまま2馬身半差を付けての勝利でした。

 

このレースの道中のラップを見ると、3勝クラスなのでそれほど早いラップではなかったです。

そのなか最終コーナーの走りを見ると、少しぎこちなさを感じました。

もしかしたらコーナーリングで加速できないかもしれません。今回は重賞レースなので、ここら辺が不安です。

あとはこの馬は、6月にレースを使ったあと、7月に2回使っています。

そして、中1週でエルムsに出走です。

スマイルくん
スマイルくん
そしてフォトパドックを見ましたが、アバラが浮き上がっていました。

 

薄っすらでなく、最初見たは痩せすぎではないかと思いました。

私は馬体の専門家ではないので、なんとも言えませんが、ちょっと馬が可哀相に思えました。

よって、今回は人気にもなるかもしれないので消しでいきます。

 

【エルムステークス22022年】オメガレインボー・ウェルドーン・ブラッティーキッドを分析!【まとめ】

今回の分析をまとめると、本命候補にあげたのは

オメガレインボー
ウェルドーン

の2頭でした。

オメガレインボーは前走より斤量が軽くなるし、馬体に張りが出てきているので今回は力を出せるできだと思います。

ウェルドーンは先行力が魅力的ですね。

チャンピオンズカップ2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「チャンピオンズカップ2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛...
広告

気になる記事はこちら