色々

ソングライン・ファインルージュ・レシステンシアの1週前追い切り診断【ヴィクトリアマイル2022年】

5月15日(日)に東京競馬場の1600mで2022年のヴィクトリアマイルが行われます。

今回の記事は、ヴィクトリアマイルに出走する

ソングライン
ファインルージュ
レシステンシア

1週前追い切り診断をしていきます。

良かったら競馬予想の参考にしてください。

 

広告

ソングラインの1週前追い切り診断【ヴィクトリアマイル2022年】

 

次は、ソングラインを診断します。

美浦Wコースの良馬場で2頭併せで追い切られました。鞍上には池添謙一騎手が乗り最後は少し気合い付ける調教内容でした。

調教時計は

5F 68.3
3F 37.5
1F 11.3

 

併せた相手は古馬3勝クラスの馬でしたが、一杯に追われた相手に対して最後は3馬身ぐらいの先着でした。

2頭併せで相手の内側で追いかける形ですが、凄くフットワークが軽く、そして折り合いバッチリ、手応えバッチリでコーナーを回ってきました。

スマイルくん
スマイルくん
そして直線でスムーズに手前を変えると、相手は格下ですが一気に置き去りにしていました。

 

前脚の送りもなめらかでキビキビしていました。そして後ろ脚の使い方が強くて推進力を生んでいました。

最後まで余力も十分あってサウジアラビア遠征の疲れはなさそうに見えました。時計は平凡ですが動きも気配も高いレベルだと思います。

評価はAです。

 

 

ファインルージュの1週前追い切り診断【ヴィクトリアマイル2022年】

 

次は、ファインルージュを診断します。

美浦Wコースの良馬場で2頭併せで追い切られました。鞍上には助手さんが乗り最後は強めに追われました。

調教時計は

6F 84.6
3F 38.8
1F 11.7

 

併せた相手は古馬オープンのスカイグルーヴでしたが、馬なりの相手に対して最後は併入でした。凄くゆったりと相手に併せる形でコーナーを回ってきました。前脚を高く力強く使う走りで直線に入りました。

ここからは他の馬のかげであまり映像が見れなかったのでご了承ください。

鞍上の手ごたえからみると、最初少し併せた相手に遅れ気味でもう少し手応えがいい方が良い感じに映りました。

そこから鞍上が少し気合をつけましたが、直ぐに反応して相手に追いついていきました。

スマイルくん
スマイルくん
体の使い方などは見えなかったのですが、反応はかなり良かったです。

 

ただ、今回はマイル戦ということで馬なりの時の手応えがもう少し良かったら最高だと思いました。

よって評価はBとしておきます。

 

広告

レシステンシアの1週前追い切り診断【ヴィクトリアマイル2022年】

 

最後に、レシステンシアを診断します。

栗東坂路コースの良馬場で単走で追い切られました。鞍上には助手さんが乗り最後は一杯に追われました。

調教時計は

800m 50.7
400m 24.6
200m 12.5

 

単走ですが回転が早くキビキビした脚の使い方で迫力満点で坂路を駆け上がってきました。体の軸もしっかりしていて元気のある走りで好印象でした。

全体時計が50.7秒と速かったのですが、前脚の回転力が高く、後ろ足のケリもチップが天高く舞うぐらいの力強さがありました。

スマイルくん
スマイルくん
ただ、最後に一杯に追われていましたが、そこから失速気味にうつしました。

 

ちょっと重心が高くなった感じで最後は余力がないようにもうつりました。レシステンシアはいつも早い時計を出す馬ですが、最後の失速が気になっちゃいました。

まだ1週前なので最終追い切りをしっかりとチェックしたいと思います。

 

評価はBです。

 

 

ソングライン・ファインルージュ・レシステンシアの1週前追い切り診断【ヴィクトリアマイル2022年】【まとめ】

今回の評価をまとめると

ソングライン 評価A
ファインルージュ 評価B
レシステンシア 評価B

でした。

ソングラインは動きが成長していて今回ソダシとの対決が楽しみです。

スプリンターズステークス2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「スプリンターズステークス2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目...

 

広告

気になる記事はこちら