色々

【ラジオNIKKEI賞2022年】サトノヘリオス・ボーンディスウェイ・ベジャールを分析!

今回の記事はラジオNIKKEI賞22022年に出走予定のサトノヘリオス・ボーンディスウェイ・ベジャールを分析していきます。

そして本命候補としてピックアップできるかを考えていきます。

そして結論としては後日発表予定の「本命予想」で本命馬と馬券の買い目を発表します。

良かったら予想の参考にしてください。

 

 

広告

【ラジオNIKKEI賞22022年】サトノヘリオスを分析!

 

まず、 サトノヘリオスを分析します。

3歳牡馬で父がエピファネイア(シンボリクリスエス系)
母父がサンデーサイレンス(ヘイロー系)

 

今回斤量が55キロですが、56キロでスプリングSを3着しているので問題はないです。鞍上は岩田望来騎手ですが、4戦連続騎乗中で今回が5回目の騎乗で乗り慣れています。

生産者は大手生産者の社台ファームです。

●戦歴は「2-0-1-3」

●福島芝は初

●芝1800mは「0-0-1-1」

スプリングS 3着

●重賞成績は「0-0-1-2」

スプリングS 3着

 

新馬戦は4着と破れましたが、続く未勝利と1勝クラスのレースを連勝しました。

スマイルくん
スマイルくん
しかも2戦ともレコード勝ちをしていて話題になっていました。

 

続くホープフルSはレコード勝ちがら中2週の厳しいローテーションのせいか13着と破れました。そして年が明け3月にスプリングS(中山1800m)を使い3着と好走しました。

そして前走は皐月賞に挑戦しましたが17着と大敗しました。

ここでスプリングSを振り返ってみて能力がどれぐらいあるかを確認してみたいと思います。

 

スタートは3番ゲートから普通に出て中段からの競馬になりました。

レースは稍重のなかスローPで展開され、道中は13頭立ての8番手ぐらいを追走していました。

道中は少し行きたがっていましたが、許容範囲内で途中からは落ち着いていました。

そして残り600mを切ると他の馬が仕掛け始めましたが、サトノは前に馬がいたので抑えたまま最終コーナーを回ってきました。

直線に入ると少しの間前が壁で追えずにいて残り200m手前で追い始めました。

しかし最後は前が止まらずの3着が精一杯でした。

 

このレースは完全に展開のアヤでの3着という感じがしました。

実質一杯に追ったのは残り200m手前からでしたが、そこからの伸び方は一番良くてキレッキレの脚を使っていました。

スマイルくん
スマイルくん
あとは、道中の追走するスピードも十分あったので能力は高い馬だと感じました。

 

レコード勝ちがあるのでパンパンの良馬場があいそうなスピードが武器の馬だという印象でした。

後は開幕週の福島コースということで前目の位置で競馬することが絶対条件ですが、岩田望来君に期待したいと思います。

スマイルくん
スマイルくん
ただ1週前追い切りをみましたが最後は失速してました・

 

ちょっと良い動きではないので気持の問題が出ているのかもしれないので心配が残りました。

ただ強いので最終追い切りの動き次第ということで本命候補にあげさせていただきます。

 

 

【ラジオNIKKEI賞22022年】ボーンディスウェイを分析!

 

次に、ボーンディスウェイを分析します。

3歳牡馬で父がハーツクライ(サンデーサイレンス系)
母父がプラティニ(エクリプス系)

 

今回の斤量は55キロですが、弥生賞を56キロで3着しているので問題はないと思います。鞍上は石橋脩騎手ですが、4戦連続で騎乗中で今回5回目の騎乗で乗り慣れています。

生産者は社台ファームです。

●戦歴は「2-1-2-2」

●福島芝は「0-1-1-0」

新馬戦 2着
未勝利 3着

●芝1800mは「0-1-1-0」

新馬戦 2着
未勝利 3着

●重賞成績は「0-0-1-3」

弥生賞 3着

 

 

今回と同じ福島1800m戦の新馬戦と未勝利戦で②③着したあと、中山2000mの未勝利戦で勝利しました。続く1勝クラスのレースも中山2000mでしたが連勝しました。

そしてホープフルSに挑戦し5着と好走しました。そして年が明け今年の3月に弥生賞を使い3着と好走しました。

スマイルくん
スマイルくん
これらを考えると、中山が得意の馬という感じです。

 

おそらく最後の坂を苦にしないパワーがあるのではないかと考えました。しかし、前走は中山コースの皐月賞を使い14着と凡走しました。

これはやはり能力の差が出たものかな? とも思いました。

ここで参考レースとして2走前の弥生賞を振り返ってみます。

 

スタートは6番ゲートから普通に出て、前目の位置を取りました。

レースは良馬場のなかスローPで展開され、道中は11頭立ての3番手を追走していました。

道中は手応えバッチリで折り合いも問題なく追走していました。

そして残り600m手前で鞍上の手が動き始めて、追われながら最終コーナーを回ってきました。

直線では上りが2番目に早い脚を使い良く伸びましたが、前の馬を捕らえられず、ドウデュースに抜かれての3着という結果でした。

 

このレースでのボーンディスウェイの印象は、スピードが少し足りないかな? という印象でした。結果は3着なのですが、これは中山の坂が味方になった印象です。

これは私の見解ですが、ボンディスウェイはパワー型なので、開幕週の福島の1800mでは少しスピード負けする可能性が出ると感じました。

 

スピードではサトノヘリオスの方が上とみました。

よって今回は人気が予想されるので他のハンデが軽い人気のない馬を狙うのが面白いと思いました。

よって本命候補にはあげられませんでした。

 

 

 

広告

【ラジオNIKKEI賞22022年】ベジャールを分析!

 

最後にベジャールを分析します。

3歳牡馬で父がモーリス(グラスワンダー系)
母父がアフリート(ミスプロ系)

 

今回の斤量が56キロでトップハンデです。

スマイルくん
スマイルくん
ただ56キロを背負って毎日杯で2着しているし、馬体がなんと560キロもある超大型巨人なので力は出せそうです。

 

鞍上は戸崎圭太騎手ですが今回初騎乗です。ちなみに前走の毎日杯2着の時は藤岡康太騎手が騎乗しているので、今回は戸崎騎手の技術に期待できるかもです。

生産者は辻牧場さんですが、去年アカイイトでエリザベス杯を勝利したのが初G1制覇でした。

 

●戦歴は「1-2-0-1」

●福島芝は初

●芝1800mは「1-1-0-0」

未勝利戦 1着
毎日杯 2着

●重賞成績は「0-1-0-0」

毎日杯 2着

 

新馬戦が5着と破れ、未勝利戦を2着し再度未勝利戦に挑戦しようやく勝利しました。負けた新馬戦と未勝利戦は中山の2000m戦でしたが、勝った未勝利戦は1800m戦で東京コースでした。

馬体の作りから考えると2000mは長いのかもしれないので負けた印象も受けました。

そして東京コースで上り33.7秒の脚を使っているので、基本敵に長い直線での瞬発力勝負が合ってるのかもしれないと数字からは思いました。

 

そして前走は毎日杯(阪神1800m外)を使い2着と好走しました。

ここでその毎日杯を振り返ってみます。

スタートは7番ゲートから普通に出て前目の位置を取りました。

レースは小雨の稍重のなか平均Pで展開され、道中は10頭立ての2番手を追走していました。

道中は手応えバッチリで追走できていました。

そして馬なりのまま最終コーナーを回っていき直線に入りました。

直線では逃げていた馬を捕まえられるかの戦いで、残り400mぐらいで一杯に終われ始めました。

そして残り200を切ると抜かす勢いでしたが、なんと最後の最後でまた逃げ馬に離されての2着でした。

 

このレースを見る限り、残り200mのラップタイムと逃げ馬に差を広げられた脚色を見ると

 

スマイルくん
スマイルくん
重賞をまだ勝てる器ではないと見ました。

 

これは稍重の馬場のせいもあるかもしれないので、今回開幕週の福島の良い馬場で一遍する可能性も秘めてます。

ただ今回トップハンデの56キロも、やや不利になる感じがします。

よって、総合的に見てもう少し成長しないと重賞を難しいと判断させてもらいました。

よって本命候補にはあげられませんでした。

 

 

【ラジオNIKKEI賞22022年】サトノヘリオス・ボーンディスウェイ・ベジャールを分析!【まとめ】

今回の分析をまとめると本命候補に上げられたのは

サトノヘリオスの1頭だけでした。

ただ、サトノヘリオスの1週前追い切りを見る限り、やる気がないような失速だったので不安だけが残りました。

ひょっとして今年も大荒れするかもしれなことを年頭において予想していきたいと思いました。

 

エルムステークス2022年の競馬予想の目次この記事は今週のJRA重賞レースの「エルムステークス2022年」に出走予定の馬達の記事をまとめた記事です。 目次から各項目に飛べま...

 

広告

気になる記事はこちら