色々

【皐月賞2022年】キラーアビリティ・アスクビクターモア・オニャンコポンの追い切り診断!

皐月賞2022年が4月17日(日)に中山競馬場で行われます。

今回の記事は、皐月賞に出走する

キラーアビリティ
アスクビクターモア
オニャンコポン

の追い切り診断をしていきます。

良かったら競馬予想の参考にしてください。

 

広告

【皐月賞2022年】キラーアビリティの追い切り診断!

 

まず、キラーアビリティを診断します。

栗東CWコースの良馬場で2頭併せで追い切られました。鞍上には横山武史騎手が乗り終始馬なりの内容でした。

調教時計は

6F 84.4
3F 38.0
1F 11.7

 

併せた相手は古馬1勝クラスの馬でしたが、馬なりの相手に最後は併入でした。少し行きたい気持ちを見せながら相手を追いかける形でコーナーを回ってきました。直線に入ると、併せた相手の陰でほとんど映像が見れなかったので評価が難しかったです。

走りは重心がしっかり安定していて体は仕上がっているはしりでした。しかし気合いの面を考えると少し物足りなさを感じちゃいました。

スマイルくん
スマイルくん
やはり叩かれたらもう一段上があるように感じました。

 

よって評価はBとしておきます。

 

 

広告

【皐月賞2022年】アスクビクターモアの追い切り診断!

 

次に、アスクビクターモアを診断します。

美浦Wコースの良馬場で単走で追い切られました。鞍上には助手さんが乗り最後は強めに追われました。

調教時計は

6F 82.0
3F 36.1
1F 11.2

 

単走ですが凄く気持がこもった走りで迫力満点のフットワークでコーナーを回ってきました。そして直線に入りスムーズに手前を変えると、脚の回転力が上がりスピード感たっぷりの走りでした。

体にも素軽さがみえ、脚の使い方にも力強さ満点でした。走るフォームにも伸びがあって柔らかいイメージで推進力を生んでいました。

スマイルくん
スマイルくん
弥生賞の時も良かったと思いますが、体の軽さの面で微妙なのですがさらに良くなった感じもします。

 

そして最後まで余力もある走りで仕上がりはかなり良さそうです。

よって評価はAです。

 

広告

【皐月賞2022年】オニャンコポンの追い切り診断!

 

最後に、オニャンコポンを診断します。

美浦Wコースの良馬場で4頭併せで追い切られました。鞍上には菅原明良騎手が乗り終始馬なりの調教でした。

調教時計は

6F 84.2
3F 38.8
1F 11.8

 

併せた相手は3歳未勝利の馬でしたが、馬なりの相手に対して最後は併入でした。4頭併せの最内で相手をゆったりと追いかけながらコーナーを回ってきました。

スマイルくん
スマイルくん
重心がどっしりとしていて脚の使い方もしっかりとキビキビしていて状態が良さそうな走りでした。

 

そして、脚の回転のタイミングとクビの使い方がピッタリと合っていて効率の良い走り方にみえました。そして、このフォームが推進力を生んでいて好走に繋げているんだと感じました。

折り合いもバッチリで操作性が良さそうです。調教時計は遅いですが、これは相手に併せたので問題なしです。

追い切りの動きをみると仕上げは万全でレースに出れそうだと思いました。

 

よって評価はAです。

 

 

広告

【皐月賞2022年】キラーアビリティ・アスクビクターモア・オニャンコポンの追い切り診断!【まとめ】

今回診断した馬達の評価をまとめると

キラーアビリティ 評価B
アスクビクターモア 評価A
オニャンコポン 評価A

でした。

アスクビクターモアはかなり良い動きだったのでレースが楽しみです。

オークス2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「オークス2020年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛べますので、...
広告

気になる記事はこちら