色々

ダノンベルーガ・オニャンコポン・アスクビクターモアの1週前追い切り診断【皐月賞2022年】

4月17日(日)に中山競馬場で2022年の皐月賞が行われます。

今回の記事は、皐月賞に出走する

ダノンベルーガ
オニャンコポン
アスクビクターモア

1週前追い切り診断をしていきます。

良かったら競馬予想の参考にしてください。

 

広告

ダノンベルーガの1週前追い切り診断【皐月賞2022年】

 

まず、ダノンベルーガを診断します。

美浦Wコースの稍重の馬場で2頭併せで追い切られました。 鞍上には川田将雅騎手が乗り終始馬なり調教でした。

調教時計は

6F 83.4
3F 36.9
1F 11.1

 

併せた相手は3歳未勝利の馬でしたが、強めに追われた相手に対して最後は併入でした。相手を追いかける形でゆったりとですが、フットワークが素軽い走りでコーナーを回ってきました。

そして直線で手前を変えましたが、ここで少しだけですがスムーズさを欠いていました。

スマイルくん
スマイルくん
脚の使い方や動きはかなりキビキビしていて、体は軽い走りで問題なさそうです。

 

ただ今回は初の右回りコースとG1ということで、この手前替えが少し不安になりました。

 

よって評価はBとしておきます。

 

 

広告

オニャンコポンの1週前追い切り診断【皐月賞2022年】

 

次は、オニャンコポンを診断します。

美浦坂路コースの稍重の馬場で単走で追い切られました。鞍上には菅原明良騎手が乗り最後に強めに追われる内容でした。

調教時計は

800m 52.0
400m 25.5
200m 12.7

 

坂路の大外の進路を通ってましたが、脚サバキに力強さがある走りでコーナーを回ってきました。坂路をしっかりと一定のリズムで真っすぐ走っていて、体はかなり仕上がっていそうな感じでした。

気合いも入っていて迫力のある走りで坂路を駆け上がっていました。

スマイルくん
スマイルくん
ただ最後追われ始めると、失速はしていませんが重心が一瞬ブレた感じにも映りました。

 

まだ3歳なのでしょうがないとも思いますが、最後にもう一伸びしていれば最高かな? とも思いました。

 

よって評価はBとしておきます。

 

 

広告

アスクビクターモアの1週前追い切り診断【皐月賞2022年】

 

最後に、アスクビクターモアを診断します。

美浦Wコースの稍重馬場で単走で追い切られました。鞍上には助手さんが乗り最後は強めに追われました。

調教時計は

6F 82.7
3F 37.2
1F 11.5

 

大きく前脚を使ってかき込む走りで、ゆったりとコーナーを回ってきました。脚の使い方に力強さがあって、フットワークも軽くて体はかなり仕上がっていそうに感じました。

直線に入り追われ始めると、少しエンジンの掛かりが遅そうな馬ですが、加速してからが良かったです。

スマイルくん
スマイルくん
重心がしっかりしていて、伸びのあるフォームでスピード感が出ました。

 

そして最後までしっかりとしたバランスで走っていて、スピードを持続して走るイメージの馬です。

一瞬の切れ味はなさそうな走りですが、持続力があって中山コースが合いそうな感じです。

 

評価はAです。

 

広告

ダノンベルーガ・オニャンコポン・アスクビクターモアの1週前追い切り診断【皐月賞2022年】【まとめ】

今回の追い切り診断の評価をまとめると

ダノンベルーガ 評価B
オニャンコポン 評価B
アスクビクターモア 評価A

でしあ。

アスクビクターモアは中山コースがとても合いそうな持続力があるので楽しみだと思います。

ドウデュース・イクイノックス・キラーアビリティの1週前追い切り診断【皐月賞2022年】4月17日(日)に中山競馬場で2022年の皐月賞が行われます。 今回の記事は、皐月賞に出走する ドウデュース イクイノ...
オークス2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「オークス2020年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛べますので、...
広告

気になる記事はこちら