色々

【競馬予想無料公開】日本ダービー2022年の競馬の穴馬予想!後方から決め打ちだ!

今回の記事は、5月29日(日)に東京競馬場で行われる日本ダービーに出走予定の馬達の中から穴馬を探して分析しました。

本命馬と違って馬券圏内に来て馬券的に魅力的な馬を探しました。

良かったら予想の参考にして下さいね。

 

広告

【競馬予想無料公開】日本ダービーの穴馬予想

 

まず、ネット競馬さんの単勝予想オッズを見てみます。

今回はこの7人気以下の馬の中から1頭を選びました。

そして選んだポイントとしたことは

「後方から追い込んで3着に来そうな馬」です

 

今年のダービーは前に行く馬もいるし、有力どころが前目で競馬しそうな感じなので、東京の長い直線で後方から追い上げてくる馬が3着に来てもおかしくないと思いました。

ここでその馬を発表します。

それは

⑨人気想定 マテンロウオリオン です。

 

ルフィー
ルフィー
おいおい! 距離が持たないだろ~! という声が聞こえてきそうですね。

 

それではマテンロウオリオンの簡単なデータを見ながら抜擢理由を説明していきます。

 

 

【競馬予想無料公開】】日本ダービーの穴馬予想!マテンロウオリオン

 

3歳牡馬で父がダイワメジャー(サンデーサイレンス系)
母父がキングカメハメハ(キングマンボ系)

 

スマイルくん
スマイルくん
父ちゃんがダイワメジャーなので長い距離は少し不安です。

 

ただ、母母がレディプステルなのですが、レディパステルはオークスの勝ち馬であり、エリザベス杯3着、そして2500mの目黒記念でも2着している長い距離も大丈の実力馬です。

なので少し強引に考えますが、母母の流れが多く出てくればという願いを込めての3着を期待します。

 

ちなみにいつも言ってますが私は血統は詳しくないのでご了承ください。

前走のNHKマイルの馬体重は484㎏でしたが、だいたいこれぐらいが理想の体重だと思います。ちなみに今回の調教後の馬体重は486キロなので前走と同じぐらいか少し減るくらいで出れそうです。

スマイルくん
スマイルくん
なのでNHKマイルから中2週の心配は少し軽減したと思います。

 

鞍上は横山典弘騎手ですが、主戦騎手なので乗り慣れています。生産者はムラカミファームですが、マテンロウオリオン以外には1頭の重賞勝馬を出したことがあります。

ちなみに生産者ランキングは只今40位です。

●戦歴は「2-3-0-0」

●東京芝は「0-1-0-0」

NHKマイル 2着

●芝2000m以上は今回が初めて

1600m以下しか走ったことがないです

●重賞成績は「1-2-0-0」

シンザン記念(中京マイル)1着

 

新馬戦は2着と出し抜けをくらった感じでの負けで、続くレースは未勝利戦ではなく格上挑戦で1勝クラスを使いました。

しかし、1勝クラスのレースを典さん得意の後方ポツンの戦略で最後は上り最速の脚で勝利しました。

このレースの2着馬はアル―リングウェイですが、次のレースでリステッド競争を使い勝っていたので、マテンロウオリオンは既にオープン馬レベルということがわかります。

そして年が明けてシンザン記念を使いましたが、今度は先行策という戦法で最後の直線で抜け出しての勝利でした。そして3か月の今年4月にNHKマイルの前哨戦のNZTを使いました。

スマイルくん
スマイルくん
このレースは道中、他の馬の影響で少し後ろに下げる場面がありました。

 

しかし、最終コーナーを大外ぶん回しで直線に入り、凄い末脚で追い込んでの2着でした。

やはりマテンロウオリオンは脚をためて直線で弾ける競馬があっていそうな感じです。

 

そして前走はNHKマイルを使いダノンスコーピオンにクビ差の2着という惜しい結果でした。

ここで参考レースとしてNHKマイルを見てみます。

スタートは1番ゲートから普通にでましたが、行き脚がつかずに後方からの競馬になりました。

レースは良馬場のなか平気Pで展開され、道中は18頭立ての17番手を追走していました。

道中は最初レースのペースが早めだったので後方でガマンする競馬でした。

そして残り800m過ぎたあたりからポジションを上げ始めました。

そして馬なりのまま手応えバッチリで最終コーナーを回ってきました。

直線では残り400m手前から追われ始め、一気にゴボウ抜きしましたが最後はダノンスコーピオンに届かずの2着という結果でした。

 

このレースのマテンロウオリオンの時計は1着と同タイムの「1:32.3秒」でした。この時計は過去10年のNHKマイルで2番目に早い時計でした。

そして、次の週にNHKマイルと同じ東京マイル戦のヴィクトリアマイルがありました。

ヴィクトリアマイルはソダシが勝ちましたが、ソダシの勝ち時計は「1:32.2秒」でした。そして2着のファインルージュが「1:32.5秒」でした。

マテンロウオリオンの時計はヴィクトリアマイルの2着に相当する早い時計でした。しかもヴィクトリアマイルはBコースに変わったばかりで時計が出やすい馬場でもありました。

ペースが違うので単純に比較はできないのですが、今年のNHKマイルのレベルは水準以上に高いのではないかという仮説が立てられます。

 

よって、今回ダービーに出てくる皐月賞組以外の馬よりは馬の格が高いとみました。あとは、後方からの一気の強烈な末脚をみると、東京コースはドンピシャのイメージです。

はむきち
はむきち
あと心配な点は距離ですね。

 

体型や血統からは長い感じもしますが、後方から脚をためる競馬で前が潰れてくれたらの3着狙いなら面白そうと思いました。

マイルでは行き脚が付きませんが、2400mではのんびりスタートして十分脚をためることがきます。

あと私の単なる感なのですが、なんだかダービーも狙っていたのではないかという雰囲気を感じました。

よって、鞍上の典さんの奇抜な作戦がハマれば3着はあっていいと思います。

人気がないので狙ってみたくなり穴馬に抜擢させていただきました。

 

 

広告

【競馬予想無料公開】】日本ダービーの穴馬予想!【まとめ】

今回はマテンロウオリオンを狙ってみましたが、実は密かにジャスティンのどちらかも入れようかな? と思ってます。

当日の雰囲気とオッズと相談して決めたいと思います。

🐎

 

チャンピオンズカップ2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「チャンピオンズカップ2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛...
広告

気になる記事はこちら