色々

【関屋記念2022年】イルーシヴパンサー・ダノンザキッド・スカイグルーヴを分析!

今回の記事は関屋記念2022年に出走予定のイルーシヴパンサー・ダノンザキッド・スカイグルーヴを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

そして結論としては後日発表予定の「本命予想」で本命馬と馬券の買い目を発表します。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【関屋記念22022年】イルーシヴパンサーを分析!

 

まず、イルーシヴパンサーを分析します。

4歳牡馬で父がハーツクライ(サンデーサイレンス系)
母父がキングカメハメハ(キングマンボ系)

 

今回斤量が56キロですが、東京新聞杯を56キロで勝っているので問題なしです。

しかも今回人気になりそうなダノンザキッドより1キロ軽いので魅力的です。

鞍上は田辺裕信騎手ですが、5戦連続騎乗中で乗り慣れています。

生産者は追分ファームさんですが、フェノーメノやペルシアンナイトのG1馬を輩出しているスキルの高い生産者さんです。

●戦歴は「5-2-0-3」

●新潟芝は「1-0-0-0」

新馬戦を勝利しています。

●芝1600mは「4-1-0-1」

新馬戦 1着
1勝・2勝クラス 1着
東京新聞杯 1着

●重賞成績は「1-0-0-3」

東京新聞杯 1着

 

一昨年の8月に新馬戦を勝利したあと、1勝クラスで②②着しました。続いてスプリングsに挑戦しましたが、ヴィクティファルスの4着と破れました。

そして皐月賞に挑戦し10着と大敗しました。そして自己条件に戻り1勝・2勝・3勝クラスと3連勝しました。

そして今年に入り、2月の東京新聞杯では2着のファインルージュに1馬身ちょっとの差を付けて勝利し4連勝しました。

スマイルくん
スマイルくん
イルーシヴパンサーの4連勝は全て東京コースのもので、3勝がマイル戦ということで東京マイルが大特意の印象です。

 

そして前走は安田記念を使いましたが、後方から追い込んできましたが、8着が精一杯という結果でした。

ただ、8着ですが勝った馬からコンマ2秒差なので、接戦だったことがわかります。

ここでその安田記念を振り返ってみます。

スタートは8番ゲートから普通に出て、後方に徐々に下がっていきました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は18頭立ての17番手ぐらいを追走していました。

道中は後方にさがっての競馬で、脚をためながらマイペースで追走していました。

そして最終コーナーでも最後方で回ってきて直線にかけるという競馬でした。

直線では、良く伸びていましたが、スローPということで前の馬が良く伸びていて届かずの8着という結果でした。

 

このレースを見ると、やはりスタートからのダッシュ力がなくて後ろからの競馬になっていました。

東京新聞杯もそうでしたが、この点が解消されればかなり強い馬の印象です。

スマイルくん
スマイルくん
ただ安田記念は上り最速タイの32.6秒の鬼脚を使っていました。

 

末脚はいつも凄いものがあるので、今回の直線の長い新潟コースは味方になりそうです。

そして、今の新潟は早い時計も出るのでイルーシヴパンサーにはピッタリのイメージです。

よって、末脚が魅力的なので本命候補にあげさせていただきます。

 

【関屋記念22022年】ダノンザキッドを分析!

 

次に、ダノンザキッド を分析します。

4歳牡馬でイルーシヴパンサーと同世代ですね。

父がジャスタウェイ(サンデーサイレンス系)
母父がダンジリ(デインヒル系)

 

今回斤量が57キロでイルーシヴパンサーより1キロ重いのは少し気になります。

鞍上は川田将雅騎手ですが、新馬戦以外は全て騎乗していて乗り慣れています。

生産者はノーザンファームです。

●戦歴は「3-0-2-4」

●新潟芝は初

●芝1600mは「0-0-1-2」

マイルCS 3着

●重賞成績は「2-0-2-4」

東スポ杯 1着
ホープフルS 1着

 

一昨年に新馬戦、東スポ杯、ホープフルSと3連勝した実力馬です。
ホープフルSのあとは弥生賞を使いタイトルホルダーの3着と敗れました。

続く皐月賞も15着と敗れ休養に入りました。そして昨年10月の富士Sで復帰して4着したあと、マイルCSで3着に入りました。

そして年が明け、今年の2月の中山記念では7着に破れ、続く安田記念でも6着と破れてしましました。

ここでその安田記念を振り返ってみます。

スタートは4番ゲートから普通に出て、前目の位置を取りました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は18頭立ての2番手を追走していました。

道中はスローPを見越して、4番手追走から2番手のポジションにあげていました。

そして最終コーナーも良い手応えで回ってきて直線に入りました。

直線では、良く伸びていましたが後ろの馬達に抜かれて6着という結果でした。

 

このレースはスローPということで2番手からの競馬をしていました。直線に入ると、良いところまでいきそうな感じでしたが、最後は伸びませんでした。

スマイルくん
スマイルくん
結局は上り32秒台の脚を使えないと勝てないレースだったのでしょうがないとも思います。

 

ただ、最後はすぐ後ろで競馬をしていた、ファインルージュに抜かれているし、最後は少しフラフラになっていたので、そこらへんが実力差なのかもしれません。

ただ、今回は相手のレベルが落ちるし、仕上げ方次第で好走してもおかしくない能力はあると思います。

よって、最終追い切りしだいですが、本命候補にあげさせていただきます。

 

 

広告

【関屋記念22022年】スカイグルーヴを分析!

 

最後にスカイグルーヴを分析します。

5歳牝馬でデアリングタクト世代です。

父がエピファネイア(シンボリクリスエス系)
母父がキングカメハメハ(キングマンボ系)

 

今回斤量が54キロですが、54キロで重賞2着しているので問題なしです。

鞍上はルメール騎手ですが、今まで7回騎乗経験があり、乗り慣れています。

スマイルくん
スマイルくん
ルメさん久しぶりの日本競馬なのでリフレッシュできていて怖いかもしれませんね。

生産者はノーザンファームです。

●戦歴は「2-4-0-4」

●新潟芝は初

●芝1600mは「0-0-0-1」

●重賞成績は「0-3-0-2」

京成杯 2着
京都牝馬S 2着
京王杯SC 2着

 

3年前の11月に、新馬戦を勝利したあと、京成杯で2着、フローラsで5着しました。そこから休養に入り、一昨年の9月に紫苑sを使い9着と破れました。

そして自己条件戦を戦い、3勝クラスで⑮②⑤①着と4戦目で勝利してオープン入りしました。

この頃の成績を見ると、1400m戦以下で好走しているので短い距離がピッタリのイメージの馬です。

そして今年の2月に京都牝馬Sを使いロータスランドの2着と好走しました。そして前走は京王杯SCに挑戦しメイケイエールの2着に好走しました。

スマイルくん
スマイルくん
只今、1400mの重賞で連続2着という勢いがあります。

ここでその京王杯SCを振り返ってみます。

スタートは4番ゲートから普通に出て、中段からの競馬になりました。

レースは良馬場のなか平均Pで展開され、道中は12頭立ての7番手ぐらいを追走していました。

道中は中段から前をうかがっていましたが手応えバッチリで追走できていました。

そして最終コーナーで少しだけ気合いを付ける程度で、直線に入りました。

そして残り400mで一杯に追われ始めましたが、勝ったメイケイエールが止まらずに2着まででした。

 

このレースを見ると、やはりスピードがある馬で早い時計勝負にも対応できそうな走りです。

重賞で連続2着しているので力もつけてきている感じです。

スマイルくん
スマイルくん
ただ、距離が今回マイル戦ということで、距離が少し不安になりました。

 

鞍上がルメさんなのでそこらへんは何とかしそうで怖いのですが、今回は相手がG1級の馬がそろっているので能力的に通用するかが心配です。

よって、本命候補にはあげれませんでした。

 

 

【関屋記念22022年】イルーシヴパンサー・ダノンザキッド・スカイグルーヴを分析!【まとめ】

今回の分析をまとめると、本命候補にあげれたのは

イルーシヴパンサー
ダノンザキッド

の2頭でした。

この2頭は斤量差が1キロあるので、そこらへんが予想のポイントになりそうですね。

スプリンターズステークス2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「スプリンターズステークス2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目...

 

広告

気になる記事はこちら