チャンピオンズカップ

【マイルチャンピオンシップ2022年】シュネルマイスター・サリオス・ソダシ・セリフォス・ダノンスコーピオン・ソウルラッシュの追い切り診断!

マイルチャンピオンシップ2022年が11月20日(日)に阪神競馬場で行われます。

今回の記事は、マイルチャンピオンシップに出走する

シュネルマイスター
サリオス
ソダシ
セリフォス
ダノンスコーピオン
ソウルラッシュ

の追い切り診断をしていきます。

良かったら競馬予想の参考にしてください。

 

広告

【マイルチャンピオンシップ2022年】シュネルマイスターの追い切り診断!

 

まず、シュネルマイスターを診断します。

美浦コースの稍重の馬場で2頭併せで追い切られました。鞍上には助手さんが乗っていました。

調教時計は

6F 85.0
3F 37.7
1F 11.5

併せた馬は古馬オープンのワーケアでしたが、霧のため見えませんでした。

スマイルくん
スマイルくん
今回はかなり濃い霧のために調教がほぼみれませんでした。

ただ、最後併せたワーケアを追いかけていましたが、しっかり追いついていた感じに見えました。

ここらへんの反応は良いのかな?とも思いました。

ただ今回の映像では評価ができないので、1週前追い切りの動きと私の憶測で判断します。

1週前追い切りでは良くも悪くもない感じでした。

よって、評価はBまでとしておきます。

 

【マイルチャンピオンシップ2022年】サリオスの追い切り診断!

 

次は、サリオスを診断します。

美浦Wコースの稍重の馬場で2頭併せで追い切られました。鞍上にはムーア騎手が乗り終始馬なり調教でした。

調教時計は

5F 63.0
3F 36.0
1F 11.8

 

併せた相手は古馬2勝クラスの馬でしたが、強めに追われた相手に対して最後はクビ差ぐらいの先着でした。

相手の外側で先行する形で、ゆったりとコーナーを回ってきました。

脚サバキはしっかりしていて、力強いかき込みをしていました。

フットワークを見ると、素軽くて前走の調子は維持していそうに感じました。

スマイルくん
スマイルくん
ただ前走と比べると、うなるような気合いのりが無い感じに見えました。

 

これは早い時計を出しているのと、鞍上が抑えていたのもありますが、前走が最高だったと思いました。

動きは良かったですが、少し割り引いて評価はBとしておきます。

 

広告

【マイルチャンピオンシップ2022年】ソダシの追い切り診断!

 

次は、ソダシを診断します。

栗東坂路コースの良の馬場で2頭併せで追い切られました。鞍上には吉田隼人が乗り終始馬なりの追い切りでした。

調教時計は

800m 52.3
400m 23.7
200m 11.9

併せた相手は2歳1勝クラスの馬でしたが、一杯に追われた相手に対して最後は2馬身ちょっとの先着でした。

相手を追いかける形で、ゆったりと坂路を駆け上がってきました。

前脚を大きく使ってダイナミックなフットワークで走っていました。

鞍上の手は持ったままで、かなりゆったりと走っている感じでしたが、もったままで相手を簡単に抜かしていきました。

相手は2歳馬なので当たり前ですが、並ぶ間もなく余力十分で抜かしていました。

ただかなりゆったりの走りに見えましたが、最後の時計が早かったです。

これはかなり体調が良い証拠だと思います。

力みのない走り方に成長しているので、力は出せる状態だと思います。

評価はAです。

 

【マイルチャンピオンシップ2022年】セリフォスの追い切り診断!

 

次は、セリフォスを診断します。

栗東CWコースの良の馬場で2頭併せで追い切られました。鞍上にはレーン騎手が乗り終始馬なりの内容でした。

調教時計は

7F 99.3
3F 36.6
1F 11.3

併せた相手は古馬1勝クラスの馬でしたが、一杯に追われた相手に対して最後はアタマ差の先着でした。

レーンさんが初めて乗ってましたが、折り合いは問題なく、軽やかなフットワークでコーナーを回ってきました。

前脚を前へ前へと柔らく大きく使っていて、力強さもある走り方でした

そして身体の軸もしっかりと安定していて、脚の回転もキビキビしていてスピード感たっぷりでした。

7ハロンという長目の調教ながら最後のラップが11.3秒と早かったです。

しかも余力十分でお釣りがある感じでした。

走るフォームからして能力の高さがわかりますが、今回は完璧な仕上げで挑めそうで楽しみです。

評価はAです。

 

広告

【マイルチャンピオンシップ2022年】ダノンスコーピオンの追い切り診断!

 

次は、ダノンスコーピオンを診断します。

栗東坂路コースの良の馬場で単走で追い切られました。鞍上には助手さんが乗り終始馬なりの追い切り内容でした。

調教時計は

800m 52.0
400m 24.3
200m 12.0

 

単走でゆっとりと坂路をかけてきましたが、脚の使い方が力強かったです。

鞍上の手はガッツリと抑えていましたが、馬にパワフルさがあって迫力がありました。

前脚を高く上げて力強く振り下ろし、後ろ足もケリが強くてチップが天高く舞っていました。

スマイルくん
スマイルくん
一歩一歩がかなり力強くて、前に進む力を生んでいました。

前走の追い切りも良かったですが、今回はさらに良くなった感じがして、叩かれた効果は大きいと思いました。

余力十分で最後までしっかりと走り切っていて、時計も良かったので仕上げは完璧に見えました。

評価はAです。

 

【マイルチャンピオンシップ2022年】ソウルラッシュの追い切り診断!

最後は、ソウルラッシュを診断します。

栗東坂路コースの良の馬場で単走で追い切られました。鞍上には助手さんが乗り最後少し気合い付けをつけられました。

調教時計は

800m 52.4
400m 24.5
200m 11.8

単走でゆったりと坂路を駆け上がってきました。

脚の使い方がしっかりとしていて、一定のリズムで走っていて軸も安定していました。

首を上手に使って推進力を生む走りで良かったと思います。

そして走り方を見ると、パンパンの良馬場よりは、時計のかかる雨馬場になったら走りそうな気がしました。

スマイルくん
スマイルくん
ただ、これは私の勝手な思い込みなので気にしないでくださいね。

 

そして、最後少し気合いをつけられましたが、ちょっとだけ苦しくなったのかな? という感じがしました。

ただ最後の時計が11.8秒とかなり早いのでそこまで気にしなくてもいいとは思います

評価としてはBまでとしておきます。

 

広告

【マイルチャンピオンシップ2022年】シュネルマイスター・サリオス・ソダシ・セリフォス・ダノンスコーピオン・ソウルラッシュの追い切り診断!【まとめ】

調教の評価をまとめるとコチラです。

今回はA評価3頭でしたが、気迫の面を考えると、3歳馬の2頭は元気一杯でかなり良かったと思います

ここで今回の調教からのオススメ馬を発表します

それは

ダノンスコーピオン  です。

正直セリフォスもかなり良くて迷いましたが、前走からの上積みと先週と今週の気合いの走りでダノンスコーピオンをオススメに上げました。

この3歳馬2頭はレースでもかなり楽しみな存在になるとおもいました。

世代交代あるかもしれませんね。

 

チャンピオンズカップ2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「チャンピオンズカップ2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛...

 

広告

気になる記事はこちら